幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

まとめ

マイクロLEDとミニLEDのまとめ

投稿日:2018年11月20日 更新日:

次世代のディスプレイとしてマイクロLEDディスプレイが注目されています。原理的に最高性能のディスプレイになると期待されています。また似たような言葉としてミニLEDディスプレイというものもあり、こちらも同様に注目されています。以下にまとめます。

スポンサーリンク

マイクロLEDディスプレイの課題は?普及するの?

マイクロLEDディスプレイとは、ディスプレイの赤、緑、青のサブピクセルをそれぞれの色のLED素子で形成したものです。赤、緑、青のサブピクセルで1つの画素を構成します。4Kの解像度のディスプレイであれば、横3840×縦2160=8,294,400画素ありますので、膨大な数のLED素子が並べられていることがわかります。原理的には最高性能のディスプレイになると期待されていますが、製造コストが極めて高いことが大きな課題となり、製品化を妨げています。ソニーが世界で始めて、サイネージ用途向けなどの大型ディスプレイとして事業化しています。今後はより多くの用途向けのディスプレイとして普及するのでしょうか?以下の記事で紹介しています。

記事:マイクロLEDディスプレイの課題は?普及するの?

マイクロLEDディスプレイの製造方法は改善されるのか?

マイクロLEDディスプレイは、膨大な数の微細なLED素子を並べ、それらを画素として駆動させ、画像表示できるディスプレイです。高性能のディスプレイとなると期待されていますが、製造コストが非常に高いことが普及に向けての最大の課題です。赤・緑・青のそれぞれの色で発光するLED素子は、結晶構造・化学組成が異なっており、作製条件も異なります。したがって、赤・緑・青のそれぞれのLED素子を別々に作り、その1つ1つをピックアップし、画素の位置に配置し、配線・実装する必要があります。このことが製造コストを高くする大きな要因の一つとなっています。これを改善するために、紫外線LEDのみを配置し、赤・緑・青のそれぞれのサブピクセルの位置に、紫外線照射によってこれらの色で発光する蛍光体を配置する方法が提案されています。以下の記事で紹介します。

記事:マイクロLEDディスプレイの製造方法は改善されるのか?

スポンサーリンク

ミニLEDとマイクロLEDの違いは?ディスプレイとして普及する?

マイクロLEDディスプレイと似たようなディスプレイとして、ミニLEDディスプレイというものがあります。これらは何が違うのでしょうか?一つ一つの画素をサブピクセルとなるLED素子の大きさが異なっています。マイクロLEDは100ミクロン未満の大きさで、数十ミクロン程度のものがほとんどです。ミニLEDは100ミクロン以上の大きさですが、従来のスタジアムなどで利用されているLEDディスプレイよりはずっと小さいものを指します。空港や大きな建物の高い位置に設置する大型ディスプレイや、ビルの壁面に設置する大型ディスプレイなどでは、ミニLEDディスプレイでも十分な精細度となる場合があります。以下の記事で紹介しています。

記事:ミニLEDとマイクロLEDの違いは?ディスプレイとして普及する?

マイクロLEDディスプレイの製造装置をブイ・テクノロジーが販売

液晶ディスプレイは、現在は非常に高精細なものが広く普及しています。多くの非常に困難な課題を乗り越え、多大な研究開発努力によってこのような高画質なディスプレイが実現しました。さらにここまで低価格化が進んでのは、高精度で大量生産できる製造装置を、装置メーカーが開発・販売したことも大きな要因です。韓国、台湾、中国が猛烈にキャッチアップできたのはこれらの製造装置を導入できたからです。次世代ディスプレイとして期待されているマイクロLEDディスプレイは、優れた性能であることは実証されていますが、製造コストを下げることが最大の課題です。これまでは各社が研究開発を続けてきましたが、いよいよ製造装置メーカーが、マイクロLEDディスプレイの製造装置の販売を開始しました。以下の記事で紹介しています。

記事:マイクロLEDディスプレイの製造装置をブイ・テクノロジーが販売

マイクロLEDディスプレイの製造工程改良に役立つ大学の研究

マイクロLEDディスプレイは、そのポテンシャルの高さから、次世代ディスプレイの本命として期待されています。現状では、極めて製造コストが高く、これを許容できるレベルまで下げることが最大の課題です。そのため製造コストを下げることにつながる新しい製造工程についての研究が、大学でも進められています。その中でも注目を集めているのは、東京大学生産技術研究所の藤岡洋教授の研究グループが進めるスパッタリング法についての研究、大阪大学の藤原康文教授の研究グループが進める希土類を添加したGaNの研究です。これらの研究成果をマイクロLEDディスプレイの研究開発・製造にかかわるメーカーが活用すれば、製造コストの低減が大きく進む可能性があります。以下の記事で紹介しています。

記事:マイクロLEDディスプレイの製造工程改良に役立つ大学の研究

まとめ

マイクロLEDディスプレイとミニLEDディスプレイについてまとめました。最先端のディスプレイ技術について把握しておきましょう。

スポンサーリンク

-まとめ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒートアイランド現象のまとめ

日本の夏は猛暑です。地球温暖化の影響についてはまだ議論されていますが、ヒートアイランド現象については否定する人は見当たらず、平均気温を上昇させる影響があると多くの人々が認めています。したがって、ヒート …

4Kテレビと8Kテレビのまとめ

4Kテレビが登場してから徐々に売れ始め、今ではテレビの販売台数の過半数は4Kテレビになりました。4Kテレビはすでに主流となり、その次のテレビである8Kテレビも販売が始まっています。2018年12月から …

TFTのまとめ!簡単に理解できます!

液晶でも有機ELにおいても、画素から画像を形成するディスプレイで高精細の動画表示をするためにはTFTが必要です。そのためディスプレイパネルの製造では、TFT回路の形成が重要となります。TFTの材料によ …

株式投資のまとめ

資産を築き、それを運用することである程度以上の収入を得ることができるようになれば、経済的な自由を手に入れ、豊かな人生を送ることができる可能性があります。一般の人でも実現できる可能性が高い方法は、株式投 …

Apple Watchのまとめ

Apple Watchを使う人が増えてきました。多機能なスマートウォッチのApple Watchは便利ですし、使いこなせば生活の質が向上するかもしれません。Apple Watchについての役立つ記事を …