幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

イベント

入間基地航空祭のアクセスについて知っておくべきこと

投稿日:

航空自衛隊の入間基地で、毎年11月3日の文化の日に開催される入間基地航空祭。普段は立ち入ることのできない航空自衛隊の基地の中に入ることができ、ブルーインパルスのアクロバット飛行や陸上自衛隊の空挺降下、多くの航空自衛隊の航空機の展示などがある人気のイベントです。非常に混雑しますので、アクセスについて知っておいた方が良いことを紹介します。

スポンサーリンク

入間基地航空祭のアクセスについて知っておくべきこと

航空自衛隊の入間基地は埼玉県狭山市と入間市にまたがって位置しており(主に狭山市内に滑走路などがあります)、都心からも電車で1時間以内でアクセスできる便利な場所にあります。航空自衛隊の基地は、国内に複数あるのですが、都心からこれほど近く、ブルーインパルスのアクロバット飛行などが見られる航空祭は他には無いため、非常に人気があります。2011年〜2017年の航空祭では、13万人〜32万人もの人々が入場しています。

埼玉県狭山市の人口が約15万人ですので、航空祭の日にこれだけの人が狭山市内の比較的人口密度のエリアに集まるとかなりの混雑状況となります。つまり、普段はそれほど人が居ないエリアですので、駅の乗降客数も少なく、その人数に適した施設だからです。そのため、入間基地航空祭にアクセスする場合は、以下の点を知っておいた方が良いでしょう。

1.ほとんどの人が電車でアクセスする

2.基地周辺に来場者用の駐車場は無い

3.バスツアーを利用する人が多少いる

さらに詳しく以下で説明します。

入間基地航空祭のアクセスで電車の場合

航空自衛隊入間基地の公式サイトのアクセスのページを見ると、アクセスマップが出ています。しかし、この地図では縮尺がよくわからず、また基地が広大な面積がありますので、周囲にある4つの鉄道の駅のどこからも歩いてすぐにアクセスできるように誤解する方もいるかもしれません。基地内には、基地のどの方向からも入場できるわけではなく、最寄り駅は西武池袋線の稲荷山公園駅になります。西武池袋線の入間市駅や西武新宿線の狭山市駅からはかなり距離があり、入場ゲートまで徒歩で25分程度かかります。ちなみに西武新宿線の入曽駅からは遠すぎて、徒歩でアクセスする人はまずいません。

そのため開門時間付近は、稲荷山公園駅は大混雑になります。稲荷山公園駅は普段はそれほど乗降客が多くなく、航空祭の日には臨時改札が設けられることがあります。池袋方面から稲荷山公園駅に到着して降りると、時間帯によっては線路を挟んで滑走路と反対側方向へ出ることになります。踏切周辺も大混雑で、臨時の電車も増発されますので、この踏切を渡るために長時間待たされることが多いです。混雑状況がひどい時は、一旦、入間市駅まで行って降り、再度、電車に乗って稲荷山公園駅に到着すると、踏切を挟んで滑走路側に出ることができますので、その方が早い場合もあります(*電車賃は折り返し分を支払う必要があります)。

滑走路の最前列で良い写真を撮りたい気合の入った方々は7時台から門の前で並んでいることが多く、会場とともに殺到します。必ずしも最前列で写真を撮ることが目的でなければ、滑走路周辺は広く、また航空機は上空を飛ぶので、後方のエリアでも案外良く見えます。そのような場合は、開門後30分程度以降であれば、入場ゲート付近の混雑も緩和されているのでおすすめです。

狭山市駅から歩く人もかなり多いようです。時間帯によっては狭山市駅に近いゲートが開くので、アクセスしやすくなります。狭山市駅から稲荷山公園駅への路線バスもあるのですが、基地周辺の道路が1車線で狭いため、開門時間付近はバスも渋滞に巻き込まれてしまい、場合によっては歩いた方が速いかもしれません。実際、満員のバスの中で渋滞にハマると案外つらいですで、歩いた方が楽に感じる人もいるでしょう。帰りは、狭山市駅に近いゲートが開いているので、狭山市駅まで歩くのは楽になります。


スポンサーリンク

入間基地航空祭のアクセスで車の場合

基地周辺に来場者用の駐車場はありませんので、基本的には車でアクセスすることはおすすめしません。どうしても車で近くまで行きたい場合は、最寄り駅の稲荷山公園駅や狭山市駅から一駅以上離れた駅周辺の駐車場に車を駐め、電車でアクセスする方法となるでしょう。タクシーでアクセスする方法も考えられますで、入場ゲートから1km程度以内の周囲は渋滞になりますので、あまり近くまでタクシーで行くことはおすすめしません。またタクシーもつかまらない可能性もあります。

入間基地航空祭のアクセスでバスツアーの場合

都内や横浜などのいくつかの場所から、入間基地航空祭のバスツアーが毎年催行されています。出発場所まで比較的簡単にアクセスできるようであれば、このツアーを利用するのも便利でしょう。電車賃よりもツアーの参加費の方が高くなりますが、行き帰りの車内では必ず座れます。しかし、前述のように、入間基地の入場ゲート周辺はかなり混雑しますので、バスは1km程度離れたところに駐車し、そこから歩いて基地へ向かうことになります。またスケジュール的に開門後、ある程度経った頃に到着し、航空祭のプログラムがすべて終了するよりは少し前に会場を出ることになるツアーがほとんどのようです。

ツアーのため申込みが最小催行人数に達しなかった場合は催行されないこともありますのでご注意ください。

まとめ

入間基地航空祭のアクセスについて知っておいた方が良いことについて紹介しました。ブルーインパルスのアクロバット飛行など、一度は見ておきたい展示がありますので、おすすめです。

スポンサーリンク

-イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした