幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

ライフ

窓の結露対策はプチプチがおすすめ?賃貸アパートでやってみた!

投稿日:

気温が下がってくると、窓に結露が生じます。特に真冬になると気温が氷点下になることもありますし、部屋の中は暖房をしますので、温度差がかなりあり、結露も増えます。多量の結露はカビの原因となり、衛生上の問題があるだけでなく、建物を痛める原因となります。窓の結露対策について紹介します。

スポンサーリンク

窓の結露対策はプチプチがおすすめ?賃貸アパートでやってみた!

私は賃貸アパートに住んでいますが、毎年結露に悩まされてきました。建物の構造上、窓の断熱性が低いことが原因です。賃貸アパートですのでリフォームすることはできず、許される範囲の方法で窓の結露防止を試行錯誤してきました。数年前にできるだけ安い費用でできる方法として試してみたのが、窓のプチプチ(エアーキャップ)を貼る方法です。プチプチも結露防止用の粘着剤などが付いた割高なものではなく、梱包用のロールで買って、ハサミで自分で切って、テープで貼りました。

この方法は非常に費用が安い割に、断熱効果が高く、かなり結露防止効果があります。さらに部屋の断熱性を高めてくれるので、暖房費の節約にも役立ちます。プチプチを窓に取り付けてすぐに気がつくデメリットとしては、窓越しに外がよく見えなくなることです。もともとすりガラスの窓ならば良いのですが、透明で向こう側がよく見える窓ならばさすがにすべてをプチプチで覆ってしまうのは抵抗がありました。そのため下半分だけにプチプチを貼り、厚手のカーテンを付けました。下半分だけでもプチプチを貼ることで断熱性は向上しますので、それなりの効果はあります。

気温が下がり始める頃に窓にプチプチを貼って、暖房が不要になる時期まで使い続けてみると、いくつかのデメリットがあることに気が付きました。窓の結露の量は大幅に減りますが、完全に無くなるわけではないので、プチプチの窓側の面が結露で濡れてカビが生えやすいことがまず問題です。カビが増えてくるとかなり汚く見えますし、衛生上も問題があります。

また窓越しに紫外線に当たり続けることで、プチプチが劣化し、もろくなります。取り外そうとしてもボロボロになって、部分的に窓に貼り付いて残り、除去するのにかなり手間がかかりました。ボロボロに砕け散った破片も窓周辺に散らばります。使用したテープによっては粘着剤が窓や窓枠に残り、これを除去するのが非常に大変でした。

以上をまとめますと次のようになります。

・窓の結露対策でプチプチを貼る方法は、安い費用で比較的高い効果が得られます。
・プチプチは紫外線で劣化してもろくなるため、1シーズン程度使用するとぼろぼろになってしまい(*紫外線の当たり方などによります)、片付けが大変です。また使用した粘着剤の種類によっては、粘着剤が窓や窓枠に残ってしまい、除去が大変です。

したがって、実際に家中の窓にプチプチを貼り付けたことがある体験者としては、現在はあまりおすすめしません。以下のようにもっと良い方法があると考えられるからです。

窓の結露対策は二重窓がベスト

窓の結露防止としては、二重窓にする方法や複層ガラスの窓に交換する方法がベストでしょう。しかし、賃貸アパートの場合は、本格的なリフォームができない場合がほとんどです。建物に傷をつけずに、後で簡単取り外せる程度のものでないと認めてもらえないでしょう。そのため賃貸アパートでは二重窓は無理と思っていたのですが、実は調べてみるとDIYで簡単に内窓を取り付けられるキットが販売されていることが分かりました。例えば以下のバナーのような商品があります。

これであれば簡易ながらも内窓を取り付けて二重窓にすることができますので、窓の結露対策としては理想的です。窓部分は中空ポリカーボネートなどでできており、耐久性がありながらも、ガラスのように割れることなく、カッターなどでサイズを調整することができます。DIYで自分で組み立て・取り付け作業をしなければなりませんが、その分安く窓を取り付けられます。


スポンサーリンク

窓の結露対策で二重窓が無理な場合は?

窓の構造上、内窓が取り付けられないような場合もあります。例えば、1階の縁側や2階のベランダに出るところのアルミサッシなどの場合、高さ方向が大きすぎるため、前述の内窓は強度上の問題があり、使用できません。このような場合は、DIYキットの窓部の部材である中空ポリカーボネートの板を、窓の大きさに合わせてカットし、両面テープで貼り付ける方法がおすすめです。プチプチに比べると格段に強度が高く、取扱が楽です。

この中空ポリカーボネートの板を貼る時には、粘着剤が残りにくいタイプの両面テープなどを使うと良いでしょう。

まとめ

賃貸アパートでもできる窓の結露対策について紹介しました。ある程度費用がかかっても、暖房代が節約できますので、実質的にはかなり安いです。2シーズン以上使えば、むしろ得でしょう。せっかくならば内窓タイプがおすすめです。

スポンサーリンク

-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パソコンで腱鞘炎になる原因と対策は?早く治したい!

パソコンをほぼ毎日長時間使用していると、手首が腱鞘炎になってしまうことがあります。私も腱鞘炎になったことがありますが、これが結構辛いです。腱鞘炎を早く治すためにも、腱鞘炎にならないようにするためにも、 …

家が狭いし片付かないというストレスを解決する方法

日本は土地が狭く、住宅にかかる費用が高いです。賃貸にしても持ち家にしても、本当に満足できる広々として家に住める人がどれだけいるのでしょうか?多くの人が狭い住宅で、ストレスを感じながら生活しているようで …

胃カメラと大腸内視鏡検査は同時にできるの?辛い?

胃カメラと大腸内視鏡検査を受けたことがありますか?今までこれらの検査を受けたことが無く、初めて検査を受けるとなったらほとんどの人が緊張するでしょう。どちらか一方だけでも大変そうなのに、胃カメラと大腸内 …

台風で窓ガラスが割れる?対策が必要?被害を少なくするには?

地球温暖化の影響なのかは不明ですが、日本に強い勢力の台風が来襲することが多くなっています。台風がもたらす多量の雨も脅威ですが、強烈な風は恐怖です。実際、台風の直撃を受けた場所では強い風による想像を超え …

会社で我慢して働き続けるべきでしょうか?辞める決断は?

毎日満員の電車に乗って通勤している多くの会社員の中にも、おそらく「会社を辞めたい」と思っている人がいるでしょう。しかし、会社を辞めた後のことが不安で心配で、ひたすら我慢して働き続けている人も少なくない …