幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

リストラ

スポーツ選手だけではなく第二の人生を誰もが考える時代になった!

投稿日:2016年11月19日 更新日:

「第二の人生」と聞くとどのようなイメージを思い浮かべますか?

現代は誰もが「第二の人生」を考えなくてはならない時代になってしまいました。幸せな人生を送るために、是非、一度考えてみて欲しいです。

スポンサーリンク

プロスポーツ選手の第二の人生

「第二の人生」という言葉をよく聞きます。一般的には、プロスポーツ選手のように、ある仕事で活躍し、比較的若い年齢で辞めた後、違う仕事に就いて働き始めるようなことを指します。

活躍したプロスポーツ選手のように、何らかの世界でトップクラスの成績を収め、多くの人に知られるようになり、収入もそれなりに高かったりすると、通常は第二の人生をスタートした時に収入が下がり、注目度も低くなるので、辛い思いをすることが多いようです。そのことが高い年棒を稼いだプロスポーツ選手が、引退後に破産するパターンの多さからも分かります。

しかし、「第二の人生」というぐらいですから、これまでの人生とは一区切りつけて、新たな気持ち・覚悟で必死に取り組んで成功した人もいます。最近目立っている人の中では松岡修造氏などはその良い例でしょう。あの熱いパーソナリティが受けて、稀有な存在になっています。

松岡氏の活躍を見ても、かなりの努力をしていることは容易にわかります。あのキャラクターの面白さだけに目を奪われるのではなく、その凄さをよく見るべきでしょう。

なぜなら最近はプロスポーツ選手の宿命だった「第二の人生」を成功させられるかどうかという課題が、一般の人にも重要となっているからです。

サラリーマンの第二の人生

すでに多くの人が知っているように、もはや終身雇用制度は崩壊し始めています。新卒で就職した会社で定年まで働けるという人は少数派でしょう。

そのような状況にもっと前向きに対処しようと考えると、まだ知力・体力がある年齢で「第二の人生」をスタートさせるという方法があります。事情は人それぞれですが、すでにそのような取り組みを始めている人々が本などで紹介されています。

運良く、今働いている会社で出世したとしても、業績不振などの責任を問われて解雇されることもあります。もちろん、出世していなくてもリストラで解雇されることは珍しくありません。

それならば最初から40歳台で「第二の人生」をスタートするつもりで働いて、準備しておいた方が、そのような境遇に追い込まれても対処できるようになるでしょう。

また日本人の平均寿命は延びています。仮に定年まで勤めあげて、退職金をもらって辞められても、年金の受給額も下がり、受給開始年齢は上がり、ほとんどの人はその後の人生は経済的に苦しくなるでしょう。ほとんどの人が再就職する必要に迫られます。定年まで勤め上げて、退職金を受け取れても、悠々自適などということは考え難い状況なのです。


スポンサーリンク

サラリーマンの第二の人生は定年の無い仕事をしたい

サラリーマンが「第二の人生」に踏み出すときは、定年によるものかリストラによるものが発端となることが多いでしょう。働く意思はあっても職を失ってしまった人が少なく無いはずです。それならば、定年という制限の無い状況になれれば不安が無くなるかもしれません。

サラリーマンは、自分の意思で仕事内容を選べないことがほとんどです。第二の人生こそは自分のやりたいこと、打ち込みたいことを仕事にしたいものです。それが何であるかは人それぞれ。自分で探すしかありません。

これまでの人生の経験を活かし、しっかり準備して第二の人生のスタートを切りたいですね。

何をやるにしても、インターネットは強力な武器となる可能性が高いです。まず何をやるかで悩んでいる方は、インターネットを使った活動・スキルアップを始めてみるのも良いでしょう。

常に前向きに取り組みましょう。

まとめ

「第二の人生」を成功させること、人生の総仕上げを行い、幸せな人生にすることができる可能性が高いです。それほど大切なことですので、一度は考えてみて欲しいです。

スポンサーリンク

-リストラ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

化学業界のリストラ・人員削減2019!欧州・米国・日本の状況は?

2019年の前半が終わりましたが、これまでに世界の化学業界でリストラ・人員削減の動きが報道されています。それぞれの企業に個別の事情があると考えられますが、リストラ・人員削減を行わなければならない状況を …

電機・精密機器業界のリストラ・人員削減2019!日本の状況は?

2000年代後半から日本の電機メーカーの苦境が大きく報道されてきました。多くの企業で事業撤退、リストラ、売却などが行われました。業績が回復する企業も現れ、最悪期を脱したような印象を受けますが、現在でも …

相談役や顧問の給与・役割は?成果主義で社員の給与は増える?

スポンサーリンク 日本には従業員が連結で数万人から数十万人もいる大企業が複数あり、そこでは多くのサラリーマンが働いています。基本的には新卒一括採用で、何十年も働き、熾烈な出生争いを勝ち抜いて、役員さ …

ニコンの希望退職制度に想定以上の社員が応募!生き残る企業は?

ニコンの希望退職制度に想定を上回る応募があったことが報道されています。当初は1000人程度の応募を想定していたそうですが、応募者は1143人に達したとのこと。 希望退職制度に応募する方が得なのでしょう …

自動車およびその部品業界のリストラ・人員削減は?2019!

日本国内の新車の販売台数は頭打ちとなり、今後の人口減少とともに販売台数も減少していくと予想されます。世界の自動車の販売台数はまだ伸びていますが、自動車メーカー間の競争は激しく、淘汰が予想されます。自動 …