ミニLEDテレビの価格は?【2022年モデル】TCLの液晶テレビ最新情報!

ミニLEDテレビの価格は4Kテレビ・8Kテレビ

2022年の年初に米国ラスベガスで開催されたCES2022において、TCLのテレビの2022年モデルについての情報が一部公開されましたので紹介します!

注目はミニLEDテレビ(ミニLEDバックライトを搭載した液晶テレビ)です!

なお、TCLのグローバルでの製品に関する発表ですので、現時点で日本で発売されるのか?発売される場合の発売日などについては確定していません。

これらについても新たな情報が確認できましたら記事を更新していきます!

スポンサーリンク

TCL ODゼロミニLED 8K テレビX925 PRO

TCLが研究開発した最新の技術を搭載した「TCL ODゼロミニLED 8K テレビX925 PRO」が発表され、「ミニLEDディスプレイテクノロジーイノベーションアワード」を受賞しました!

主要スペックとして公開された項目は、以下の通り:
・85インチ
・Google TV
・8K Ultra HD
・OZ-Zero Technology
・Mini LED
・IMAX Enhanced
・Variable Refresh Rate (VRR)
・Quantum Dot
・HDR10+
・Dolby Vision IQ/Atmos
・Full Array

この中でもっとも注目したいのは、上記の賞の名称からもわかりますように、ミニLED(Mini LED)バックライトに関する技術です。

TCLは独自に研究開発を進め、2018年頃からミニLEDバックライトの液晶テレビへの搭載を始めており、日本発売モデルでは2019年モデルから搭載されています。

ミニLEDバックライトの製品開発では、この分野をリードしており、小型化したミニLED素子を公開しています。

上記の「OZ-Zero Technology」とは、ミニLEDバックライトとLCDパネルの間の距離がほぼゼロになるという技術です。略号の「OZ-Zero」の説明が記載されていませんが、「光学的距離ゼロ」=「Optical distanceがzero」ということでしょう。

通常の直下型バックライトでは、LED素子が大きく、使用するLEDの個数も圧倒的に少ないので、液晶パネルを均一に照らすために、LEDバックライトから液晶パネルまでの距離が数十mm以上あります。これが液晶ディスプレイの厚みが有機ELディスプレイに比べてかなり大きくなる原因となります。

しかし、ミニLEDの小型化を進めてバックライトを薄型化し、さらにバックライトと液晶パネルとの距離を極限まで近づけたことにより、驚異的な薄型化を実現しています。

発表資料にもっとも薄い部分の厚さが記載されていませんが、写真からは薄型ノートパソコンのモニターレベルの薄さに見えます。有機ELテレビのようです!

ちなみに薄型の有機ELテレビは、あまりにディスプレイ部分が薄いために、引越し業者に持ち運びを断られることがあるという話を聞いたことがあります。85インチの液晶テレビでここまで薄いと、同様な問題が心配になってしまうほど薄いです!

日本で発売されているTCLのテレビのフラッグシップは、2021年モデルでは4K液晶テレビのC825シリーズです。8KテレビのX925 PROが発売されない可能性もありますが、C825シリーズの後継モデルにこれらの技術が転用されてくるかもしれません。

C825シリーズは、2021年8月頃に日本で発売されましたので、後継機種の発売は夏頃でしょうか?

型落ちになるC825シリーズがどこまで価格が下がるのか期待したいですね!

 

TCL 55V型4Kチューナー内蔵液晶テレビ 55C825

スポンサーリンク

TCL C728がVGP2022コスパ大賞受賞

2021年モデルのC728シリーズ(2021年8月上旬発売)が、同年12月にVGP2022「コスパ大賞」を受賞しました!

VGPとは、「プロが選ぶ! 国内最大級のオーディオビジュアルアワード」というもので、権威がありますし、数多くのテレビを見てきた専門家が詳細な審査をして選ぶので信頼できるものです。

 

TCL 55V型4Kチューナー内蔵液晶テレビ 55C728
その「コスパ大賞」にTCLのC728シリーズが選ばれたということなのですが、正直なところ納得です!!

量子ドット、マイクロディミング、倍速駆動を搭載、Dolby Vision/HDR/HLGに対応、3次元のリアルな立体音響「Dolby Atmos」に対応でこの価格ですので、競合メーカーが心配になるほどです。

実際、同じ価格帯のテレビを家電量販店などで見比べてみると、画質の良さがすぐにわかります。中級機としては傑作と言えるレベルです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました