幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

ライフ

パソコンで腱鞘炎になる原因と対策は?早く治したい!

投稿日:

パソコンをほぼ毎日長時間使用していると、手首が腱鞘炎になってしまうことがあります。私も腱鞘炎になったことがありますが、これが結構辛いです。腱鞘炎を早く治すためにも、腱鞘炎にならないようにするためにも、まずは腱鞘炎になる原因について理解した方がよいでしょう。以下に紹介します。

スポンサーリンク

パソコンで腱鞘炎になる原因は?

パソコンを長時間使用することで手首が痛くなる腱鞘炎になるのは、もちろんパソコンで動画を観たり、音楽を聴いたりすることが原因ではなく、キーボードを長時間使用し続けることによります。キーボードから入力する時は指を使うわけですが、特に親指を使いすぎると手首の腱鞘炎になることが多くなります。親指を開く方向に動かす時に手首を通る腱を使います。この腱は腱鞘を通っていて、酷使するほど腱と腱鞘が擦れ、炎症を起こすことがあります。腱鞘が炎症を起こした状態が腱鞘炎です。

不思議なのは長時間パソコンのキーボードを使用していても、腱鞘炎になる人とならない人がいることです。年齢や体質的なものがまったく関係していないわけではないですが、それよりも大きな関係があるのは「姿勢」です。さらに言うと「手首の角度」です。手首が手の甲側に反るような状態でキーボードを使用し続けると、腱鞘炎になる可能性が非常に高くなります。例えばソファなどに座り、膝の上にノートパソコンを置いてキーボードを使う時などには、低く身体に近い位置にキーボードがあるために、手首が手の甲側に反ってしまう状態になりやすいです。また前腕から手の甲まで自然に真っ直ぐになっている状態が好ましく、手首が横方向に曲がっている状態も負荷がかかりやすくなります。

パソコンで腱鞘炎になった時の対策は?

パソコンを使っていて手首が腱鞘炎になってしまったら、とにかく休ませ、炎症が無くなるのを待つことが必要です。しかし、ほぼ毎日長時間パソコンのキーボードを使用している人は、諸事情によりパソコンを使い続けなければならない人が多いようです。「好きでやっているわけでもないのに手を休ませろと言われても困る」という方がほとんどでしょう。どうしても使い続けなければならないようであれば、以下のような対策がおすすめです。

1.使用時に手首が手の甲側に反らないように、机、イス、パソコンの配置を改善する

私はよくソファーに座りながらノートパソコンを膝の上に置いてキーボードを叩いていたのですが、腱鞘炎になってからは必ずテーブルの上にパソコンを置き、イスに座って、手首が手の甲側に反らないように身体から少し離した位置にキーボードが来るように改善しました。手首を手の甲側に反らないようにするだけで、腱鞘炎の痛みもかなり和らぎます。対策としてはこれが最重要ポイントでしょう。

2.可能な限り、インターバルを設けてキーボードを使う

パソコンで何をするのかにもよりますが、私はこのブログなどを書いていることが多いです。文章を考えながら書く場合は、例えば調べたり、考えたりする時間もありますので、適宜、そのような時間を設けて手を休めています。

3.音声入力を使う

キーボードは文字を入力するために使うことがほとんどです。MacBookなどのように、パソコンの機種によっては音声入力が使える場合もあります。音声で入力する割合を増やすほど手を休めることができます。パソコンで音声入力ができない場合でも、スマホで音声入力した文書をパソコンへ送り、コピペすることはできるでしょう。音声入力で完璧な文章を入力できなくても、入力した文字数分は手を休めることができますので役に立つはずです。手を休める時間を増やすほど、腱鞘炎は回復していきます。

4.手首の腱鞘炎用サポーターを使う

いろいろなサポーターがありますが、バンテリンの手首用サポーターを使ってみたら、しっかり手首をホールドして支えてくれる構造になっており、かなり楽になりました。一度試してみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

パソコンで腱鞘炎になった時に役立つグッズ

パソコンで腱鞘炎になった時には、前述したような対策をとれれば良いのですが、状況によっては難しい場合もあるかもしれません。特に職場などでは、いすや机を変えたり、音声入力したりすることは難しいこともあります(*サポーター程度は大丈夫かもしれません)。そんな場合でも、せめてこれだけでも使えればという役に立つグッズが以下のバナーのような「リストレスト」です。

これをキーボードの前に置くだけで、手首が手の甲側に反らなくなり、腱鞘炎の回復に役立ちます。さらに腱鞘炎になる前から使えば、腱鞘炎防止になります。たったこれだけのことなのですが、実際に腱鞘炎になってその痛みを味わえば、その価値が分かるでしょう。

まとめ

パソコンを長時間使用することによって発生しやすい手首の腱鞘炎の原因と対策について紹介しました。ちょっと改善するだけで腱鞘炎を癒やすことができます。

スポンサーリンク

-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

加湿器のおすすめと雑菌対策について!ハイブリッド式?

スポンサーリンク 空気が乾燥する季節になると喉や鼻の粘膜が辛くなりますね。身体のことを考えると加湿器を使って、湿度を調整した方が良いでしょう。しかし、加湿器の使い方を誤ると、雑菌が繁殖し、加湿器病の …

ネクタイの色と柄には意味があるのを知っていますか?

日本では社会人になった男性は仕事の時にスーツにネクタイを着用することが多いですね。大学生も就職活動の際には同様にスーツにネクタイを着用している人がほとんどです。スーツは、ほとんどの人が濃紺系、濃いグレ …

家が狭いし片付かないというストレスを解決する方法

日本は土地が狭く、住宅にかかる費用が高いです。賃貸にしても持ち家にしても、本当に満足できる広々として家に住める人がどれだけいるのでしょうか?多くの人が狭い住宅で、ストレスを感じながら生活しているようで …

台風で窓ガラスが割れる?対策が必要?被害を少なくするには?

地球温暖化の影響なのかは不明ですが、日本に強い勢力の台風が来襲することが多くなっています。台風がもたらす多量の雨も脅威ですが、強烈な風は恐怖です。実際、台風の直撃を受けた場所では強い風による想像を超え …

窓の結露対策はプチプチがおすすめ?賃貸アパートでやってみた!

気温が下がってくると、窓に結露が生じます。特に真冬になると気温が氷点下になることもありますし、部屋の中は暖房をしますので、温度差がかなりあり、結露も増えます。多量の結露はカビの原因となり、衛生上の問題 …