幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

貧困

リストラ・失業の不安を乗り越えて幸せになる方法

投稿日:

多くの人がリストラ・失業の不安を乗り越え、幸せな人生を送るために何が必要でしょうか?可能性は誰にでもあり、正解は一つではありませんが、以下に代表的なパターンを見てみます。

資産運用で稼ぐ

必死に働いてお金を貯め、そのお金を運用してお金を稼ぐ。これだけで生活していけるようになれれば、もう経済的な不安はほぼなくなるでしょう。仮に資産を5%で運用でき、年間500万円の収入があれば暮らしていけるとした場合、1億円の運用資産が必要となります(*簡単にするため税金は無視しています)。コンスタントに5%運用するのもかなりのスキルが必要ですし、そもそも1億円貯めるなんて簡単にできることではありません。

しかし、いきなりこの完成形にならないといけないのではなく、少しずつ始めれば大きな力になります。例えば1000万円貯めて、それを5%で運用すれば、年間50万円得られます。これまでの労働に加えて、運用により追加でお金が得られることが重要なのです。

そのお金を再投資し、同じように5%で運用できれば、運用資産が複利で増えていきますのでどんどん成長します。さらにできるだけ節約して、給与などからお金を運用資金に追加していけば、資産の成長速度は高まります。

複利の運用では「72の法則」が有名です。これは年間の利回りで72を割ると、資金が2倍になるおおよその年数が求められるというものです。つまり、5%であれば、72÷5=14.4年です。5%運用を続けていくと、14.4年で資産が倍になるというものです。次の14.4年でさらに2倍ですので、28.8年で4倍です。これは大きいでしょう。

上で書きましたように、少しでも運用資産を増やすことと、運用するスキルを磨き、利回りを高めることで指数的に資産が成長します。例えば10%で運用できるならば、7.2年で2倍ですし、20%運用ならば3.6年で2倍です。これは挑戦する価値はあるでしょう。実際、多くの個人投資家が1億円以上の資産を築いています。

ビジネスを立ち上げる

サラリーマンでいる以上、ビジネスオーナーレベルの収入を得ることは非常に困難です。いつかは独立できるように自分のビジネスを立ち上げる取り組みを開始すべきでしょう。

ビジネスと言ってもいろいろあります。インターネットの普及もあり、リスクの低いビジネス、いわゆる副業的なものからでも始めて見るとよいでしょう。注意すべきは多額の初期投資が必要なビジネスを無暗に始めてしまうこと。せっかくの資金を失って、チャンスを逃してしまう可能性が高くなります。

スポンサーリンク

できるだけリスクを低くする工夫が大切です。本当に稼ぐ人は、十分な知識・情報・スキルを駆使して、他の人にはわからないような道を見出し、高い確率で成功するものです。リスクには細心の注意を払いましょう。

究極のサラリーマンを目指す

これは独立という点では矛盾するように感じるかもしれませんが、「フリー」に近い形態と考えることができます。例えば、「プロ経営者」などと呼ばれる人は、所属する会社で上り詰めて社長になるのではなく、経営のプロとして依頼を受けて社長になります。これも企業に雇われていると言えばサラリーマンであり、オーナーではありません。しかし、個人としていろいろな企業等から依頼を受けて仕事を引き受けることで生きています。

このようにサラリーマンでありながら、たとえ今所属している企業を解雇されたとしても、個人として声がかかるような人になれればある意味で独立している状態と言え、幸せになれる可能性が高いでしょう。

上記は併用することもできますので、幸せになるためにやれることから始めましょう。

 



スポンサーリンク

-貧困

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高齢者の貧困問題は深刻化する?対策は?自立して生きる

スポンサーリンク 医学、公衆衛生、食生活の改善など、多くの分野の人々の努力によって幸いなことに日本人の平均寿命が延びています。厚生労働省によると、2014年における日本の平均寿命は、男性が80.50 …