Apple Watchの在庫がない?どこで買えば早く手に入る?

Apple Watch

Apple Watch Series 5が2019年9月20日に発売になりました。実物を見てから買いたかったので、事前予約をしませんでした。9月22日にApple Watch 5をお店に買いに行きましたが在庫がありませんでした。どこで買えば早く手に入るのでしょうか?実際にすぐに購入できましたので、その方法を紹介します。

スポンサーリンク

注目!
▼▼Apple Watch 5の使い方のコツについてはこちら▼▼
Apple Watch Series 5のまとめ!役立つ情報です!

注目!
▼▼Apple Watchの使い方のコツについてはこちら▼▼
Apple Watchの使い方のコツまとめ!

Apple Watchが在庫切れ!どこで買えば早く手に入る?

Apple Watch Series 5が欲しかったので近所のヤマダ電機に9月22日に買いに行きました。そのヤマダ電機にはApple製品の売り場があり、これまでもそこでMacBook ProやiPadを購入しています。これらも値引きはしませんが、ヤマダ電機のポイントを付けてくれることがあり、いつも購入できるのであれば近所のヤマダ電機で買っています。

ところが今回は、Apple製品の売り場のスタッフに聞いたところ、Apple Watch 5の在庫がが無いとのこと。私が購入しようとした「シルバーアルミニウムとホワイトスポーツバンド・44mm・GPSモデル」についての在庫状況ですが、売り場に1つもApple Watch 5が展示されていなかったことと、「スペースグレイアルミニウムとブラックスポーツバンド・44mm・GPSモデル」ならば在庫が2つあるとのことでしたので、他のモデルについてはほぼ在庫切れの状況のようでした。

「今予約したらいつ頃入荷しますが?」と尋ねたところ、「はっきりわかりません。もしかしたら数ヶ月後の場合もあります」とのちょっと驚く回答でした。万が一予約時に伝えた予測の入荷時期よりも遅れた場合に、お客さんから強いクレームが来る可能性がありますので、通常は長めの入荷時期を伝えるものですが、それにしてもこれではぜんぜんいつになるのか分かりません。さらに購入時に値引きもなく、ヤマダ電機のポイントも付かないとのことでしたので、これではここで予約するメリットもあまりないなと判断し、予約しませんでした。

関連記事:Apple Watch 5と3のどっちを選ぶ?何が違うの?

どこで買えば早く手に入るのでしょうか?もしヤマダ電機よりも在庫が豊富にある可能性がある店は、Appleからみて優先度が高いお店でしょう。比較的に近くに「C smart」があることを思い出しましたので、そこに問い合わせてみることにしました。

Apple Watch 5をC smartで購入

近くにあるC smartに電話し、「シルバーアルミニウムとホワイトスポーツバンド・44mm・GPSモデル」の在庫状況を問い合わせたところ、「在庫があります」とのことでしたので、「これからすぐにそちらへ行って購入しますので、在庫を確保しておいて下さい」とお願いしたところ、電話での予約という扱いで確保してもらえることになりました。その際に氏名・電話番号を伝えています。

その後、すぐにお店に行き、無事に「シルバーアルミニウムとホワイトスポーツバンド・44mm・GPSモデル」を購入することができました。やはり、いつ入荷するのかわからないような予約をしなくて良かったです。

C smartは、Apple製品とアクセサリーを専門に取り扱う販売店で、「Apple Premium Reseller」としてAppleから認定されています。そのような関係から考えても、Appleから見た時に一般の家電量販店よりも扱いが上であるのはある意味当然でしょう。

C smartは全国でも店舗数は少ないのですが、もしアクセスできる場所に店舗があるようであれば問い合わせてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

Apple Watch 5をApple Storeで買う

Appleからみて重要度が高い店舗と言えば、言うまでもなくApple Storeです。東京の都心に数店、さらに大阪、京都、名古屋、福岡に店舗があります。これらのいずれかにアクセスしやすければ、入手できる可能性がもっとも高いでしょう。

次におすすめなのは、Appleの公式サイトから注文する方法です。9月22日の夜時点で調べたところ、お届予定日が9月26日、送料無料でした。お届予定日も明確ですし、案外早く届くので、店舗まで行くのが大変なようでしたらもっとも楽に入手できる方法です。

以上のことからわかるのは、同じApple Watch 5を販売する店舗でも、Appleはお店によって明らかに差別化しているということです。かつて日本の電機メーカーは、過当競争の中でシェア拡大を目指し、大量に販売してくれる家電量販店に多数の商品を卸し、販売しました。その結果、家電量販店が販売における主導権を握り、価格競争に陥り、利幅が薄くなりました。それでも電機メーカーは家電量販店に多数の商品を卸さないと販売数を稼げないため、卸さないわけにはいかないというジレンマに陥りました。

AppleはApple Storeや公式サイトからの販売網を重視し、特に発売帳後の品薄な時にそれらに優先的に在庫を送り、値崩れを防いでいます。日本の電機メーカーも、パナソニックのレッツノートのように、公式サイト限定モデルを作るなどして値崩れを防ぐ努力をし始めていますが、Appleほどの強固なブランド力が無く、まだ志半ばという印象を受けます。

強いブランド作りというものは、長期の努力が必要ですね。

まとめ

Apple Watch Series 5が在庫切れだったので、在庫のあるところを探して購入できたことから、高い確率で購入できるお店について紹介しました。

▼▼Apple Watch 5の使い方のコツについてはこちら▼▼
Apple Watch Series 5のまとめ!役立つ情報です!

▼▼Apple Watchの使い方のコツについてはこちら▼▼
Apple Watchの使い方のコツまとめ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました