幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

HDMIケーブルの4K対応の違いは?プレミアムとは?

投稿日:2018年10月23日 更新日:

4Kの液晶テレビや有機ELテレビとブルーレイ・ハードディスクレコーダーなどの接続は、通常HDMIケーブルで行います。しかし、HDMIにもいくつか種類がありますので、どれを選べばよいのか悩むこともあります。適切なものを選ばないと本来の高画質で楽しめないこともあります。4KのためのHDMIケーブルについて紹介します。

スポンサーリンク

HDMIケーブルの4K対応の違いは?プレミアムとは?

HDMIとはHigh-Definition Multimedia Interfaceの略で、一般に「エイチディーエムアイ」と呼ばれています。映像・音声をデジタル信号で伝送するデジタル家電向けのインタフェースの標準規格です。2002年12月にHDMI 1.0の仕様が策定されて以降バージョンアップが繰り返されてきました。現在販売されているものとしては、2009年に発表されたHDMI 1.4、同2013年のHDMI 2.0、同2015年のHDMI 2.0a、同2017年のHDMI 2.1を知っておけば良いでしょう。

HDMI 1.4ケーブル

伝送速度は10.2Gbpsで、最大解像度4096×2160・24p、3D映像に対応しています。フルハイビジョンの映像ならば十分ですが、通常の4K映像は60pですので、高画質の4K映像を伝送するには不十分です。バージョンの他にケーブルカテゴリーというものがあり、HDMI 1.4は「ハイスピード」に分類されています。

HDMI 2.0ケーブル

伝送速度は18Gbpsで、最大解像度4096×2160・60pに対応しています。ケーブルカテゴリーは「ハイスピード」です。

HDMI 2.0aケーブル

HDMI Licensingが2015年頃から、4K/Ultra HD伝送に対応したHDMIケーブルの「プレミアムHDMIケーブル(Premium HDMI Cable)」認証を開始しました。これはHDMI 2.0と同等なのですが、伝送速度は18Gbpsで、最大解像度4096×2160・60p、HDRに対応し、Ultra HD Blu-ray規格のコンテンツを存分に楽しむことができます。認証を受けたケーブルは「Premium High Speed HDMI Cables」のロゴを使い、4K/UHD対応であることが分かりやすくなりました。ケーブルカテゴリーは「プレミアムハイスピード」です。4K HDRの画質の映像信号伝送には、この「プレミアムHDMIケーブル(Premium HDMI Cable)」を選んでおけば大丈夫です。

HDMI 2.1ケーブル

現時点で最新のHDMIケーブルで、伝送速度48Gbpsで8Kに対応します。まだ正式な製品の販売が始まっていません。8Kテレビを使用しないのであれば、特に関係はないでしょう。2018年11月に販売開始となる「第2世代AQUOS 8K」では、インターフェイスのHDMIポート4系統(ケーブル4本)を使って8K伝送を行いますが、後日、アップデートによりHDMIポート1系統(ケーブル1本)で8K伝送が可能となると発表されています。これはHDMI 2.1ケーブルのことを指していると考えられます。

プレミアムHDMIケーブルで4K HDR映像を観る

HDMI 2.0aケーブル(プレミアムHDMIケーブル)が必要なのは、4K・60p・HDRの映像信号を伝送する場合です。外付けのHDDレコーダーに録画したフルハイビジョン画質の番組を4Kテレビ側へそのまま伝送する場合や、Blu-rayディスクからのフルハイビジョン画質の映像をそのまま伝送する場合には必ずしも必要なく、HDMI 2.0ケーブル(ハイスピード)でも大丈夫です。機種によっては、フルハイビジョン画質の映像信号を4Kにアップコンバートしてから4Kテレビに伝送できるものもありますが、通常は4K・30pへのアップコンバートですので、HDMI 2.0ケーブル(ハイスピード)でも大丈夫でしょう。

注意が必要なのが、Ultra HD ブルーレイプレーヤーで再生した高画質の4K映像を観る場合です。4K・60p・HDRの映像信号ですので、プレミアムHDMIケーブルを使いましょう。Ultra HD ブルーレイプレーヤーとそれに対応した4Kテレビでの映像の美しさは、ある程度大きな家電量販店ではデモしていると思いますので、実際にご覧になると良いでしょう。本当に美しいです。

スポンサーリンク

プレミアムHDMIケーブルでも4K HDRが観られない?

4KテレビとUltra HD ブルーレイプレーヤーおよびプレミアムHDMIケーブルを買っても、本来の美しい映像が観られないことがあります。よくある事例として、4KテレビがUltra HD ブルーレイプレーヤーおよびプレミアムHDMIケーブルに対応していないことが挙げられます。Ultra HD ブルーレイプレーヤーが販売開始になってからまだ日が浅く、またコンテンツも十分ではないため、それ以前に販売されていた4Kテレビが対応していないケースは珍しくありません。事前に売り場やカタログ等で確認しておいた方が良いでしょう。

また4KテレビとUltra HD ブルーレイプレーヤーが対応している場合でも、プレミアムHDMIケーブルの接続ポートや機器の設定によっては本来の高画質で表示されないこともあります。取扱説明書などを確認しましょう。

まとめ

4K映像のためのプレミアムHDMIケーブルについて紹介しました。美しい映像を存分に楽しみましょう。

4Kテレビと8Kテレビに関することは、こちらの記事「4Kテレビと8Kテレビのまとめ」をご覧ください。

スポンサーリンク

-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

量子ドットカラーフィルターをDICとNanosysが事業化目指す!

液晶ディスプレイの広色域化(*表示できる色数を増やす)のために、量子ドット Quantum Dot の活用についての研究開発が進められています。量子ドットを用いた部材にはいくつかのタイプがありますが、 …

日本の製造業は衰退しているのか?液晶・有機EL・再生エネルギー

最先端の製品開発において、科学技術が重要であることは言うまでもありません。資源に乏しい日本は、科学技術を重視し、世界に先駆けて多くの優れた製品を研究開発し、実用化してきました。しかし、液晶などのように …

iPad Pro、iPad Air、iPad mini、iPadのディスプレイの画質は?

先日、米国出張で飛行機に乗った時に、隣の席の人が機内に持ち込んだ自分のiPad Proで映画を観ていました。照明を暗くした機内で、iPadの画面がすごくきれいに見えました。こんなに高画質なんてちょっと …

生分解性プラスチックとバイオマスプラスチックは違う?

海に流出したプラスチックごみが国際的な問題となり、地球環境を守るためにその対策が本格的に始まろうとしています。技術的な観点から生分解性プラスチックに期待が寄せられていますが、バイオマスプラスチックある …

自動ブレーキ義務化で交通事故死亡者数は減るのか?

自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)システムの義務化に、日本や欧州を含む40ヶ国・地域が合意しました。2020年から自動ブレーキの義務化が実施される予定です。「本当に自動ブレーキを義務化すれば交通事故 …