幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

Apple Watch

Apple Watchの省電力モードと解除方法!バッテリーの残量に注意!

投稿日:

Apple Watchを使い始めて約2年が経ちましたが、先日、バッテリー残量が少なくなり、初めて「省電力モード」になりました。どのように解除したら良いのかもよくわからず、バッテリー残量も少ないので少々焦りました。急に「省電力モード」になっても困らないように、以下に解除方法などを紹介します。

スポンサーリンク

Apple Watchの省電力モードと解除方法!バッテリーの残量に注意!

Apple Watch Series 3 GPSモデルを使用していますが、通常の使い方ならば1日1回充電すればバッテリー残量が少なくなりすぎて困ることはありません。ところが先日後述するような原因でバッテリー残量が急減し、外出中で充電できなかったためについに残量が10%になってしまいました。Apple Watchはバッテリー残量が10%になると「省電力モード」に移行します。

「省電力モード」では、サイドボタンを押すと時刻がデジタル表示されるようになり、その他の機能はすべて使用できなくなります。これでかなり完全なバッテリー切れになるまでかなりの時間使えますので、ほとんどの場合、充電できる状況になるまでデジタル時計として使えるでしょう。

「省電力モード」を解除し、通常モードに復帰させるには、サイドボタンを長押しする必要があります。しかし、その前にApple Watchを充電し、バッテリー残量を11%以上にする必要があります。これはバッテリー残量が10%になると「省電力モード」に移行することからも理解できるでしょう。基本的にはバッテリー残量が十分な状態になるまで充電してから通常モードに復帰させましょう。

以下、「省電力モード」から「通常モード」に復帰させる手順を記します。

1.充電する

バッテリー残量が少なくなって「省電力モード」に移行した場合は、まず十分なバッテリー残量になるまで充電します。バッテリー残量が十分にあり、意図的に「省電力モード」に設定した場合はその限りではありません。

2.サイドボタンを長押しする

サイドボタンをAppleのロゴマーク(りんごのマーク)が表示されるまで長押しましょう。ロゴマークが表示されるより前にサイドボタンを離してしまうと「省電力モード」を解除できません。

Apple Watchのバッテリー残量が急減したら確認すべきこと

前述のようにいつもはApple Watchのバッテリー残量が少なくなりすぎて困ることはないのですが、先日はバッテリー残量が急減するという症状が発生しました。原因は、watchOS 5.3.1にアップデートしたことでした。インターネットで検索すると、watchOSをアップデートすると、バッテリーが急減するという症状がいくつか報告されています。

Apple Watchを使い始めてからこれまでに何回かwatchOSをアップデートしていて、これまでは一度もそのような症状は発生しなかったのですが、今回watchOS 5.3.1にアップデートした後に初めてそのような症状が発生しました。

インターネット上の報告例は、必ずしもこのバージョンのwatchOSにアップデートした時のものだけではありません。watchOSのバージョンによるというよりは、アップデートのプロセスがすべて順調に完了したか、それとも不完全な状態で終了してしまったのかによると推測します。なぜなら、このような症状が発生した時には、Apple Watchを再起動すると正常な状態なるからです。

以上のことから、いつもよりバッテリーの減るスピードが異常に速い場合は、一旦、Apple Watchを再起動することをおすすめします。早めに気がついて正常な状態に戻せれば、バッテリー残量が10%まで減って「省電力モード」に移行することを防ぐことができるでしょう。


スポンサーリンク

Apple Watchの省電力モードの使い方

充電するのを忘れてしまったりして、特にApple Watchに異常があるわけでもないのにバッテリー残量が少なくなってしまった場合は、自ら「省電力モード」設定して、最低限、デジタル時計として使用するという方法があります。以下のその手順を記します。

1.Apple Watchの文字盤を下から上にスワイプしてコントロールセンターを表示します。バッテリー残量が表示されている部分をタップします。

2.バッテリー残量と省電力モードのスライダーが表示されたら、スライダーを右にドラッグします。

以下の画面でさらに続ける「続ける」をタップします。

このような状況に陥ることはあまりないのですが、知っておくといざという時に便利でしょう。

まとめ

Apple Watchの省電力モードとその解除方法および設定方法について紹介しました。あまり使う機会が無いだけに、思いがけず省電力モードになってしまうと焦るものです。知っておけば安心です。

スポンサーリンク

-Apple Watch
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Apple Watchのスポーツバンドとケースの組み合わせと耐久性は?

Apple Watch Series 3 GPSモデルを購入し、これまで約2年間使いました。その経験を活かし、より満足できるように自分なりに考えてApple Watch Series 5 GPSモデル …

Apple Watchのアラームを設定して振動だけにするには?

Apple Watchは多機能なスマートウォッチで、いろいろな使い方ができます。基本的な機能であるアラームももちろん付いています。これを目覚ましとして使えば、出張や旅行で外泊した時などは便利ですし、普 …

Apple Watch Series 5の文字盤をカスタマイズしてみました!

2019年9月20日から発売開始となったApple Watch Series 5。新機能の追加と基本性能の向上でより魅力的になりました。豊富な文字盤のバリエーションは、Apple Watchの最大の魅 …

Apple Watchの海外旅行での時間設定と世界時計!

海外旅行では一般的な腕時計でも現地時間に調整するなど面倒なことがあります。しかし、Apple Watchのようなスマートウォッチは、多機能なだけに時間の設定だけでもその方法がよく分から無いということも …

Apple Watchのワークアウトで経路が記録できる!

Apple Watchは、健康のためにウォーキングやジョギング、ランニングをする人にとって、本当に便利なアイテムです。またワークアウトの経路が記録できる機能を使って、初めて行った場所を地図上で確認した …