幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

ミニLEDとマイクロLEDの違いは?ディスプレイとして普及する?

投稿日:

次世代のディスプレイとしてマイクロLEDが注目されています。非常に似ているものとしてミニLEDディスプレイというものも登場しています。マイクロLEDとミニLEDとは何が違うのでしょうか?その用途と普及の可能性などについて以下に紹介します。

スポンサーリンク

ミニLEDとマイクロLEDの違いは?

マイクロLEDディスプレイとは、微細な赤・緑・青のLED素子を配置し、それらを画素として表示するディスプレイのことです(*詳細はこちらの記事「マイクロLEDディスプレイの課題は?普及するの?」をご参照ください)。赤・緑・青のそれぞれのLED素子が1つ1つのサブピクセルとなり、これら1組で1画素を形成します。厳密な規格は定められていないのですが、専門学会などのコンセンサスとしては、1つのサブピクセルとなるLED素子の発光部分の大きさが100ミクロン未満(四角ならば100ミクロン未満×100ミクロン未満、円形ならば直径が100ミクロン未満)のものを指すことが多いようです。つまり、発光部分の大きさが100ミクロン未満のLED素子のことをマイクロLED、マイクロLEDを画素として配列しているディスプレイのことをマイクロLEDディスプレイと呼びます。世界で初めてマイクロLEDディスプレイを事業化したソニーのCLEDISは、約53ミクロン角です。

これと比較して、ミニLEDディスプレイは、大きさが100ミクロン以上の赤・緑・青のLED素子を画素として表示するディスプレイのことです。前述のようにLED素子の大きさには厳密な規格が定められていませんので、あくまでも目安です。従来から製品化されているスタジアムなどの電光掲示板・スクリーンで使用されているLEDディスプレイと差別化するために、「より小さなLED素子を使ったもの」というように上限がおおよそあります。台湾や中国で活発に開発が進められており、おおよそ1ミリ以下のものが使われているようです。このような大きさのLEDをミニLEDと呼んでいます。

ミニLEDディスプレイはサイネージ用で実用化か?

台湾や中国で、ミニLEDディスプレイはサイネージ用として展示されています。LED照明の価格がかなり下がったことからも、LED素子の価格もかなり下がっていることは分かります。スマホのバックライトに使用されている蛍光体方式の白色LEDの発光部分の大きさも0.4ミリ程度ですので、これを単純に並べただけでも大きなディスプレイを作ることができます。

現在販売されている4Kテレビの比較的大きなものは65インチ程度です。非常に緻密で美しい映像が楽しめますが、画素密度を計算してみると68ppiで、これは画素間隔が0.37ミリに相当します。空港やショッピングセンターのホールなどの広い空間の高い所に設置されるサイネージ用のディスプレイは、一般にもっと大型ですし、視聴距離ももっと離れています。したがって1ミリ程度の画素ピッチにしてもかなりきれいに見えるでしょう。渋谷のビルの壁面にあるような大型ディスプレイであれば、ミニLEDディスプレイで全く問題ありませんし、従来のものよりも格段に高精細で美しいディスプレイになるでしょう。

特に屋外や周囲が明るい場所で、比較的離れたところから視聴するディスプレイとしては、明るい画面を表示でき、耐久性に優れるLEDディスプレイが他の方式のディスプレイよりも適しています。したがって、このような用途にミニLEDディスプレイの普及が期待されています。


スポンサーリンク

ミニLEDはバックライトとしても実用化か?

ミニLEDは小型のものとしては、まずは液晶ディスプレイ用のバックライトに使用されるのではないかと期待されています。SID2018にジャパンディスプレイ、AUO、BOE、TianmaなどからミニLEDバックライトを使用した展示が行われたためです。

液晶ディスプレイの有機ELと比べた際の弱点は、コントラストが劣ることです。これは液晶パネルに背面に設置されたバックライトからの光を、液晶を駆動させて光を透過させたり、遮断したり、光量を調節したりするという方式に起因するものです。バックライトからの光を遮断したい時にも、完全に遮断することができず、光が漏れてしまい、黒表示がグレーになってしまうことによりコントラストが低下します。白表示はむしろ液晶ディスプレイの方が有機ELよりも明るくすることができます。コントラストは、[白表示の明るさ]/[黒表示の明るさ]によって定義されるので、分母を極めてゼロに近づけることができる有機ELは有利なわけです。

そのため液晶ディスプレイでは、コントラストを向上させるために直下型のバックライトでローカルディミングという技術を用いるようになりました。液晶パネルの背面側にLEDを並べ、画面の中の各部分の明るさに応じてそれぞれのLEDの明るさを制御する方式です。つまり、画面で真っ暗にしたい部分のLEDを消灯すれば、そもそも光が出ていませんので、液晶パネルを漏れてくる光が無くなり、黒表示がグレーではなく黒に近づくということです。これがローカルディミングです。

しかし、液晶パネルの画素数に比べると、圧倒的にLED素子の個数は少なく、従来の製品の多くは画面を数十区画に区分けし、それぞれのエリアを1つのLEDが担当するというものでした。ほとんどの映像では、各区分したエリア内が均一な明るさ・色になっていることは稀で、どうしてもそのエリア内の平均的な明るさにせざるを得ず、コントラストの向上にも限界があります。原理的にはもっと多くの区画に分け、より多くのLEDを配置すれば良いことが分かります。そのようなコンセプトで、ソニーは非常に多くのエリア数・LED数のバックライト「マスタードライブ」を開発しました。個数は公表されていませんが、1000個程度のエリア数のようで、ソニー史上最高画質のテレビとして販売されました。

このように直下型のバックライトでローカルディミングをすれば、液晶ディスプレイのコントラストが大きく改善できることが分かっています。しかし、直下型では奥行きが大きくなるので、テレビなどの奥行きが比較的大きくできる用途しか採用できませんでした。スマホのような薄型が重要な用途では、エッジライト型のバックライトが用いられており、その場合は導光板という部材が搭載されています。導光板は、そのエッジ部分にLED素子を配置し、そこから光を入射させ、導光板全体を光らせ、一番広い面から光を出射させるものです。この方式では前述のローカルディミングができないため、薄型の液晶ディスプレイのコントラスト向上が困難でした。

ところが、ミニLEDを使えば、薄型でありながら、ミニLEDを直下型で敷き詰めることが可能になります。またLEDを多数使用できますので、高輝度にすることも可能です。まずは高輝度が必要とされる車載用の液晶ディスププレイのバックライトとして製品化されるのではないかと言われています。

まとめ

マイクロLEDディスプレイとともにミニLEDディスプレイに注目が集まっています。技術的には十分に可能ですがので、あとはLED素子を並べて実装するコストを低減できれば製品化が進むと期待されます。

スポンサーリンク

-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

家事をやってくれるロボットが欲しい!

最近の家電メーカーの凋落から、「日本には多くのモノがあふれていて、それほど欲しいというモノがない」といった声が聞かれます。テレビ、冷蔵庫、クーラー、スマホなど、一通りそろえてしまえば、後は多少性能が優 …

4Kチューナー内蔵の4Kテレビが三菱電機からも発売!

2018年12月1日からいよいよ4K/8K放送が始まります。そのためテレビメーカー各社が4K/8K放送を視聴するためのチューナーや、チューナー内臓のテレビの発売に向けて動いています。すでに東芝から世界 …

液晶テレビを買いました!東芝 43Z700X REGZA(レグザ)

スポンサーリンク 新しい液晶テレビを購入しましたので、機種選び等についてレビューします! やはり4Kは魅力的です! スポンサーリンク

Apple Watchの防水性能は?雨やお風呂で大丈夫?

Apple Watchは美しい有機ELの文字盤があります。特に帰宅時の暗い夜道などで文字盤を見ると、発光する有機ELが鮮やかです。しかし、これはよく考えると電気を使って有機ELディスプレイを発光させて …

8Kテレビの価格と買い時は?チューナーは?

2018年12月からいよいよ4K・8K放送が始まります。8K放送は、特に「スーパーハイビジョン放送」と呼ばれ、2Dのテレビとしては「究極の画像表示」ができると言われています。これは以下で解説するように …