幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

4K8K放送が普及しないのはなぜ?今後は普及する?

投稿日:2019年9月3日 更新日:

2018年12月1日から「新4K8K衛星放送」が始まりました!4Kテレビや8Kテレビの画面で本当に美しい映像を楽しむには、フルハイビジョンの映像をアップコンバートしたものではなく、コンテンツから4Kあるいは8Kで制作されたものが一番です。「新4K8K衛星放送」は身近にある4K8Kのコンテンツなのですが、あまり普及が進んでいないようです。なぜなのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサーリンク

4K8K放送の普及率は?

一般社団法人放送サービス高度化推進協会の発表によれば、“新4K8K衛星放送”視聴可能機器の2019年7月末時点での累計台数は以下のようになっています。

1.「新チューナー内蔵テレビ」約892,000台

2.「外付け新チューナー」約206,000台

3.「新チューナー内臓STB」約402,000台

合計 約1,500,000台

2015年の国勢調査によると、世帯数は53,449,000世帯ですので、単純にこれで上記の累計台数を割ると、2.8%の世帯に“新4K8K衛星放送”視聴可能機器があることになります。

「外付け新チューナー」と「新チューナー内臓STB」は、新4K8K衛星放送を視聴するためにしか使用しませんので、これらの購入者は新4K8K衛星放送を視聴していると考えられます。

しかし、「新チューナー内蔵テレビ」は、「今すぐに新4K8K衛星放送を視聴しないけれども、テレビを購入するならば4Kあるいは8Kのチューナー内臓モデルにしておこう」という人も相当数存在していると考えられます。したがって、新4K8K衛星放送を視聴している世帯は、全世帯の2%以下ではないかと推測します。仮に上記の2.8%の世帯で視聴していたにしても、まだまだ世帯普及率は低いということには変わりありません。

4K8K放送が普及しないのはなぜ?

また新4K8K衛星放送が始まってから1年も経過していませんので、普及率が低いからといってあまり悲観的になる必要もありません。しかし、新4K8K衛星放送にかかわるいくつかの業界の人々からすれば苦難が続いており、少しでも早く普及率が伸びて欲しいと願っています。機器の価格やコンテンツの制作、広告収入など、関連するほとんどのものが視聴者数が増えなければ事業として厳しいからです。

なぜ新4K8K衛星放送の視聴者数が増えないのでしょうか?これにはいくつかの要因があります。例えば、テレビの買い替えサイクルの関係から、現在使用しているテレビが壊れてから4Kチューナー内蔵の4Kテレビを買おうという人もかなりいると考えられます。また4K8K放送のコンテンツに魅力を感じていない人もいるでしょう。「これは鶏が先か?卵が先か?」的な議論になりますが、視聴者が増えないと広告収入が増えないため、コンテンツ制作に予算が充てられず、充実してこないという事情があります。

現時点で、もっとも大きな要因の一つと感じるのは、新4K8K衛星放送を視聴できる環境を整えるハードルの高さです。例えば2019年3月末時点で、ケーブルテレビの加入世帯数は、約3,055万世帯、世帯普及率は約52.2%です。特にテレビ放送を視聴するための経路を変更しなければ、ケーブルテレビの加入者はケーブルテレビ経由で新4K8K衛星放送を視聴するのが簡単です。その場合は、前述のような新4K8K衛星放送用のSTBをレンタルあるいは購入する必要があります。通常は、これまでよりは費用が上乗せされますので、大きなハードルとなります。「テレビ放送は無料」という意識が強いからです。

また集合住宅の場合は、アンテナやブースター、分配器などが建物内で共用となっており、住民の合意が無いと新4K8K衛星放送を視聴できる状態に改修できないことがあります。これは集合住宅によっては非常に高いハードルとなることがあります。

スポンサーリンク

今後は4K8K放送は普及する?

日本は人口減少社会に突入しましたので、人の数は減り続けますが、新4K8K衛星放送の視聴者 target=”_blank”数は非常に低いので、しばらくは伸びていくでしょう。まずは2020年の東京オリンピックに向けて、テレビの買い替えが進めば、視聴者は増えると期待されます。そして何らかの方法で新4K8K衛星放送を視聴する環境を導入すれば、それを撤去する行動に出る割合は低いと考えられますので、減少に転じる可能性は低いでしょう。

東京オリンピック後も、テレビの買い替えサイクルに合わせて、新しいテレビの購入者の一定の割合は新4K8K衛星放送を視聴するでしょう。そして新4K8K衛星放送の視聴者の比率がある程度の割合に達した段階で、普及のスピードが加速すると期待されます。多くのものの普及が同じような傾向を示しますので。

まとめ

新4K8K衛星放送の映像は本当に美しいです。そんな美しい映像が日常的に楽しめる時代が来ています。地道に普及していくことを願います。

4Kテレビと8Kテレビについては、こちらの記事「4Kテレビと8Kテレビのまとめ」をご覧ください。

スポンサーリンク

-テクノロジー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

量子ドットLED技術「QLED」を採用した4Kテレビがついに日本上陸!

最先端のテレビ用パネルとして、有機ELとともに注目を集めているのが量子ドット技術を活用した液晶テレビです。これまで日本では一部のモニターなどとして販売されていましたが、大型テレビとしては現時点では販売 …

日本の学会の会員数は減少している!科学技術の未来は大丈夫か?

科学技術立国を標榜する日本の研究開発水準が低下していることを示唆する指標・事実等が、いろいろと指摘されています。あまり取り上げられることが少ないのですが、学会の会員数の減少も土台から日本の科学技術力を …

ノートパソコンはアンチグレアと光沢のどちらが良い?

液晶ディスプレイは年々高精細・高画質になり、ノートパソコンでも本当に美しい映像が楽しめるようになりました。しかし、テレビとは異なり、ノートパソコンの場合はワープロや表計算、パワーポイントなどの作業を画 …

反射型液晶はJDIが用途を広げて行く!原理と消費電力は?

最近は有機ELのテレビやスマホが普及し始めているが、大多数の高精細・フルカラーディスプレイは液晶です。これらには透過型液晶が使われており、非常に美しい高画質な画像を表示することができます。これらとは異 …

透明ディスプレイの原理は?液晶と有機ELの構造は?

最近、「透明ディスプレイ」の発表・展示などがいくつかありました。新しいタイプのディスプレイですが、実際のところ「透明ディスプレイ」とは何なのでしょうか?その原理や構造はどのようなものなのでしょうか?こ …