幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

Apple Watch

Apple Watch 4と3のどっちを選ぶべき?買い時か?

投稿日:2018年10月10日 更新日:

Apple Watchは登場してから毎年バージョンアップし、2018年にはApple Watch Series 4が登場しました。Series 3も完成度が高く、値下げして併売しています。最新のApple Watch 4を選ぶべきか、それともApple Watch 3を選ぶべきか迷いますね。以下に紹介します。

スポンサーリンク

Apple Watch 4と3のどっちを選ぶべき?

2017年に登場したApple Watch 3は、これまでのGPSモデルの他にGPS+Cellularモデルが加わったことが話題になりました。Apple WatchはiPhoneとペアで使うものですが、GPS+CellularモデルではApple Watchのみで通話できるなど、できることが増えました。これはジョギングやマラソンをする人には嬉しい機能向上です。もちろんGPSモデルでもジョギングやマラソンの時に使えますので、問題ありません。

Apple Watch 4は、以下で述べるように多くの点で性能・機能が向上しています。価格は、Apple Watch 4 GPSモデルが45,800円(税別)〜、GPS + Cellularモデルが56,800円(税別)〜。Apple Watch 3は値下げされて、GPSモデルが31,800円(税別)〜、GPS + Cellularモデルが42,800円(税別)〜。Apple Watch 3 GPSモデルを実際に使ってみて、機能的に特に不満は無いので、あえて価格の高いApple Watch 4を選ぶのが良いのでしょうか?

Apple Watch 4と3の違いを理解し、納得していずれかを選びたいですね。

Apple Watch 4と3の違いは?

Apple Watch 4ではプロセッサが64ビットデュアルコアS4プロセッサとなり、最大2倍高速になりました。しかし、Apple Watch 3でも処理速度が遅くてイライラすることはなかったので、もしかして使っていてそれほど差を感じないかもしれません。また防水機能は同じです。

やはり一番の違いは、有機ELディスプレイが大きくなったことでしょう。Apple Watch 3と並べてみれば、一目で画面が大きくなったのがよく分かります。サイズは2種類あり、Apple Watch 3では42 mmケース(表示領域740平方ミリメートル)と38 mmケース(同563平方ミリメートル)でしたが、Apple Watch 4では44 mmケース(同977平方ミリメートル)と40 mmケース(同759平方ミリメートル)となりました。表示領域では約30%広くなりました。スマートウォッチなので、画面に複数の情報が表示されますし、画面の一部を指でタッチして操作しますので、表示領域の拡大は使いやすさに大きく貢献するでしょう。

Apple Watchは有機ELディスプレイに表示している文字盤を変更できるのが魅力の一つです。Apple Watch 4の登場とともに、Apple Watch 3にも新しい文字盤が追加されたのですが、Apple Watch 4専用の文字盤があり、そのデザインが魅力的です。

米国のApple本社でのプレゼンテーションで、Apple Watch 4のみの新しい機能として大きくアピールされたのが心電図計測機能です。これはスマートウォッチとしては世界初の機能で、Appleの技術力の高さを印象付けました。しかし、心電図計測機能を持つ機器として販売すると医療機器という扱いになり、ほとんどの国で承認が必要となります。現段階では米国のみで承認が得られているとのことで、残念ながら日本では心電図機能が使えません。最大の目玉となる機能が使えないなんてショックです。

その他、転倒検出、トランシーバー、スピーカーの音量アップ、マイクの音質改善、デジタルクラウンの感触改良、最大8つのコンプリケーションを表示・設定可能など、いろいろな部分が改良され、完成度が高くなっています。

スポンサーリンク

Apple Watch 4と3を選ぶ時のポイント

すべての点において、Apple Watch 3よりもApple Watch 4の方が優れていますので、価格差が気にならない方にはApple Watch 4をおすすめします。

すでにApple Watch 3を使っていたり、Apple Watch 3でも十分ならば価格的に安い方にしたいという方には、Apple Watch 3をおすすめします。実際、私はApple Watch 3を使っているのですが、Apple Watch 4の機能面で一番魅力を感じたのは心電図機能でした。しかし、日本では心電図機能が承認が得られていないために使えないとのことでしたので、一気に買い替えたいという気持ちがしぼみました。確かに文字盤が大きくなった点などは魅力的なのですが、新たに45,800円(税別)以上のお金を払ってまで買い替えたいかというとちょっと抵抗がありました。ちなみに心電図機能が使えればすぐに買い替えました。

Apple Watchを使っていなくて、初めて購入するならば、私はApple Watch 4を選びます。スマートウォッチとして完成度が高い上に、純粋に時計として洗練されてきていますので、ファッション性まで考えれば魅力があります。

まとめ

Apple Watch 4と3のどっちを選ぶべきかは、結論としては自分の好みで選べば良いのですが、せっかくならばその違いを理解した上で好みと価格から総合的に判断しましょう。

Apple Watchについてはこちらの記事「Apple Watchのまとめ」をご覧ください。

スポンサーリンク

-Apple Watch
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Apple Watchでできることは?GPSモデルでレビュー!

ウェアラブルデバイスとして複数のメーカーからいくつかのものが登場しましたが、Apple Watchがダントツで売れています。Apple Watchは登場以来、毎年バージョンアップし、2018年でApp …

Apple Watchのアラームを設定して振動だけにするには?

Apple Watchは多機能なスマートウォッチで、いろいろな使い方ができます。基本的な機能であるアラームももちろん付いています。これを目覚ましとして使えば、出張や旅行で外泊した時などは便利ですし、普 …

Apple Watchの防水性能は?雨やお風呂で大丈夫?

Apple Watchは美しい有機ELの文字盤があります。特に帰宅時の暗い夜道などで文字盤を見ると、発光する有機ELが鮮やかです。しかし、これはよく考えると電気を使って有機ELディスプレイを発光させて …

Apple Watch 4のLTPOとは?メリットは?スマホへも搭載?

Appleは、2018年発売のApple Watch Series 4にLTPOと名付けた最新のバックプレーンを搭載し、注目を集めました。Apple Watch Series 4のLTPO OLED …

Apple Watchのワークアウトで経路が記録できる!

Apple Watchは、健康のためにウォーキングやジョギング、ランニングをする人にとって、本当に便利なアイテムです。またワークアウトの経路が記録できる機能を使って、初めて行った場所を地図上で確認した …