健康寿命の伸ばし方は?病気を悪化させないための基本は?

健康

内閣府の調査によると、長年(1978~2012年)、日本の自殺原因のトップは「健康問題」で、2位が「経済・生活問題」です。もちろんこれらは主原因であり、これらが複合された場合はより厳しい問題となります。病気が原因で失業したりするなどの状況に追い込まれると、本当に大変です。

人間の欲望には際限がありませんが、「幸せな人生」を送るために大切なものを突き詰めて考えて行くと、「健康とある程度の生活ができる程度のお金」ということになります。「なんて月並みな結論なんだ!」と言われそうですが、本当に大切なものとはシンプルなものでしょう。

今、「健康とある程度の生活ができる程度のお金」を得られている人は、そのことに感謝すべきですし、「幸せな人生」を送るためにはこれからも失わないように努力すべきです。特に健康な人は、健康であることを当たり前に思っている(あるいは何とも思っていない)ことが多く、不摂生なこと・身体に悪いことをして、もっとも大切な財産を失いかねないような危機にあることがあります。

「失ってから気が付く、健康の有り難さ」という展開にならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?ただ長生きするということではなく、健康でいられる寿命、すなわち「健康寿命」を伸ばすにはどうしたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

注目!
▼▼糖質制限ダイエットと筋トレ・プロテインについてはこちら▼▼
糖質制限ダイエットと筋トレ・プロテインのまとめ

定期的に健康診断を受ける

現代の日本では、学生の時から会社に在職中まで、定期的な健康診断が義務付けられていますので、ほとんどの人は定期的な健康診断を受けています。

一回だけの健康診断では分かりにくいこと、特に重大な病気になる前の「兆候」は、ある期間のデータの変化を見ないと発見し難いケースがほとんどです。生活習慣病は、その名のごとく生活習慣から改善していけば、重大な病気になる前に防げる確率が高くなります。

偏食、運動不足、喫煙、ストレスばかりの日々を送り、高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満となり、ある日突然、心筋梗塞あるいは脳梗塞となり、命を失ったり、場合によっては半身不随になるなどの悲劇に見舞われると、本人はもちろんのこと家族も大変な思いをすることになります。

そんな関連性が明らかなのに、定期的に健康診断を受けず、また受けても診断結果を注意深く見ないようでは本当にもったいないですね。

女性の場合は、有名人が乳がんになったことを公表したこともあり、最近は乳がん検診などの受信者が増えているようです。

定期健康診断は大切です。必ず受けるようにしましょう。

関連記事:内視鏡のまとめ!胃カメラ・大腸検査!医療費削減など!

身体の異常を感じたら医師の診察を受ける

身体の異常を感じたら医師の診察を受けましょう。これも言葉で書くと「当たり前だ!」と言われてしまいそうなのですが、日頃自分の身体を観察していて、これまでに体験したことが無いような異変を感じたら、医師に診てもらうことが大切です。忙しかったり、人によってはお金を節約して診察を受けなかったりする人も少なくありません。取り返しのつかないことになる前に診察を受けましょう。

また多くの人が何らかの持病を抱えています。自分の身体を知り、医師に相談し、持病への対処方法を習得しておけば、ある程度体調をコントロールできるでしょう。


スポンサーリンク

栄養・休養・適度な運動

いろいろな健康法を参考にし、あれもこれも気を付けようとすると注意すべきことが多くなり過ぎて、通常は長続きしません。実行するには、できるだけシンプルにした方が成功する可能性が高くなります。突き詰めると「栄養・休養・適度な運動」ということに集約できると思います。一般的に言われている長寿の秘訣と同じです。

仕事が忙しいと、休養が十分に取れなかったり、運動する時間が確保できなかったりします。そんな時でも、できるだけ3つの内の2つをしっかり実行することで、短期的には乗り切れることが多いようです。しかし、長期となると3つ必要です。

幸せな人生を送るために、これらを習慣化しましょう。

まとめ

長年にわたる多くの人の努力で医療技術・公衆衛生・食生活が改善・進歩し、日本人の寿命は大きく伸びました。そして病気を早期に発見し、治療する方法も色々と確立されてきています。それらを活用することで、健康寿命を伸ばすことができます。

▼▼糖質制限ダイエットと筋トレ・プロテインについてはこちら▼▼
糖質制限ダイエットと筋トレ・プロテインのまとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました