4Kテレビと8Kテレビのまとめ!有機ELと液晶のどっちが良い?

まとめ

4Kテレビが登場してから徐々に売れ始め、今ではテレビの販売台数の過半数は4Kテレビになりました。4Kテレビはすでに主流となり、その次のテレビである8Kテレビも販売が始まっています。2018年12月から4K/8K放送が始まり、本格的な4K/8K映像が楽しめるようになりました。4Kテレビと8Kテレビに関することについてまとめます。

スポンサーリンク

4Kテレビは有機ELと液晶のどっちが良い?画質とインターネット

販売されているテレビの台数の過半数は4Kテレビになっていますので、すでに4Kテレビが主流となっています。そのためこれからテレビを購入しようとお考えの方は、4Kテレビの購入をご検討されているかもしれません。

4Kテレビには有機ELと液晶がありますが、どちらを選ぶのが良いのでしょうか?テレビとして最も重要な画質についてまず比較すると良いでしょう。画質とは具体的には解像度、フレームレート、コントラスト、色域などです。さらに最近のテレビはインターネットに接続し、YouTubeなどのコンテンツを楽しめます。パソコンと同様に搭載されている素子の処理速度も重要となります。以下の記事で紹介しています。

関連記事:4Kテレビは有機ELと液晶のどっちが良い?画質とインターネット

4Kテレビを買えば4K/8K放送が見られるの?チューナーは?

4Kテレビが販売台数の過半数を占めるようになり、テレビの主流となっています。4Kテレビを所有する人は増えていますが、4Kテレビがあれば4K/8K放送が見られるのでしょうか?実は4K/8Kの映像信号をテレビにつないでも、テレビに4Kチューナーがなければ視聴できませんし、8K放送については8Kチューナーと8Kテレビがなければ視聴できません。このことが十分に周知されていないようで、4K/8K放送が始まってから混乱するのではないかと懸念されています。4Kチューナーは、2018年になってから内蔵されたテレビが発売され始めました。現在使用されているほとんどのテレビは、4Kチューナーが内蔵されていません。以下の記事で紹介されています。

関連記事:4Kテレビを買えば4K/8K放送が見られるの?チューナーは?

スポンサーリンク

4Kチューナー内蔵の4Kテレビが三菱電機からも発売!

4Kテレビで4K放送を視聴するためには、4Kチューナーが必要です。4Kチューナーが内蔵されている4Kテレビは、2018年に東芝から始めて発売されました。しばらく他に選択肢が無い状態が続きましたが、三菱電機から4Kチューナー内臓の4Kテレビが発売されました。4Kチューナー内蔵の4Kテレビならば、外付けの4Kチューナーは必要ありませんので、テレビの設置スペースの節約にもなり、おすすめです。以下の記事で紹介しています。

関連記事:4Kチューナー内蔵の4Kテレビが三菱電機からも発売!

HDMIケーブルの4K対応の違いは?プレミアムとは?

4Kテレビでは、4K映像信号を伝送する場合はフルハイビジョンよりも大容量の信号を送るので、それに対応したHDMIケーブルを使用する必要があります。例えばUltra HD ブルーレイプレーヤーで再生した高画質の4K映像をテレビに伝送する場合などに、大容量の信号伝送に対応したHDMIケーブルでないと高画質の映像を本来の画質で楽しむことができません。アップコンバート機能が付いたBD HDDレコーダーなどの場合も、フルハイビジョン映像よりも大容量の映像信号を伝送することがありますので、HDMIケーブルに注意する必要があります。以下の記事で紹介しています。

関連記事:HDMIケーブルの4K対応の違いは?プレミアムとは?

4Kテレビの買い時と選び方は?大きさ、アンテナもチェック!

4K/8K放送が2018年12月からスタートしました。それに先立って4Kテレビの販売は始まっており、40インチ以上の大型テレビの販売の多くは4Kテレビとなっています。しかし、4K放送を視聴するためには4Kチューナーが必要で、それまでに販売されていたものはほぼすべてが4Kチューナーを内蔵していません。

4K放送開始の少し前から東芝などが4Kチューナー内蔵モデルの販売を開始していましたが、すでに販売済みの4Kテレビでも4K放送を視聴できるように、外付けの4Kチューナーが販売されています。しかし、これから4K放送を視聴するために4Kテレビを購入するならば、4Kチューナー内蔵モデルの方がおすすめです。テレビの周囲に別体の4Kチューナーを設置する必要がありませんし、4Kチューナーと4Kテレビの相性などの面倒なことを考える必要も無いからです。操作性も内蔵モデルの方が良いでしょう。

その他にも4Kテレビを買う時に注意すべき点があります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:4Kテレビの買い時と選び方は?大きさ、アンテナもチェック!

液晶テレビの価格は急速に下がっている!

最近は有機ELテレビの価格が急速に下がっています。しかし、液晶テレビの価格はもっと下がっています!!これからテレビを買おうという方には嬉しいことですね。

テレビを買う時には、まず設置する場所のスペースと視聴距離からテレビのサイズを決めましょう。最近の液晶テレビは、32インチ以下と40インチ以上に分かれるようです。これは液晶パネル工場の基板サイズに関係しています。状況としては32インチ以下のフルハイビジョン以下の解像度の機種と、40インチ以上の4Kの解像度の機種に分かれ始めています。

4Kテレビがおすすめですが、4Kテレビはラインアップから40インチ以上になるでしょう。40インチ以上の4Kテレビも、さらに高画質モデルとベーシックモデルに分かれています。いろいろな機能的な違いがありますが、倍速機能があるかどうかでこれらを見分けられると考えて良いでしょう。あまり画質に拘らない人向けには倍速機能を省略した廉価モデルがラインアップされているからです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:液晶テレビの価格は急速に下がっている!倍速駆動あり・なし

8Kテレビの価格と買い時は?チューナーは?

8Kテレビの販売が始まり、ついに8K放送も始まります。8Kテレビがあれば8K放送を視聴できるのでしょうか?8K放送を視聴するためには8Kチューナーが必要ですが、2017年にシャープから発売された8Kテレビには、8Kチューナーが内蔵されていません。外付けの8Kチューナーを接続する必要があります。2018年にシャープから発売される8Kテレビには8Kチューナーが内蔵されますので、新しい機種の方がおすすめです。8Kテレビは、まだシャープから販売されているのみで、価格も高いです。家電製品の特徴として、年々価格が下がりますので、買い時については待てば待つほど安く買えるでしょう。以下の記事で紹介しています。

関連記事:8Kテレビの価格と買い時は?チューナーは?

8Kテレビをソニーが発売!価格は?おすすめ?

4K/8K放送開始の約1年前にシャープが唯一8Kテレビを発売しました。得意の液晶ディスプレイを使った8Kテレビです。その後、シャープはモデルチェンジもしています。LGが8K有機ELテレビを日本で発売していますが、300万円以上するテレビですので、一般の人が購入できる価格ではありません。実質的に現時点でもシャープのみが日本で8Kテレビを販売している状況と言って良いでしょう。

ところが海外ではサムスンも販売しています。そしてソニーが2019年の春から米国市場でついにソニーが8Kテレビの発売をスタートしました。米国での発売価格は、SONYのサイトによると以下のようになっています(2019年6月18日時点)。

BRAVIA MASTER Series Z9G
85インチ: $12,999.99(= 12,999.99×108 = 約140万4千円)
98インチ: $69,999.99(= 69,999.99×108 = 約756万円)

日本ではシャープのAQUOS 8T-C80AX1の実売価格が170万円程度であることを考えると、さらに大きな85インチでこの価格は、かなりリーズナブルな印象を受けます。日本での発売予定については、現時点では何も発表されていないようです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:8Kテレビをソニーが発売!価格は?おすすめ?

4K有機ELテレビと8K液晶テレビのどっちを選ぶ?4K液晶テレビは?

4K有機ELテレビと8K液晶テレビの価格が急速に下がっており、これらの価格帯も接近しています。どちらを購入すべきでしょうか?LGが8K有機ELテレビも販売していますが、350万円以上と非常に価格が高いため、一般家庭に普及するテレビとは考えにくく、ここでは割愛します。

4K有機ELテレビの最大のメリットは、黒が「真っ黒」に表示できるため、コントラストが非常に高いことです。部屋の照明を暗くして、暗いシーンの多い映画などをじっくり鑑賞するならば最高のテレビと言えるでしょう。

8K液晶テレビの最大のメリットは、8K放送をそのままの高解像度で表示できることです。さらに4K放送や地デジのハイビジョン放送も8Kにアップコンバートして表示することができます。前述のように画面サイズが大きくなるほど、高解像度の優位性が実感できます。70インチや80インチの大型テレビならば、4K有機ELテレビが販売されていないこともあり、8K液晶テレビがおすすめです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:4K有機ELテレビと8K液晶テレビのどっちを選ぶ?4K液晶テレビは?

液晶を買うならIPSとVAとTNを知っておこう!画質に違いあり!

液晶ディスプレイは、テレビやパソコン、スマホ、タブレット、カーナビなど、多くの機器に搭載されています。薄型・軽量・低消費電力・低価格という優れた特性により、現在のIT全盛の時代には無くてはならないディスプレイとなっています。

液晶ディスプレイには、液晶と呼ばれるタイプの材料が使用されています。液晶ディスプレイの中には、一般に2枚のガラス基板があり、そこに画素配列に合わせて電子回路が形成されています。2枚のガラス基板は微小な間隔で重ね合わされ、そこに液晶が流し込まれています。液晶は、その配列パターンなどからいくつかのタイプに分類され、一般にそのタイプのことを「液晶モード」と呼びます。これまでにいろいろな液晶モードが研究開発されてきましたが、現時点で主に製品に利用されているものはIPSとVAとTNです。

IPSは広視野角の優れた液晶ですが、VAやTNに比べるとコントラストが低いことが弱点です。VAは視野角はIPS方式には劣るものの、位相差フィルムの性能向上もあり、テレビなどで問題なく使用できる程度の比較的広い視野角が得られます。さらにIPSよりも高いコントラストが得られることが長所です。TNはスイッチングも速く、コントラストにも優れる特性を持っています。最大の弱点は視野角の狭さです。フジフイルムのWV(ワイドビュー)フィルムを貼り合わせることでこれが大きく改善され、パソコン用のモニターなどに広く使われています。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:液晶を買うならIPSとVAとTNを知っておこう!画質に違いあり!

液晶テレビの次のトレンドはデュアルセルか?8Kは?

液晶テレビは中国勢の大量生産によって急激に価格が低下し、利益を出し難い事業となっています。先行する韓国勢などは、中国勢が生産する液晶テレビと何らかの違いをアピールし、ハイエンドで勝負しなければならない状況に追い込まれています。液晶テレビの画質という点で一歩進んだものということでは、8Kテレビとデュアルセル方式の液晶テレビが注目されています。

8K液晶テレビは、日本ではシャープが先行して発売し、モデルチェンジを進めながら価格を下げてきています。ハイエンドの4K有機ELテレビと比較されるような価格帯となっています。8Kは4Kよりも解像度を高くしているため、より大型になるほど違いをアピールしやすいです。そのためソニーなどは米国市場で8Kテレビを販売しています。

このように8K液晶テレビは、すでに製品として販売されているのですが、8Kのコンテンツが少ないことなどから、まだ本格的な普及期に入ったとは言い難い状況です。さらに50インチ程度までは4Kテレビでもかなり満足できる解像度であることも台数が伸びない要因の1つでしょう。

4Kの有機ELテレビに対抗するため、4Kのデュアルセル液晶テレビを推す声もあります。有機ELに比べた時の液晶の弱点は「黒表示がグレーになってしまうこと」ですが、デュアルセルにすることで大幅に改善できます。これは技術的にも証明されており、開発済みと言って良い状況です。今後、中国勢の大量生産によって液晶パネルそのものの価格がさらに下がるようであれば、現実味のある話でしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:液晶テレビの次のトレンドはデュアルセルか?8Kは?

まとめ

4Kテレビと8Kテレビに関することについてまとめました。高画質映像を存分に楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました