幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

iPad Pro、iPad Air、iPad mini、iPadのディスプレイの画質は?

投稿日:

先日、米国出張で飛行機に乗った時に、隣の席の人が機内に持ち込んだ自分のiPad Proで映画を観ていました。照明を暗くした機内で、iPadの画面がすごくきれいに見えました。こんなに高画質なんてちょっと驚きです。以下に紹介します。

スポンサーリンク

iPadのディスプレイは高画質になっている!

私もその時はiPad Air 2とiPhone 8を使っていて、どちらの液晶ディスプレイも高画質であると思っていたのですが、前述の機内で映画を観ていた人のiPadを見て別次元の画質であると感じました。

振り返ると、初めてAppleのRetinaディスプレイ搭載の製品を購入したのはiPhone 4でした。当時もスティーブ・ジョブズがAppleでプレゼンしている動画をダウンロードしておいて、海外出張の機内で、照明が暗くなってからiPhone 4で観たことを覚えています。iPhone 4に目を近づけて見ても全く画素が認識できず、高い解像度に感動しました。その後、iPhone 6、iPhone 8と機種変更して使ってきましたが、画質が向上し、色域も広くなったことを実感しました。

iPadについてはiPad(第3世代)を初めて買い、iPad Air 2に乗り換え、以下に紹介しますようにiPad Air 3に最近買い替えました。iPadも解像度が高く、新聞や電子書籍を読む際も快適です。

このようにRetinaディスプレイになってからは、解像度については申し分なく、感動していたのですが、最新のiPadについては、色域やHDRなどの点でさらに感動です。それぞれ説明していきます。

iPad Pro、iPad Air、iPad miniは広色域P3

ディスプレイの画質の重要な特性である色域。iPad Proの公式サイトでは、「P3の広色域」と記載されています。これはデジタルシネマ向けの色域であるDCI-P3に準拠ということと思われますが、いわゆるカバー率などについては記載が見当たりません。「P3の広色域」と公式サイトに記載するぐらいですので、ほぼカバーしているのでしょう。

実際、この「P3の広色域」の価値が分かるのが、この色域に対応した映画のコンテンツを見る場合とiPad Proや最近iPhoneのカメラで撮影した写真を見る時でしょう。前述の機内でiPad Proで映画を観ていた人も、広色域の映画コンテンツをダウンロードして観ていたようです。

iPad Proは11インチと12.9インチがあり、機内で観ていた人は11インチでした。それでも機内のシートについているディスプレイよりも大きく、断然高画質でしたので、映画はものすごい迫力がありました。やはり映画はより大きく、高画質の画面で観ると感動的です。

現在(*2019年7月時点)販売中のiPadは、iPad Proがハイエンドで、その他にiPad Air(第3世代)、iPad mini、iPadがあります。iPad以外は、すべて「P3の広色域」に対応していますので、より鮮やかな色で楽しみたいならば、「P3の広色域」に対応しているiPadがおすすめです。解像度については、いずれもRetinaディスプレイですので、特に不満はないでしょう。


スポンサーリンク

iPad Pro、iPad Air、iPad miniはHDR?

ディスプレイの画質のもう一つの重要な特性はコントラストです。最近の高画質テレビにはHDR対応ということがアピールされていますが、iPadにはHDRのことは公式サイトにも記載されていないようです。しかし、「P3の広色域」に対応した映画コンテンツの場合、通常はHDRにも対応したコンテンツで、これを表示させるとiPad Proはダントツで高画質です。暗い部分もつぶれずに緻密な映像を楽しめます。

iPad AirとiPad miniもiPad Proには敵わないとしても、かなり優れたコントラストを楽しめます。

iPad Proが最大輝度600nit、iPad AirとiPad miniが最大輝度500nitまだ高めていることも重要です。

このコントラストには、ディスプレイ画面表面での反射率を低減したことも大きく貢献しているようです。iPad ProとiPad Air、iPad miniは、いずれも反射率が1.8%で、「業界の中で最も低い反射率」とのことです。iPadの反射率は不明ですが、「業界の中で最も低い反射率」ではないので、明るい場所で画面を見ると映り込みが多くなります。特に映画などの暗い部分が多いシーンではその差は歴然です。また通勤の電車内など、明るい場所で電子書籍を読む場合も表面の反射率が低いと本当に助かります。

まとめ

iPad Pro、iPad Air、iPad mini、iPadのディスプレイの画質について紹介しました。高画質のディスプレイで美しい映像を見ると感動ですね!

スポンサーリンク

-テクノロジー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

全固体電池が実用化すればEVが普及するかもしれない

欧州と中国を中心に、電気自動車(EV)を自動車の主流としていこうという動きがあります。自動車産業は巨大ですので、単純にテクノロジーの問題ではなく、政治・経済などの思惑が絡み合っているようです。現状では …

色度図はxyを使う?u’v’を使う?ディスプレイの色域用は?

4K/8K放送が始まり、映像信号が広大な色域に対応できるようになりました。またディスプレイの技術も年々進歩し、広い色域の映像表示ができるようになってきています。ディスプレイの色域、すなわち表示できる色 …

蓄電池で再生可能エネルギーを充電してエネルギー自給率向上

東日本大震災後に原子力発電所が停止し、一部は再稼働したものの、化石燃料による発電の割合が高くなっています。化石燃料のほとんどを輸入に頼る日本では、これらの価格高騰のリスクがあります。太陽光発電への投資 …

透明ディスプレイの原理は?液晶と有機ELの構造は?

最近、「透明ディスプレイ」の発表・展示などがいくつかありました。新しいタイプのディスプレイですが、実際のところ「透明ディスプレイ」とは何なのでしょうか?その原理や構造はどのようなものなのでしょうか?こ …

LEDは照明用には演色性!バックライト用には色域!

白色LEDが登場して以来、一般照明や液晶ディスプレイ用バックライトの光源には、白色LEDが用いられるようになりました。当初はかなり効果でしたが、量産効果と激しい価格競争により、急速に低価格化し、広く普 …