有機ELと液晶の違いは?テレビを買うならどっちが良い?

4Kテレビ・8Kテレビ

4Kテレビが売れています。日本では販売されている大型テレビの内、過半数は4Kテレビになっており、フルハイビジョンよりも出荷台数は多くなっています。家電量販店のテレビ売り場に行けば、大型の高画質な有機ELテレビや液晶テレビが並んでいます。どちらを選べばよいのでしょうか?以下に詳しく紹介します。

スポンサーリンク

4Kテレビは有機ELと液晶のどっちを選べば良い?

4Kテレビは、有機ELと液晶のどちらを選べばよいのでしょうか?

最初に結論を記しますと、「好きな方を選べば良い」ということになります。いずれもある一定の水準の性能に達していますので、製品として販売され、普及が始まっています。つまり、どちらを選んだからと言って、致命的な失敗ということはありえません。

しかし、それぞれ特徴のあるテレビですので、せっかくならばその特徴を理解して、自分の好みに合う方を選びたいという方は、以下にそれぞれの特徴を解説しますのでご覧いただければ幸いです。

テレビを何に使うかと言えば、かつては言うまでもなくテレビ番組を視聴するために使われていました。現在も地上波デジタル放送や4K・8K放送のテレビ番組を視聴する使い方が主流ですが、無視できないのはインターネットに接続して動画配信サービスを利用するという使い方です。もちろんブルーレイディスクなどを視聴することもあります。

このような使い方から考えると、「画質」と「インターネット機能」、「音響」、「外部機器との接続(拡張性)」が重要ですので、それぞれについて解説します。必ずしも必要はないですが、「画質」について理解を深めるためには有機ELと液晶の構造・仕組みを知っておくと役立ちますので、まずそれらを説明します。

またこれらの性能・機能面から有機ELテレビと液晶テレビを比較していった場合、最上位機種がもっとも優れているということになるのは明らかですので、最初に「価格とサイズ」について解説します。実は「価格とサイズ」のことを冷静に考えると、かなり購入候補の機種が絞り込めるからです。

さらに現在の有機ELテレビで懸念される「焼き付き」のリスクについても解説します。有機ELテレビを買って失敗しないために把握しておきましょう。

価格とサイズから有機ELテレビ・液晶テレビの機種を絞り込む

現在販売されている有機ELテレビ・液晶テレビを見ると、10年前よりも基本的には大型化していることがわかります。有機ELテレビは大型が多く、少しずつより小さいものをラインアップに加えようとしています。液晶テレビは、ハイエンドのモデルは小型のモデルを廃止していく動きがあります。

これらはすべてパネルメーカーとテレビメーカーの事情です。有機ELテレビは高額なので、最初はもっとも大きなサイズから商品を発売し、必死に価格を下げ、販売数量を増やすためにさらに小型なものをラインアップに加えようとしているわけです。液晶テレビは価格低下が進み、テレビメーカーが利益を出すことが難しくなってきたため、平均販売価格を維持するために小型のモデルを廃止する動きがあると推測されます。

日本の住宅事情から考えると、50インチ未満のテレビが丁度良い世帯も多いと考えられますが、ハイエンドの液晶テレビが50インチ以上が主流になる傾向があり、必ずしもユーザーのニーズと一致していないような印象も受けます。

このようにニーズと製品ラインアップとのミスマッチもあり、必ずしも好きなサイズをすべての機種で選べるわけではありません。したがって、最初に購入するテレビのインチサイズを決めると候補を絞り込みやすくなります。

テレビのインチサイズ

これまでテレビを設置していなかった部屋用に新しく購入する場合は、設置スペースをメジャーなどで測定し、どのぐらいのインチサイズのテレビが設置できるのか丁寧に測りましょう。その際にテレビを視聴する距離も考慮しましょう。大きくなるほどある程度離れて視聴する必要があります。

現在、すでに使用しているテレビと買い換える場合には、使用しているテレビのサイズが参考になるでしょう。10年ぐらい前のテレビと比べると、画面の周囲の部分がかなり細くなっています。そのためワンサイズ上のインチサイズにしても設置できることが多いので、本体寸法をよく確認しましょう。

主要メーカーの上位機種を見ると、有機ELテレビは55インチ以上がほとんどです。2020年モデルからようやく48インチモデルの発売が始まりました。より小さなインチサイズを希望する場合は、有機ELテレビは対象外となります。

液晶テレビのインチサイズには、前述のように異変が起こりつつあります。大型化が進み、小さなサイズが廃止になり始めているのです。例えば東芝レグザのハイエンドモデルであったZ730Xは、65Vインチ、55Vインチ、49Vインチ、43Vインチというラインアップでしたが、その後継機種の2020年モデルのZ740Xは、65Vインチ、55Vインチ、50Vインチというラインアップになっています。

私はZ730Xの43Vインチを使っていますが、もしこれが故障して買い換えるという事態になった時に、50Vインチでは部屋に置けないので、48Vインチの有機ELテレビを選ばないといけないのか少々気になっています。このようにテレビが大型化し、上位機種は小さめのサイズが無くなりつつありますので、画質が高く、50インチ未満を求める場合はかなり選択肢が限られてくることを理解しておくと良いでしょう。

価格

有機ELテレビの価格が急速に低下しています。55Vインチの最新のソニーの有機ELテレビでも25万円以下で買えるようになりました(2020/7/25時点)。

しかし、それでもソニーの4K液晶テレビのハイエンドの機種は19万円以下で買えます(2020/7/25時点)。かなりの価格差があると言わざるを得ません。

インチサイズが機種によっても異なりますが、基本的には液晶テレビよりも有機ELテレビの方が2〜3割程度高額であると考えた方が良いでしょう。

有機ELテレビと液晶テレビの画質については、下記で詳しく解説しますが、ハイエンドモデルはいずれもかなりの高画質です。これらを観て画質に不満を感じるという方は、かなり画質に厳しいと言って良いでしょう。つまり、有機ELテレビは最高峰と言える画質ですが、液晶テレビもかなり高い画質ですので、一般的な明るい照明のある部屋で地デジ番組などを視聴するのであればほとんど差がわからないレベルです。

つまり、ポイントは、画質の点で大きな差が無くても、2〜3割程度高い有機ELを選ぶのか、それともお買い得な液晶を選ぶのかという点です。また有機ELには後述する「焼き付き」という特有のリスクがあることも受け入れられるのかという点もあります。

以上のようにサイズと価格(予算)から、かなり候補となる機種を絞り込めます。その上で興味ある機種を詳しく比較すると良いでしょう。

有機ELと液晶の違い:構造と仕組み

面倒でしたらこの部分は読み飛ばしていただいても構いませんが、画質や焼き付きなどの特性を理解する上で、知っておくと役に立ちます。

液晶の構造と仕組み

液晶の構造を簡単に説明します。2枚のガラス基板の間に液晶分子という有機化合物とカラーフィルターを入れ、基板の外側に2枚の偏光板を貼ったものを液晶パネルと呼んでいます。液晶パネルは自ら発光しないため、背面に面状に発光するバックライトを配置します。

各画素部分にある電極に電圧をかけ、液晶分子を動かすことで、バックライトからの光を透過(ON)させたり、遮ったり(OFF)します。映像信号に応じて各画素のバックライトからの光の透過量を制御することで、映像を表示できます。バックライトからの光は白色ですが、カラーフィルターが各画素ごとに赤・緑・青から構成されており、カラー表示できます。液晶分子そのものは発光しないため、「非発光ディスプレイ」と呼ばれています。

有機ELの構造と仕組み

有機ELは、電流を流すとそれぞれ赤・緑・青に発光する有機化合物を使用しています。

有機ELにも大きく2つのタイプがあります。それらは赤・緑・青用の有機化合物を、各画素のサブピクセルごとに塗り分けるタイプと、赤・緑・青用の有機化合物を積層して白色を作り出し、カラーフィルターを用いてサブピクセルを色分けするタイプです。

テレビの場合は、後者のカラーフィルター方式が実質的にデファクトスタンダードです。物質に電流を流すと発光する現象をエレクトロルミネッセンス(EL)と言い、そのような物質として有機化合物を使うことから「有機EL」と呼ばれています。ちなみに海外ではOLED(Organic Light Emitting Diode)と呼ばれ、国内でもそのような表記がされている場合があります。有機化合物が自ら発光することから、「自発光ディスプレイ」と呼ばれています。

以上のように液晶と有機ELは、「非発光ディスプレイ」と「自発光ディスプレイ」という点が根本的に違っており、そのことが次に紹介するような画質の違いの原因となります。

4Kテレビで有機ELと液晶の画質は違うの?

テレビの映像がリアルで美しく見えるための画質の要素としては、以下の特性が重要です。

解像度とアップコンバート

実物を見た時に画素が見えることはありません。画素が気にならないレベルのきめ細かな解像度が必要です。4Kテレビは、解像度3840×2160のテレビです。フルハイビジョンの解像度1920×1080の4倍に相当します。4Kテレビであれば、解像度は3840×2160ですので、有機ELテレビも液晶テレビも同じです。

しかし、現在は、フルハイビジョンの地デジを4Kテレビで見ることが多く、映像信号を4Kの解像度にアップコンバート(アップスケーリング)する必要があります。このアップコンバードの機能が、メーカーによる差および機種による差があります。もともとの映像信号に記録されている解像度よりも高めるわけですので、ある意味CGのようにコンピューターで絵を作り出すようなものです。通常のテレビで毎秒60コマ、後述する倍速駆動で毎秒120コマの画像を表示しますので、それらをすべて高速で演算処理します。その演算方法や処理速度によって表示される画像に差が出るわけです。

家電量販店のテレビ売り場で、必ず地デジの映像を表示してもらい、アップコンバートの能力を見比べてもらいましょう。高い評価を得ているのが、東芝REGZA(レグザ)に搭載されてる「超解像技術」と名付けられたアップコンバートです。映像の緻密さやノイズに実力差が出やすいです。

フレームレートと倍速駆動

前述のように通常の地デジの画像を液晶テレビで映すと、毎秒60コマ(60Hz)の画像を表示します。つまり、コマ送りの漫画のように、静止画を連続的に表示していくことで動画に見せているわけです。倍速駆動のテレビでは毎秒120コマ(120Hz)で表示しています。最近は4Kビデオカメラが毎秒30コマ(30Hz)で撮影していますので、撮影しているところでモニター画面を見てみると分かりますが、コマ数が毎秒30コマでは動画がカクカクしたコマ送りのように見えます。毎秒60コマならばかなり良くなりますが、スポーツなどの動きの速い映像では残像感が残ります。スタジアムなどで観客席をパーンしていく時なども、画面がざらついたような印象を受けます。リアルで美しい映像を表示するためには毎秒120コマ(120Hz)レベルの倍速駆動が必要でしょう。倍速駆動であれば、有機ELと液晶もほぼ同じです。

コントラスト

普段、身の回りで目にするもっとも暗い部分の明るさともっとも明るい部分の明るさは、非常に差が大きいです。例えば太陽の明るさと、物体の影になっていて周囲からまったく光が当たらないような洞窟の入り口が、一緒に視野に入った場合は、ものすごく明るい部分と暗い部分が同時に目に入ってくるわけです。テレビは、[表示可能なもっとも明るい輝度]/[表示可能なもっとも暗い輝度]の差をコントラストと呼びます。テレビの表示では、身の回りの視野に入ってくる映像よりは、表示できるコントラストが小さくなります。そのためコントラストを大きくできるほど、よりリアルな画像に近づけることができます。

有機ELと液晶でもっとも違いが出るのがこのコントラストです。有機ELは真っ黒を表示するのが得意で、コントラストの分母を小さくできるので高いコントラストが実現できます。しかし、輝度を高くすると寿命が短くなりますので、分子の最大輝度は液晶よりも小さく抑えられています。液晶は、原理的に黒を表示してもわずかに光り、コントラストの分母が少し大きくなります。そのためコントラストの値は有機ELに劣ります。しかし、劣化の心配がほぼ無いため、最大輝度を高くできます。

このそれぞれの特性がどうなるのかというと、暗い部屋で黒表示の領域が大きい映像を見た時に、有機ELの方が断然きれいに見えます。最近は液晶ディスプレイでもローカルディミングなどの用いて、暗い領域のバックライトを消灯することにより、コントラストを高めた製品もありますので、かなり画質は向上していますが、有機ELはさらにその上のレベルです。

ところが普段テレビを見る環境はどのようなものでしょうか?天井に照明のある部屋などで、地デジ放送などをみることがほとんどではないでしょうか?天井の照明が点灯していると、有機ELでも画面の表面で外光が反射し、黒表示も真っ黒にならず、実質的なコントラストは低下します。さらに真っ黒の領域が多い画面は、映画など以外ではあまりなく、どちらか大雨と画面内に太陽の光が反射して眩しいような映像の方が多いかもしれません。そのような条件下では、有機ELと液晶の差は縮まります。

実際の製品としては、HDR(High-dynamic-range rendering)機能のあるものが、高コントラスト表示が可能です。

色域(表示できる色数)

色域とは、厳密には色度図を用いて説明すべきですが、大まかには表示できる色数と考えて良いでしょう。実物と同じようなリアルな映像を表示するためには、実物と同じ色で表示する必要があります。実はこれが難題で、現在の技術では表示できる色域(色数)が限られています。地デジではまず映像信号の段階で、実物よりも記録できる色域が狭く、またそれを表示するテレビでも実物よりは表示できる色域が狭いという2つの問題があります。そのため、同じ映像でも表示するテレビによって色味が異なるという現象が起こります。将来は映像信号もテレビも実物と同じ色が表示できるようになると期待されますが、しばらくは無理です。

このような状況はある意味メーカーの腕の見せどころでもあり、個性が出るところでもあります。実際に家電量販店で見て、好みの色合いで表示される機種を選びましょう。同一メーカー内でも有機ELと液晶で多少色味が異なりますが、それよりもメーカーによる差の方が大きいようです。映像信号をどのように処理するかが、メーカーごとの考え方によることが原因です。ただ、テレビの設定で、派手目の色や抑えめの色などの調整ができることがほとんどですので、それらもチェックしてみましょう。

視野角

有機ELテレビは視野角が広く、自発光ディスプレイの特長としてかなり斜め方向から見てもきれいに画面が見えます。

液晶テレビは使用している液晶パネルのタイプによって大きくことなります。主要なタイプはIPSとVAです。IPSでは、非常に広い視野角となり、角度による色変化もほとんどありません。VAも広い視野角となりますが、IPSよりは狭く、正面と斜めでは色が変化し、広角になるほどコントラストが低下します。正面のコントラストはVAが高く、IPSの方が低くなります。

しかし、IPSとVAの弱点を改善する技術も開発され、上位機種には導入されていますので、これらの違いも気が付きにくくなっています。例えばVAには視野角を広げる部品が使われていますし、IPSには部分駆動可能な直下型バックライトが組み合わされたものがあります。いずれにしても液晶テレビの視野角は上位機種ならばかなり広く、通常の使い方ならば有機ELテレビと遜色ないと考えて良いでしょう。

以上を考えると、4Kテレビを買うのであれば、アップコンバートと倍速駆動、HDRがついているものがおすすめです。液晶テレビは、これらの機能が付いているものと、ほとんどすべて付いていない安いものの2極化しているようです。有機ELは、ほぼハイエンドの製品と位置づけられていますので、ほぼすべてが付いています。色は好みのものが良いでしょう。

スポンサーリンク

4Kテレビは有機ELと液晶でインターネット機能は違うの?

前述のアップコンバートと倍速駆動、HDRがついている4Kテレビであれば、ほとんどの場合は処理応力の高い素子(プロセッサー)を搭載しており、YouTube、Netflixなどのインターネット経由の動画配信サービスが楽しめます。

インターネット機能が搭載され始めた頃は、かなり処理速度が遅い機種もありましたが、現在はほとんど問題無いようです。パソコンと同様でこれはプロセッサーの処理速度に依存しますので、できるだけ最新の高性能のプロセッサーを搭載している機種(=ハイエンドの機種)を選びましょう。プロセッサーのグレードがワンランク下がるとかなり処理速度が劣ります。

ハイエンドの機種であれば、有機ELテレビと液晶テレビの差はないでしょう。カタログ・サイトの仕様表などで搭載しているプロセッサーの種類を調べることで確認できます。

またインターネット経由の動画配信サービスを存分に楽しむためには、光ファイバーなどのブロードバンド回線を引き込み、LANケーブルあるいはWiFiでテレビと接続する必要があります。最近の上位機種であれば、通常はWiFiに対応していますので、テレビをWiFiの無線LANルーターの電波が届くところに設置すれば特に配線しなくても使えるでしょう。

音響

テレビで何を視聴するのかにもよりますが、映画、音楽コンテンツ、ドラマなどを視聴する時に音響のクオリティの差は臨場感に大きく影響します。これもハイエンドモデルほど良いものを搭載していますし、メーカー間の差も大きいところです。

また画面が大きくなるほど、画面とスピーカーの位置のズレも気になる場合もあります。その点、ソニーの有機ELテレビのように画面から音が出てくる仕様になっているものは臨場感が高いでしょう。画面から直接音が出ない機種でも、複数のスピーカーを使ってサラウンドで立体的な音響システムを搭載しているものは同様に優れています。

外部機器との接続(拡張性)

テレビに何を接続するのかは使い方次第です。一般的にはブルーレイディスクレコーダーやUSB接続の外付けHDD、ゲーム機などでしょう。機種選びの時に、これらを接続する予定があれば対応しているのかどうか確認しましょう。基本的にはハイエンドの機種であればインターフェイスも充実していますので問題なく接続できるはずです。

有機ELテレビの焼き付きについて

有機ELテレビは自発光型のディスプレイですので、原理的に「焼き付き」のリスクがあります。これはかつてのブラウン管テレビと同じです。

長時間同じ画面を表示し続けると、画面が変わってもその位置に画像の痕跡が残る現象です。有機ELテレビでは、各画素に電流を流して有機材料を発光させます。この有機材料が発光しながら徐々に劣化してしまうため、長時間発光させた画素ほど周囲の画素よりも劣化が進み、明るさ・色の鮮やかさが低下します。その結果、その部分に画像の痕跡が見えるようになります。明るく発光させるほど劣化が進みやすくなります。

これは画面全体ではなく、例えば画面の特定の部分にロゴマークなどを常時表示するような場合でも起こりやすくなります。初期の有機ELテレビよりはかなりの改善が進んでいますが、焼き付きが起こるリスクは否定できません。またメーカーでも、取扱説明書に焼き付きが起こる可能性があることを記載し、さらにはそれは「故障ではない」としている場合もあります。

つまり、保証期間中でも、焼き付きが起こりやすい使い方をして、実際に焼き付きが発生しても、有償修理になる可能性が高いです。修理方法もパネル交換となるとかなりの高額になるでしょう。

焼き付きは使い方にもよりますので、必ず起こるとは言えません。しかし、有機ELテレビには液晶テレビにはないこのようなリスクがあることは理解しておきましょう。かつてのブラウン管も使用し続けると画面が焼き付いたり、色が悪くなりました。そのため10年前後で買い換えることが多かったようです。液晶テレビは、焼付きや色が悪くなるということはないようですが、デジタル製品の特徴として「突然死」することがあります。またかつては地デジに移行ということもありましたので、私が使っていたものは10年は持たず、7年ぐらいで買い替えました。そう考えると有機ELの焼付きや寿命の問題も許容できる範囲なのかもしれません。

結局、有機ELテレビと液晶テレビのどっちがいいの?

液晶テレビがおすすめの方

・できるだけ安く高画質・高性能のテレビが欲しい方
「高画質・高性能」の液晶テレビであれば、ほとんどのコンテンツを視聴する際に有機ELテレビと大きな差はありません。ただし、ハイエンドの液晶テレビに限ります。それでも有機ELテレビに比べればかなり安いです。

また画質やインターネットの動画配信機能の処理速度の差などもそれほど求めて無く、とにかく安いテレビが欲しいという方も液晶テレビがおすすめです。その場合は、10万円以下の低価格帯のテレビが対象となります。

有機ELテレビがおすすめの方

・高画質・高性能の最先端のテレビが欲しい方&液晶テレビとの価格差が気にならない方&焼き付きのリスクを理解できる方
有機ELテレビは最高峰の画質です。特に映画などのコンテンツを部屋の照明を暗くしてじっくり鑑賞したい方には最適です。しかし、通常の地デジの番組を、明るい照明の下で視聴する場合は、「真っ黒が表示できる」という最大の長所が画面の映り込みなどによりあまり効果が発揮できなくなり、液晶テレビとの差が小さくなります。通常の地デジの映像では真っ黒の画像などはあまり表示されないからです。もちろん画質が悪くなるということではありません。

現状では液晶テレビよりもかなり高額ですので、その価格差が気にならない人、それから焼き付きのリスクを許容できる人に限られるでしょう。

まとめ

4Kテレビは有機ELと液晶のどっちが良いかという点については、冒頭で述べましたように「好きな方を選べば良い」ということになります。価格は有機ELテレビの方が高いこと、有機ELは画面の焼付きや寿命の問題が言われていることは念頭に置いておきましょう。

最後にもっとも重要なポイントをお伝えします。「テレビを選ぶ時には必ず実物を観て決める」ということが大切です。実はテレビの映像は、同じテレビ番組などを映しても、メーカー・機種によって画面の色合いなどが異なっています。ある程度はテレビの設定によって調整できますが、根本的な「絵作り」というところまで変えることはできません。自分の好みに合った映像を楽しめるメーカー・機種のテレビを選ぶということも、案外重要な選び方です。

▼4Kテレビと8Kテレビの情報についてはこちら▼
4Kテレビと8Kテレビのことがわかるガイド

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました