幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

まとめ

有機ELのまとめ

投稿日:

ディスプレイ用パネルとしては、液晶パネルが圧倒的なシェアを持っています。最近、徐々に有機ELパネルが使用され、シェアを伸ばしています。有機ELパネルの特徴と有機ELテレビ、スマホ用有機ELパネルなどについてまとめます。

スポンサーリンク

有機ELと液晶の違いは?テレビを買うならどっちが良い?

家電量販店のテレビ売り場に行くと、液晶テレビだけではなく、有機ELテレビも並んでいます。どちらかと言うと有機ELの方が価格が高いプレミアムラインとして位置づけられています。有機ELと液晶は何が違うのでしょうか?一目見てすぐに分かるのは、有機ELの方が黒がしっかりと「締まった黒」が表示されます。映像表示は黒がグレーのようにならず、しっかり黒らしい黒になると、コントラストが高くなり、美しく、メリハリのある映像になります。特に黒の部分が多い画面になるとその違いがよく分かるでしょう。この有機ELらしい映像が好きで選ぶ人もいるようです。その他にも有機ELの特徴はいくつかあります。以下の記事で紹介しています。

記事:有機ELと液晶の違いは?テレビを買うならどっちが良い?

4Kテレビは有機ELと液晶のどっちが良い?画質とインターネット

現在テレビの販売台数の内の過半数は4Kテレビです。これから新しくテレビを買おうとしている人は、4Kテレビをお考えの方が多いでしょう。4Kテレビには液晶テレビと有機ELがありますが、どちらを選ぶと良いのでしょうか?テレビとしては、まずは画質が重要です。解像度は4Kならば有機ELでも液晶でも同じです。一番大きな違いが出るのがコントラストです。有機ELは黒がしっかり黒らしく表示されるのが特徴です。次に色域(表示できる色数)にも違いがあります。同じ映像でも、微妙に色が異なりますので好みに合う方を選ぶと良いでしょう。もう一つ重要なのがインターネット機能です。最近はテレビ放送だけでなく、YouTubeなどのインターネット経由の映像を観る機会が増えていますので、パソコンのように処理速度が重要になっています。以下の記事で紹介しています。

記事:4Kテレビは有機ELと液晶のどっちが良い?画質とインターネット


スポンサーリンク

LGは有機ELパネルを独占的に販売している!それでも赤字?

ソニー、パナソニックなどの日本メーカーから有機ELテレビが販売されていますが、これらのテレビにはすべて韓国のLGが製造して有機ELパネルが搭載されています。現状では大型テレビ用の有機ELパネルはほぼ独占的にLGが供給しています。それでもLGの有機ELパネル事業は赤字と言われていますが、現時点ではどうなのでしょうか?LGが独占的に供給しているのは、それだけ有機ELパネル事業がリスクの高い事業であるということです。事業を成功させるためには、大量に生産し、それを売り切らなければなりません。赤字覚悟でリスクを取って事業を進めているということです。以下の記事で紹介しています。

記事:LGは有機ELパネルを独占的に販売している!それでも赤字?

LGの有機ELはボトムエミッションで8Kが可能か?

有機ELにはトップエミッション方式とボトムエミッション方式があります。トップエミッションの方が画質やエネルギー効率が高く優れているのですが、製造が難しく、大型のテレビ用の有機ELパネルは事業化に成功していません。大型のものは現在はボトムエミッション方式で、韓国のLGがほぼ独占的に製造・販売しています。ボトムエミッション方式で画素密度を高め、8Kテレビ用の有機ELパネルを作製すると、光を透過しない配線の面積比率が高くなり、光利用効率が著しく低下することが懸念されています。以下の記事で紹介します。

記事:LGの有機ELはボトムエミッションで8Kが可能か?

サムスンは有機ELをスマホに搭載してなぜテレビは量子ドット?

サムスンはトップエミッション方式の画質と効率に優れた小型の有機ELパネルを製造し、自社のスマホ「Galaxy」に搭載しています。この有機ELはiPhone XからAppleにも採用されています。高性能スマホでは人気の高いGalaxyとiPhoneに搭載されているわけですので、スマホ用の高性能有機ELパネルとしては最高峰に位置しています。これだけ有機ELパネルで成功しているサムスンが、なぜ大型のテレビ用には有機ELパネルを採用せずに、量子ドットを用いた液晶パネルを選択しているのでしょうか?以下の記事で紹介しています。

記事:サムスンは有機ELをスマホに搭載してなぜテレビは量子ドット?

まとめ

有機ELパネルはその優れた画質から、大型テレビ用途とスマホ用途に徐々に普及し始めています。有機ELと液晶の違いを理解し、好みに合う方を選択しましょう。

スポンサーリンク

-まとめ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マイクロLEDとミニLEDのまとめ

次世代のディスプレイとしてマイクロLEDディスプレイが注目されています。原理的に最高性能のディスプレイになると期待されています。また似たような言葉としてミニLEDディスプレイというものもあり、こちらも …

株式投資のまとめ

資産を築き、それを運用することである程度以上の収入を得ることができるようになれば、経済的な自由を手に入れ、豊かな人生を送ることができる可能性があります。一般の人でも実現できる可能性が高い方法は、株式投 …

4Kテレビと8Kテレビのまとめ

4Kテレビが登場してから徐々に売れ始め、今ではテレビの販売台数の過半数は4Kテレビになりました。4Kテレビはすでに主流となり、その次のテレビである8Kテレビも販売が始まっています。2018年12月から …

Apple Watchのまとめ

Apple Watchを使う人が増えてきました。多機能なスマートウォッチのApple Watchは便利ですし、使いこなせば生活の質が向上するかもしれません。Apple Watchについての役立つ記事を …