幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

日記

クリスマスプレゼントに財布を自分でデザインしよう!

投稿日:2016年11月16日 更新日:

pak87_mchikari20141220142335_tp_v

恋人同士でラブラブのクリスマス。

寒い冬の夜に、腕を絡めながら、寄り添って歩き、おしゃれなレストランへ。

二人でゆっくりおいしい料理を食べながらクリスマスを楽しむ。

そんな絵にかいたような理想的なクリスマスを過ごしたいと思いながら、彼女のいない学生時代を過ごし、お見合いで結婚した私は、永遠に恋人同士のラブラブなクリスマスが憧れになってしまいました。

それだけにクリスマスの季節になると妄想にふけってしまいます。

もし、ラブラブなクリスマスを過ごせそうならば、本当に羨ましいです。せっかくのクリスマスが盛り上がるようにプレゼントの準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントにオリジナルの財布をデザインする

二人で盛り上がれそうなクリスマスプレゼントには何が良いでしょうか?

基本は普段使えるもの。贈った人も、相手が使ってくれればうれしいですし、受け取った側も嬉しいです。

さらに「相手のために準備していた感」が伝わるとより盛り上がるでしょう。一つのアイデアは、相手の名前を入れたものをギフトとして贈ること。

名前が入っているだけで、オリジナル感が演出できますし、一手間かけて準備しておいたことも伝わります。

定番のクリスマスプレゼントは「革財布」。せっかくならば、オリジナルの財布をデザインしてしまうというのは如何でしょうか?

オリジナルの革財布を自分でデザインできる

実は、オリジナルの革財布を自分でデザインできるサービスがあるんです。

デザインというと難しく感じるかもしれませんが、ベースのデザインの各部分の色を指定するだけでオリジナルの財布が簡単にデザインできます。



これは「革製品のカスタムデザインJOGGO」のサービスです。

本革の色数は13色あり、それを上の写真のように各部分ごとに配色していけば、ものすごい数の組み合わせがあります。
もちろん、名入れもできますので、世界で一つの贈り物が簡単に作れます。




スポンサーリンク

自分で革財布をデザインしてペアで揃える

さらに究極のクリスマスプレゼントにするためのアイデアは、ペアで揃えること。

場合によっては、二人で一緒にサイトを見ながらデザインしても楽しいかもしれません!

joggo_pair

財布は、長財布、ラウンドファスナー長財布、二つ折り財布などいくつかの種類がありますし、iPhoneケースなど、財布以外のアクセサリーもあります。

二人だけのオリジナルをデザインして、一生の思い出にしましょう!

公式サイトはこちら

まとめ

クリスマスを楽しく過ごせれば、きっと一生忘れられない思い出になります。そのためには準備・演出が大切。しっかり準備すれば、感動的なクリスマスになるでしょう。

スポンサーリンク

-日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

追突事故はテクノロジーで防ぐ時代

箱根旅行の帰りに、夕方、御殿場から東京方面に向かって東名高速道路を走行しました。比較的順調に走行していたのですが、海老名SAの少し手前から11kmほど渋滞になっていました。海老名SAから東京方面に少し …

no image

家族で住みたいところに住むために必要なこと

人間とは、何かに心を囚われてしまうものです。「ふるさと」、「ホームタウン」などもその一つですね。 ふるさとへの思い 生まれ育った場所は、その人にとって特別な場所になるようです。ふるさとは必ずしも住みた …

おならの臭いを消臭する簡単な方法はこれだ!これで安心!

人間、誰でも「おなら」をします。これはどんな美人でも同じです。 おならの音は頑張って目立たないようにしても、臭いだけは抑えることができません。 おならの臭い対策について紹介します! スポンサーリンク

no image

インターネットバンキングの使い方!銀行のサービスはもっと改善されるべき

社会人になって、仕事・プライベートでいろいろと銀行を利用するようになって、その不便さに辟易することが増えました。 今ではコンビニのATMが普通になりましたが、10年以上前はほとんど普及して無く、利用で …

野菜の水耕栽培は簡単?コストは?おすすめのキットは?

スポンサーリンク 自分で野菜を育てるのは好きですか?それでも住んでいるマンションや住宅事情によっては、庭がなく、野菜を育てることが難しい人も少なくないでしょう。それでも諦めるのはまだ早いです。技術の …