幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

4Kチューナー内蔵の4Kテレビが三菱電機からも発売!

投稿日:2018年10月22日 更新日:

2018年12月1日からいよいよ4K/8K放送が始まります。そのためテレビメーカー各社が4K/8K放送を視聴するためのチューナーや、チューナー内臓のテレビの発売に向けて動いています。すでに東芝から世界初の4Kチューナー内臓の4Kテレビは発売済みで、続いて三菱電機からも発売されました。以下に紹介します。

スポンサーリンク

4Kチューナー内蔵の4Kテレビが三菱電機からも発売!

三菱電機から4Kチューナー内蔵の4Kテレビが2018年10月18日から発売開始となりました。機種は以下の3機種です。

【送料無料】三菱電機(MITSUBISHI) LCD-A58RA1000 液晶テレビ REAL [58V型 /4K対応] (LCDA58RA1000) 【お届け日時指定不可】

三菱 40V型4Kチューナー内蔵4K対応液晶テレビ【2TB HDD+ブルーレイレコーダー内蔵】 REAL LCD-A40RA1000 [LCDA40RA1000]【KK9N0D18P】【RNH】

三菱電機のREALシリーズは、BDレコーダーなどを内蔵している一体型が特徴です。今回の機種も、BS・110度CSデジタル4Kチューナー、BDレコーダー、2TB HDDが内蔵されています。特筆すべきは、Ultra HD Blu-ray(4K Blu-ray)対応であること。4Kチューナー内蔵とUltra HD Blu-ray対応の4Kテレビは世界初です。現時点が考えられる4Kテレビに外付けできる装備をてんこ盛りにした感じの製品です。これだけあれば、他に何も外付けせずともまず大丈夫です。つまり、テレビから出る配線が最小限ですみますので、スッキリしますね。

最近は4Kテレビの価格が下がっていますのでこれらの機種が少々高いように感じるかもしれませんが、これだけの装備を内蔵していることを考えれば妥当かもしれません。

4Kチューナー内蔵の4Kテレビは東芝からも発売済み!

すでに東芝から発売済みの4Kチューナー内蔵の4Kテレビは以下の3機種です(*それぞれに異なるインチサイズのものがあります)。

(標準設置料込_Aエリアのみ)【各種クーポンあり。数上限ございます】55X920 東芝 55V型 有機ELパネル 地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵テレビ (別売USB HDD録画対応)REGZA

(標準設置料込_Aエリアのみ)49Z720X 東芝 49V型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ (別売USB HDD録画対応)REGZA

(標準設置料込_Aエリアのみ)【各種クーポンあり。数上限ございます】55BM620X 東芝 55V型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ (別売USB HDD録画対応)REGZA

この中で55M520Xは、最安価格では10万円(税込)以下で販売している店舗もあり、売れ筋ランキングでも上位にランクインしています。実は倍速機能が省略されているなど、4Kテレビとしては価格重視の設計となっています。より高い画質や、東芝得意のタイムマシン機能などが欲しい場合は他のシリーズにのものを選んだ方が良いでしょう。

スポンサーリンク

4Kチューナー内臓の4Kテレビがおすすめ!

現時点(2018年10月22日時点)では、東芝と三菱電機から4Kチューナー内臓の4Kテレビが発売されています。チューナー内蔵の魅力は、何と言っても外付けのチューナーを接続しないで済むことです。テレビの周囲にチューナーの設置場所を作り、配線をつなぐのは案外面倒なものです。その必要がないということは大きなメリットでしょう。

今後さらに他のメーカーからも4Kチューナー内蔵モデルが発売されると思いますので、これから4Kテレビを買うのであれば内蔵モデルがおすすめです。すでに4Kチューナーが内蔵されていない4Kテレビの場合は、外付けのチューナーを接続すれば4K放送が視聴できるようになると思いますが、チューナーとの適合性などは事前によく確認しましょう。

まとめ

4Kチューナー内臓の4Kテレビが三菱電機から発売されました。すでに発売されている東芝のチューナー内蔵のモデルに加えて選択肢が増え、嬉しいですね。

4Kテレビと8Kテレビに関することは、こちらの記事「4Kテレビと8Kテレビのまとめ」をご覧ください。

スポンサーリンク

-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

反射型液晶はJDIが用途を広げて行く!原理と消費電力は?

最近は有機ELのテレビやスマホが普及し始めているが、大多数の高精細・フルカラーディスプレイは液晶です。これらには透過型液晶が使われており、非常に美しい高画質な画像を表示することができます。これらとは異 …

TFT液晶のアクティブマトリックスとは?TFT種類は?

液晶ディスプレイがテレビやパソコン、スマホに広く利用されています。それらの液晶の種類としては、IPS、VA、TNなどの用語を聞くことが多いですが、TFT液晶という用語を聞くこともあります。TFT液晶と …

液晶の色域はLEDの蛍光体で広げる!KSFとは?YAGとは?

4K/8K放送が始まり、高精細・広色域・HDRの映像が放送波によって送られててくるようになりました。広色域とは、表示できる色数が多いこと。つまり、広色域対応のディスプレイならば、色鮮やかな映像が楽しめ …

8Kテレビの価格と買い時は?チューナーは?

2018年12月からいよいよ4K・8K放送が始まります。8K放送は、特に「スーパーハイビジョン放送」と呼ばれ、2Dのテレビとしては「究極の画像表示」ができると言われています。これは以下で解説するように …

量子ドットディスプレイや有機ELにはバリアフィルムが必要

製品レベルでの最先端のディスプレイと言えば、量子ドットディスプレイと折り曲げ可能なフレキシブル有機ELでしょう。これらに用いられている量子ドットおよび有機EL発光材料は、水分や酸素に弱く、バリアフィル …