幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

液晶

8Kテレビの価格と買い時は?チューナーは?

投稿日:2018年10月11日 更新日:

2018年12月からいよいよ4K・8K放送が始まります。8K放送は、特に「スーパーハイビジョン放送」と呼ばれ、2Dのテレビとしては「究極の画像表示」ができると言われています。これは以下で解説するように、人間が視聴する高画質テレビとしては頂点の画質と考えられるからです。8Kテレビの特徴や価格、買い時などについて紹介します。

スポンサーリンク

注目!!
▼その他の4Kテレビと8Kテレビの情報についてはこちら▼
4Kテレビと8Kテレビのまとめ!有機ELと液晶のどっちが良い?

8Kテレビは究極のテレビ?

8Kテレビは、解像度が縦7,680×横4,320=33,177,600(約3,300万画素)です。最近売れている4Kテレビの解像度が解像度 縦3,840×横2,160=8,294,400(約800万画素)、フルハイビジョンが縦1,920×横1,080=2,073,600(約200万画素)であり、それぞれの縦の画素数から8K、4K、2Kと呼ばれています。

表示される画像がリアルで、臨場感を感じさせるためには、画素の粗さが感じられないレベルの緻密な画素密度が必要です。例えば最新のiPhoneで撮影した写真をその画面で見ると、かなり近くで見ても画素の粗さは感じられないでしょう。それは400ppiを超える極めて高い画素密度だからです(*画面に表示する写真の画素数が高いことも必要です)。

家電量販店で65インチの4Kテレビを画面に近づいて見てみると、画素の粗さが感じられると思います。43インチ以上のフルハイビジョンテレビでも同様です。8Kテレビは前述のように、4Kテレビの4倍、フルハイビジョンテレビの16倍の画素数がありますので、70インチ程度のテレビならばかなり近づいて見ても画素が感じられません。(表示するものにもよりますが)実物大の大きさで表示すると、まるで実物がそこにあるかのようなリアリティがあります。

iPhoneの画質がどんなに優れていても、さすがにそこに風景を表示して本物のようには見えません。それは単純なことですが、画面が小さいからです。例えば8Kテレビに窓の向こうの風景を表示して、それをその風景が見えるような位置に置けば、まるでそこに窓があるように見えるほどのリアリティがあります。そのために重要なことは画面の大きさで、見る位置から画面の枠が気にならない程度の大きさがあるのがベストです。まるで画面に吸い込まれるような没入感(臨場感)が出てきます。

人間の視野は水平方向に広く、100度とされています。画面の高さの0.75倍の距離から画面を見た時に水平方向の画面の広がりが100度となるように設計されており、さらにその距離で視力1.0の人が見た時に画面の粗さが感じられないレベルの画素密度になっています。これ以上画素を増やしても臨場感が変わらないことから、「究極のテレビ」と考えられています。

この他にもスーパーハイビジョンの信号としては、色域が広い(表示できる色数が多い)、ダイナミックレンジが広い、フレームレートが速い、5.1チャンネルサラウンドなど、優れた特性がありますが、ここでは割愛します。

8Kテレビの価格と買い時は?

世界初の8Kテレビは、シャープから2017年12月から発売されました。機種名はAQUOS LC-70X500 [70インチ]です。当初は店頭価格が100万円前後でしたが、その後、徐々に価格が下がり、2018年10月時点で最安価格が約663,000円です(*価格.comより)。現在(2018年10月)発売されている8Kテレビはこの機種のみですので、今すぐ買うならば他に選択肢はありません。

シャープはスーパーハイビジョン(8K)放送の開始に向けて、60インチの8Kテレビの発売を計画しているようです。実売価格は50万円程度を目指しているとのことです。

テレビの価格は、これまでもほぼ例外なく、発売後に時間とともに下がっていきます。その価格下落速度も速いので、60インチの8Kテレビが50万円未満で買える日も近いでしょう。すこしで安く買いたいならば、できるだけ待ってから買った方が良いでしょう。

スポンサーリンク

8Kテレビを買う時の注意点

シャープが発売している8Kテレビには、現時点では8Kチューナーが内蔵されていません。スーパーハイビジョン(8K)放送を視聴するためには8Kチューナーが必要で、別途購入する必要があります。シャープから8Kチューナーは発表されていますが、価格はまだ発表されていません(*2018年10月時点)。つまり、8Kテレビとしては、この8Kチューナー分は価格が上乗せされると考えた方が良いでしょう。

もう一つおすすめしたいのは、4Kテレビとの画質の比較です。シャープには80インチのAQUOS LC-80XU30 4K NEXTという「4Kテレビ」があります。このテレビの画像がかなり綺麗なんです。

この機種は、「超解像・8Kアップコンバート」回路により、4K映像やフルハイビジョン放送を8K映像情報に解像度変換することができます。明らかに前述の8Kテレビよりも優れている点は動画機能です。4Kテレビでもフレームレートが60Hzでは遅く、倍速駆動が欲しいところですが、残念ながら8Kテレビは倍速駆動がありません。この機種では、「倍速技術で補間した毎秒120コマの映像と、LEDバックライトの点滅を連動させて動画の応答性能を高める技術」が搭載されています。

この機種は8Kの信号を入力することはできません。基本的に地デジのフルハイビジョンか、4Kチューナーをつなぐことになります。地デジの信号を入力し、アップコンバートした映像を見比べてみると、8Kテレビよりもこちらの4K NEXTの方が個人的には美しい画像のように感じました。4K入力での比較は確認していません。8Kテレビの購入を検討する際には、家電量販店で比較してみることをおすすめします。

まとめ

8Kテレビの価格や買い時、8Kチューナーなどの注意点について紹介しました。本格的に高画質な映像が楽しめる時代になってきました。

▼その他の4Kテレビと8Kテレビの情報についてはこちら▼
4Kテレビと8Kテレビのまとめ!有機ELと液晶のどっちが良い?

スポンサーリンク

-液晶
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゲーミングモニターの高画質と応答速度のために最新技術を投入

先日、インターネットでモニターの製品と価格を調べていたら、通常のモニターに比べて1桁程度高額なモニターがあることに気が付きました。ゲーミングモニターと呼ばれるタイプのモニターです。現在、世界的にもeス …

液晶テレビの価格は急速に下がっている!倍速駆動あり・なし

最近は有機ELテレビの価格がかなり下がってきて、売れ行きが伸び始めています。55インチの有機ELテレビでも20万円を切るものがありますので、ここまで下がれば有機ELテレビを選ぶ人も増えるのは理解できま …

量子ドットディスプレイや有機ELにはバリアフィルムが必要

製品レベルでの最先端のディスプレイと言えば、量子ドットディスプレイと折り曲げ可能なフレキシブル有機ELでしょう。これらに用いられている量子ドットおよび有機EL発光材料は、水分や酸素に弱く、バリアフィル …

日本の液晶と有機ELディスプレイ産業は衰退!材料メーカーの将来は?

日本で生まれ、大きく成長した液晶ディスプレイ産業は、韓国勢との戦いに破れ、衰退しました。現在成長しつつある有機ELディスプレイ産業については、日本勢は主導権を握ることもできていません。また韓国勢にして …

液晶を買うならIPSとVAとTNを知っておこう!画質に違いあり!

液晶ディスプレイは、テレビやパソコン、スマホ、タブレット、カーナビなど、多くの機器に搭載されています。薄型・軽量・低消費電力・低価格という優れた特性により、現在のIT全盛の時代には無くてはならないディ …