Apple Watchのワークアウトで経路を表示!ウォーキングも地図上に!表示されない時は?

Apple Watch

Apple Watchは、健康のためにウォーキングやジョギング、ランニングをする人にとって、本当に便利なアイテムです。ワークアウトの経路が記録できる機能を使って、初めて行った場所を地図上で確認したり、経路で文字・絵を描いたりして楽しめます。以下に紹介します。

スポンサーリンク

Apple Watchのワークアウトで経路が地図上に表示できる!

Apple Watchのワークアウトを使うと、アクティブカロリーやトータルカロリー、心拍数、時間などのワークアウトのデータを取ることができます。ワークアウトにはメニューがあり、例えば「ウォーキング」などでは距離、平均ペースなどのデータも記録されます。

興味深いのがワークアウトの経路の記録です。マップ上で屋外ウォーキングなどの経路が確認できます。もちろん「ウォーキング」だけでなく、「ランニング」、「ハイキング」、「オープン・ウォーター・スイミング」、または「サイクリング」などでも可能です。

たかが経路と言えばその通りですが、実際、自分が歩いた経路が地図上で記録され、後で確認できるというのは案外おもしろいものです(*まったくそのように感じない人もいると思いますが、そのような方はそもそもこの記事に興味がないでしょう)。iPhoneで経路のマップをスクショして、他の人に送ることも可能です。楽しみ方はいろいろありそうです。以下にその方法を説明します。

スポンサーリンク

ワークアウトのウォーキングで経路を表示!ランニングも!

まずApple Watchのアイコンメニューから、ワークアウトのアイコンをタップします。

起動したワークアウトのメニューから、「ウォーキング」などの出発地から目的地まで移動するようなワークアウトのメニューを選び、タップします。

するとカウントダウンが始まります。

目的地に着いたら、画面を右へスワイプすると以下のようなメニュー画面が表示されますので、終了をタップします。

さらに画面の下方向へスクロールすると[完了]ボタンが表示されますので、これをタップします。これで経路も記録されました。次項で経路の確認について説明します。

前述のワークアウトのメニューでランニングを選べば、ランニング時の経路を同様に地図上に表示できます。

スポンサーリンク

Apple Watchのワークアウトの経路表示!地図上でチェック!

ワークアウトの経路の確認はiPhoneで行います。まずアクティビティのアプリを起動します。するとワークアウトの記録リストが表示されますので、経路を確認したい記録をタップします。すると以下のような画面が表示されます。

すると画面の左下にマップが小さく表示されます。

これをタップするとマップが大きく表示されます。

経路の色は、ペースを表します。緑色は最も速いペース、赤色は最も遅いペースです。

さらに右上の「地球マーク」をタップすると、上空からの写真で経路を確認できます。

通常のマップ上で見るのと違い、上空からの写真で経路を見るのも面白いですね。実際に歩いた時のことが思い出されます。こんな感じで、運動の記録というだけでなく、いろいろなところを訪問した記録という点でも使えます。

*Apple Watchでは、ワークアウトの記録の他に、日々の消費カロリーを計測できます。目標値を設定することで、楽しく、健康的に消費カロリーの目標を達成できるでしょう。アクティビティのムーブゴールの目安についてこちらの記事をご覧ください。

ワークアウトの経路が表示されない?

Apple Watchを装着して上記のような手順でワークアウトを実行したのに、iPhoneでワークアウトの地図が出ないというトラブルが発生しています。なぜワークアウトの経路がマップ上で表示されないのでしょうか?

iOS14とwatchOS7でトラブル発生

iPhoneとApple WatchのOSがアップデートされ、それぞれiOS14とwatchOS7となった状態の時にトラブルが多発しました。Appleも不具合を把握し、それぞれのOSをマイナーアップデートしています。まずはiPhoneとApple WatchのOSを最新版にアップデートしましょう。

スポンサーリンク

設定を確認する

Apple Watchのワークアウトの時の位置情報をiPhoneと共有できる設定になっているのか確認しましょう。

iPhoneの「設定」アプリを起動し、[プライバシー]>[位置情報サービス]と選択し、[Apple Watchワークアウト]をタップしてから、[このAppの使用中のみ許可]をタップします。

もしすでにこのような設定になっているにもかかわらず、ワークアウトの経路がマップ上で表示されないようでしたら、以下を試してみましょう。

再起動と再ペアリング

ワークアウトの経路が地図上で表示されない原因が、iPhoneとApple Watchの間の連携が上手く行っていないことにある場合があります。特にいずれかあるいは両方のOSをアップデートすると、そのような状態になる可能性が高いです。

まずiPhoneとApple Watchの両方を再起動しましょう。1回再起動しても復旧できなくても、数回再起動したら復旧したケースもありますので、1回再起動して復旧しなくても2〜3回は試してみることをおすすめします。

それでも復旧しなかった場合は、少々面倒ですが、iPhoneとApple Watchのペアリングを解除して再起動し、再度ペアリングしてみましょう。ペアリングを解除する前に、念のためバックアップを取るようにしましょう。

まとめ

ワークアウトのアプリは、Apple Watchの中でも基本的なアプリです。それだけにApple Watchには欠かせない重要なアプリと言えるかもしれません。ウォーキングやランニングが好きな方は、是非ご活用ください。

Apple Watchのスポーツバンドとケースの組み合わせについてこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました