Apple Watchのワークアウトで経路が記録できる!

Apple Watch

Apple Watchは、健康のためにウォーキングやジョギング、ランニングをする人にとって、本当に便利なアイテムです。またワークアウトの経路が記録できる機能を使って、初めて行った場所を地図上で確認したり、経路で文字・絵を描いたりして楽しめます。以下に紹介します。

スポンサーリンク

注目!
▼▼Apple Watchの使い方のコツについてはこちら▼▼
Apple Watchの使い方のコツまとめ!

注目!
▼▼Apple Watch 5の使い方のコツについてはこちら▼▼
Apple Watch Series 5のまとめ!役立つ情報です!

Apple Watchのワークアウトで経路が記録できる!

Apple Watchのワークアウトを使うと、アクティブカロリーやトータルカロリー、心拍数、時間などのワークアウトのデータを取ることができます。ワークアウトにはメニューがあり、例えば「屋外ウォーキング」などでは距離、平均ペースなどのデータも記録されます。興味深いのがワークアウトの経路の記録です。マップ上で屋外ウォーキングなどの経路が確認できます。もちろん「屋外ウォーキング」だけでなく、「ランニング」などでも可能です。

たかが経路と言えばその通りですが、実際、自分が歩いた経路が地図上で記録され、後で確認できるというのは案外おもしろものです(*まったくそのように感じない人もいると思いますが、そのような方はそもそもこの記事に興味がないでしょう)。またiPhoneで経路のマップをスクショして、他の人に送ることも可能です。楽しみ方はいろいろありそうです。以下にその方法を説明します。

Apple Watchのワークアウトのウォーキング

まずApple Watchのアイコンメニューから、ワークアウトのアイコンをタップします。

起動したワークアウトのメニューから、「屋外ウォーキング」などの出発地から目的地まで移動するようなワークアウトのメニューを選び、タップします。

するとカウントダウンが始まります。

目的地に着いたら、画面を右へスワイプすると以下のようなメニュー画面が表示されますので、終了をタップします。

さらに画面の下方向へスクロールすると[完了]ボタンが表示されますので、これをタップします。これで経路も記録されました。次項で経路の確認について説明します。

スポンサーリンク

Apple Watchのワークアウトの経路表示

ワークアウトの経路の確認はiPhoneで行います。まずアクティビティのアプリを起動します。するとワークアウトの記録リストが表示されますので、経路を確認したい記録をタップします。すると以下のような画面が表示されます。

すると画面の左下にマップが小さく表示されます。

これをタップするとマップが大きく表示されます。

さらに右上の「地球マーク」をタップすると、上空からの写真で経路を確認できます。

通常のマップ上で見るのと違い、上空からの写真で経路を見るのも面白いですね。実際に歩いた時のことが思い出されます。こんな感じで、運動の記録というだけでなく、いろいろなところを訪問した記録という点でも使えます。

まとめ

ワークアウトのアプリは、Apple Watchの中でも基本的なアプリです。それだけにApple Watchには欠かせない重要なアプリと言えるかもしれません。ウォーキングやランニングが好きな方は、是非ご活用ください。

Apple Watchでは、ワークアウトの記録の他に、日々の消費カロリーを計測できます。目標値を設定することで、楽しく、健康的に消費カロリーの目標を達成できるでしょう。詳しくはこちらの記事「Apple Watchのアクティビティの目標設定は何カロリー?」をご覧ください。

▼▼Apple Watchの使い方のコツについてはこちら▼▼
Apple Watchの使い方のコツまとめ!

▼▼Apple Watch 5の使い方のコツについてはこちら▼▼
Apple Watch Series 5のまとめ!役立つ情報です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました