幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

健康

胃内視鏡は経鼻なら苦しくない?ららぽーと横浜クリニックで体験

投稿日:

40歳以上の年齢になると、多くの人が健康診断で胃のバリウム検査か内視鏡検査を受けています。私は、最初はバリウム検査を受けましたが、ある年からより検査精度が高いと言われる内視鏡検査を受けるようになりました。初めて胃内視鏡検査を受ける人は不安を感じるのではないかと思いますので、以下に紹介します。

スポンサーリンク

胃内視鏡は経鼻なら苦しくない?

胃内視鏡検査では、口あるいは鼻から内視鏡を胃に挿入します。口から挿入する場合は、喉で嘔吐反応が起こりやすく、それが苦痛になる人がいます。私もこの嘔吐反応が嫌で、胃内視鏡検査は当初は敬遠し、バリウム検査を受けていました。しかし、バリウム検査は、直接胃の内部を見ることができないため検査精度が高くないこと、エックス線にさらされること、バリウムが体外に排泄されるまでお腹が苦しくなる場合があることなどから、バリウム検査も嫌になってしまいました。調べてみると、「経鼻内視鏡ならば嘔吐反応もなく、苦痛が少ない」との説明が書かれていることが多いのを知り、「経鼻内視鏡ならば検査を受けても良いかな?」と思うようになりました。また内視鏡ならば、検査時にポリープが見つかったらその一部を採取して病理検査をしたり、ピロリ菌検査をすることもできることも大きいです。バリウム検査で何かあったら結局は内視鏡で検査しないといけませんので。

しかし、本当に自分が経鼻内視鏡による検査を受けた時に苦しくないかは、体験してみないと分かりませんよね。そんな不安を感じながら、実際に経鼻内視鏡による検査を受けてみましたので、次項で紹介します。

経鼻内視鏡検査をららぽーと横浜クリニックで体験

どこで経鼻内視鏡検査を受けるかを、インターネットのサイトで調べながら、最終的には「ららぽーと横浜クリニック」を選びました。同クリニックの胃内視鏡検査の説明が詳細でわかり易く、年間の経鼻内視鏡検査件数が多くて、「自信あり」ということが伝わってきたからです。

予約は簡単で、ららぽーと横浜クリニックのサイトからできます。希望日と午前午後の選択を3つ入力し、調整がつけば比較的早く検査日が決まります。検査日数日前頃に、確認の電話がららぽーと横浜クリニックからかかってきます。大腸内視鏡検査とは異なり、胃内視鏡検査では、事前検査のためにクリニックへ行く必要がなく、予約した検査日に行くだけで大丈夫です。
の午後9時以降の飲食禁止と当日の検査前の飲食禁止(水コップ1杯だけOK)でした。

予約した時間にららぽーと横浜クリニックに行くと、熟練した看護師と医師のチームワークが良く、テキパキとした感じで移動式の小型ベッド(*正式な名称はわかりません)に横に寝かされ、鎮静剤を点滴で注入され、鼻にゼリー状の麻酔を入れられました。ちょっと仕事で疲れていたこともあり、鎮静剤でウトウトし始めた頃に、移動式小型ベットごと診察室に連れて行かれてすぐに検査が始まりました。麻酔が効いていることと、鎮静剤でウトウトしていることもあり、全然苦痛を感じずに楽でした。眼の前の大きなディスプレイで胃の中が映され、医師が説明してくれていますが、ウトウトしているのであっという間に終わったという印象です。

終わったらすぐに順番を待っていた部屋に移動式小型ベッドごと移されました。そこで鎮静剤から回復するのを待ちながら、希望していたにんにく注射を点滴で注入してもらい、元気が出てきました。このにんにく注射は希望者のみで、有料です。


スポンサーリンク

経鼻内視鏡検査が苦しくないかは医師と設備による?

前述のようにららぽーと横浜クリニックでの経鼻内視鏡検査は苦しくなく、楽でした。実際に内視鏡を挿入している時間も鎮静剤でウトウトしていることもあり、あっという間という感じです(*客観的な所要時間はわかりませんが、体感時間ということです)。しかし、これはどこの医療機関でも同じなのでしょうか?冷静に考えると、以下の点は要チェックでしょう。

1.医師の腕
2.経鼻内視鏡などの設備
3.鎮静剤、鼻麻酔などの処置

医師の腕は、そのクリニックでの年間の内視鏡検査件数や口コミをチェックした方が良いでしょう。使用する経鼻内視鏡も日進月歩で、最新のものほど細く、苦痛が少ないでしょう。極稀に鼻の中が狭く、経鼻内視鏡が挿入できないことがあるそうです(0.1%程度の人)。無理なく、経鼻内視鏡を鼻から挿入し、検査を行うには、医師のすぐれた腕と最新の設備が必要です。また被験者のことを十分に配慮し、どのタイミングで鎮静剤や鼻麻酔を使用するかなども苦痛を和らげるには重要です。これらが詳しくサイトに紹介されているようでしたら、かなり安心できるでしょう。

ららぽーと横浜クリニックについては、実際に私が体験しましたので安心です。評判も高く、かなり遠方から来院する人もいるそうです。

まとめ

経鼻内視鏡による検査について紹介しました。40歳以上の年齢になったら、年に1回胃内視鏡検査を受ければ、胃がんの早期発見・治療に役立つとされています。

スポンサーリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

健康寿命の伸ばし方は?病気を悪化させないための基本は?

スポンサーリンク 内閣府の調査によると、長年(1978~2012年)、日本の自殺原因のトップは「健康問題」で、2位が「経済・生活問題」です。もちろんこれらは主原因であり、これらが複合された場合はより …

no image

糖質制限ダイエットでこんなに簡単に体脂肪が下げられるなんて驚きです!

中年になると、仕事も忙しく、付き合いも多いので、運動不足&暴飲暴食でメタボになり易いです。私は、それなりに体形を気にして、少しでも運動したり、低脂肪・高タンパクの食事をするように努力してきたつもりです …

no image

エプソンのリストバンド型活動量計PS-100BLでダイエット!

エプソンのリストバンド型活動量計PS-100BLを買って、活用しています。 「PS-100BL【税込】 エプソン ウェアラブル脈拍計 ブラック / Lサイズ EPSON PULSENSE バンドタイプ …

no image

病気になるリスクは下げられる!要介護にならないためにできること

日本人の平均寿命は延びています。しかし、大切なのは元気でいられる状態で寿命を延ばすことです。誰でも介護されるよりも自分のことは自分でできた方が幸せです。 人間も生物ですので、病気になることがあります。 …

糖質制限ダイエット 外食での注意!旅行先で大変でした!

スポンサーリンク 糖質制限ダイエットに取り組んでいる方、これから始めようという方、現在、ゆるーく、無理なく実践中の私の体験談を記しています。 ご興味ございましたら、ご覧下さい。 スポンサーリンク