幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

ディスプレイの色域とは?Rec.2020・AdobeRGB・DCI-P3とは?

投稿日:2019年4月27日 更新日:

ディスプレイの画質が向上し、リアルで色鮮やかな映像が楽しめるようになりました。ディスプレイが表示できる色の領域(色数の範囲)を表す用語として、「色域」という言葉が使用されています。また色域の規格としてRec.2020、AdobeRGB、DCI-P3をよく耳にするようになりました。これらはどのようなものでしょうか?以下に簡単に紹介します。

スポンサーリンク

ディスプレイの色域とは?sRGB・NTSC・AdobeRGB

以下の図は、一般にxy色度図といわれるもので、CIE1931色空間を表すものです。色を座標で表すことができます。

図中の馬蹄形に色付けされている領域が、人間が知覚することができる色の領域です。また図中で三角形で示されているのが、規格で定められている色域です。ここでは従来からよく使われてきたsRGB、NTSC、AdobeRGBの規格の色域について示してあります。

ディスプレイで表示するためには、画像のデータが必要です。いろいろな画像をディスプレイで問題なく表示できるようにするために画像データの記録フォーマットを定める必要があり、これらの規格に準拠して記録されています。

これらの色域の規格を見てすぐに分るのは、人間が知覚できる色の領域(色数)の中のかなり限られた色しかカバーされていないということです。規格と定める色域は、人為的に定めるものですので、理論上はどのような広い色域でも制定することは可能です。しかし、一般に画像はカメラで撮影あるいはCGで作成するなどして作り、ストレージに記録し、光ファイバー・ケーブル・無線等で伝送し、それをディスプレイで表示するなどしますので、これらの技術レベルとかけ離れたものでは意味がありません。利用可能な技術で取り扱うことができる色の範囲に合わせて制定されています。

ここで掲載しているsRGB、NTSC、AdobeRGBは、従来から使用されてきたもので、最新の広色域技術に対応する色域については次項以降で紹介します。

sRGBは、国際標準化団体のIEC(国際電気標準会議)が1998年に制定した標準規格です。モニター、プリンター、デジタルカメラなどに広く使用されています。

技術の進歩とともに取り扱うことができる色が増えてきます。そこでAdobe Systemsが提唱したのがAdobeRGBです。sRGBよりも格段に広い色域を持ち、特にDTPの分野などではすでに標準の色域となっています。

NTSCは、アメリカの国家テレビ標準化委員会が作成したもので、アナログテレビ方式の色域規格です。sRGBとAdobeRGBが主にテレビではなく、モニター等に使用されているのに対し、NTSCがなぜ同じように使われているのかというと、液晶ディスプレイがモニターに使用されるまでは、ブラウン管のモニターが使われていたためです。しかし、ブラウン管のモニターがNTSCの色域をすべてカバーしていたわけではなく、その72%程度をカバーしていたにすぎません。

つまり、従来のディスプレイでは、表示できる色域(色数)が非常に限られていたわけです。しかし、近年はディスプレイ技術の進歩とともに、広色域対応のディスプレイが登場してきました。

ディスプレイの色域のRec.2020とRec.709

従来の地デジ(ハイビジョン放送)では、下図のRec.709(日本ではBT.709と呼ばれることが多い)の色域でした。これは前述のsRGBと同じ色域です。

これが2018年12月に放送開始となった4K/8K放送では、Rec.2020(日本ではBT.2020と呼ばれることが多い)の色域に拡大されました。これは非常に広大な色域を表すもので、地球上で観測される物体の色のほとんどを含むことができます。

実は、Rec.2020の色域をすべて表示できるディスプレイは製品化されてなく、試作レベルでカバー率98%のものがあるだけで、実用化できそうなディスプレイの色域としては究極のものと言って良いでしょう。この色域に合わせて、撮影、記録、表示することができるようになれば、「同じ画像なのに表示するディスプレイによって色が異なる」などということは無くなるかもしれません。

スポンサーリンク

ディスプレイの色域のDCI-P3

前述の色域の他にDCI-P3という規格があります。これはデジタルシネマ向けの規格で、ハリウッドの7大映画スタジオからなるDigital Cinema Initiativesが提唱しています。

印刷、放送、映画などの業界では、いずれも映像・画像を取り扱うとはいえ、使用機材や作業内容が異なりますので、自らが使いやすいような規格を定めようとするわけです。

最近はブロードバンドネットワークが普及し、スマホやタブレットも多くの人が利用するようになりました。そのため、スマホやタブレットから印刷したり、それらでテレビや映画を見たりする機会も増えてきました。そうなると業界ごとの色域の区別は、スマホやタブレットを使う際にはあまり境界が無くなってきています。

Appleは、Display P3という色空間をiPhone 7以降のiPhoneに導入しています。これは色域としてはDCI-P3と同じです。このように技術の進歩とともにより広色域対応になる方向で進んでいますが、技術的に広色域化もまだまだ難しいため、いくつかの色域が制定されて使用されています。

まとめ

ディスプレイの色域について紹介しました。複数の色域の規格があるために混乱しますが、その特徴と色度図上での領域を比較すれば、違いが分かりやすいでしょう。

ディスプレイに色域を表す色度図としてxy色度図とu’v’色度図がありますが、どちらを用いるのが良いのでしょうか?こちらの記事「色度図はxyを使う?u’v’を使う?ディスプレイの色域用は?」で紹介しています。

スポンサーリンク

-テクノロジー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水族館で使えるARアプリ!種類がわかる!魚を識別できる!

「あれ!何という魚だろう?」水族館の水槽で見たきれいな魚の種類がすぐにわかれば楽しさも倍増ですね。もちろんほとんどの水族館では、水槽に魚の説明がイラスト入りで書かれていますので、それらを注意深く確認す …

ノートパソコンを持ち運びするならおすすめは?耐久性とスペック

仕事やプライベートでノートパソコンを持ち歩く方にとっては、本当に大切な道具です。外出先でノートパソコンを使用する時に、期待したパフォーマンスを発揮してくれないと困りますし、故障などがあると大変なことに …

量子ドットの耐久性は?バリアフィルム付でもスマホには使えない?

最近は4K/8K放送のBT.2020に準拠した放送信号のように、広い色域で記録された映像コンテンツが増えています。そのためそれらの鮮やかな色を存分に活かして表示できるディスプレイが求められています。液 …

4Kテレビの買い時と選び方は?大きさ、アンテナもチェック!

2018年12月から4K放送が始まり、家庭でも4Kのコンテンツが日常的に楽しめる時代になりました。身の回りでも徐々に4K放送を楽しんでいる人の声が聞こえてくるようになってきましたので、そろそろ4Kテレ …

車載用のディスプレイは液晶強し!有機ELはまだ?

ディスプレイの分野ではスマホ用やテレビ用のディスプレイが販売台数が多く、多くの人の目に触れますので注目されやすいです。最近の新しい車に乗ったり、購入したことがある方は、インパネを中心とした車載用ディス …