幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

日記

クリスマスプレゼントに財布を自分でデザインしよう!

投稿日:2016年11月16日 更新日:

pak87_mchikari20141220142335_tp_v

恋人同士でラブラブのクリスマス。

寒い冬の夜に、腕を絡めながら、寄り添って歩き、おしゃれなレストランへ。

二人でゆっくりおいしい料理を食べながらクリスマスを楽しむ。

そんな絵にかいたような理想的なクリスマスを過ごしたいと思いながら、彼女のいない学生時代を過ごし、お見合いで結婚した私は、永遠に恋人同士のラブラブなクリスマスが憧れになってしまいました。

それだけにクリスマスの季節になると妄想にふけってしまいます。

もし、ラブラブなクリスマスを過ごせそうならば、本当に羨ましいです。せっかくのクリスマスが盛り上がるようにプレゼントの準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントにオリジナルの財布をデザインする

二人で盛り上がれそうなクリスマスプレゼントには何が良いでしょうか?

基本は普段使えるもの。贈った人も、相手が使ってくれればうれしいですし、受け取った側も嬉しいです。

さらに「相手のために準備していた感」が伝わるとより盛り上がるでしょう。一つのアイデアは、相手の名前を入れたものをギフトとして贈ること。

名前が入っているだけで、オリジナル感が演出できますし、一手間かけて準備しておいたことも伝わります。

定番のクリスマスプレゼントは「革財布」。せっかくならば、オリジナルの財布をデザインしてしまうというのは如何でしょうか?

オリジナルの革財布を自分でデザインできる

実は、オリジナルの革財布を自分でデザインできるサービスがあるんです。

デザインというと難しく感じるかもしれませんが、ベースのデザインの各部分の色を指定するだけでオリジナルの財布が簡単にデザインできます。



これは「革製品のカスタムデザインJOGGO」のサービスです。

本革の色数は13色あり、それを上の写真のように各部分ごとに配色していけば、ものすごい数の組み合わせがあります。
もちろん、名入れもできますので、世界で一つの贈り物が簡単に作れます。




スポンサーリンク

自分で革財布をデザインしてペアで揃える

さらに究極のクリスマスプレゼントにするためのアイデアは、ペアで揃えること。

場合によっては、二人で一緒にサイトを見ながらデザインしても楽しいかもしれません!

joggo_pair

財布は、長財布、ラウンドファスナー長財布、二つ折り財布などいくつかの種類がありますし、iPhoneケースなど、財布以外のアクセサリーもあります。

二人だけのオリジナルをデザインして、一生の思い出にしましょう!

公式サイトはこちら

まとめ

クリスマスを楽しく過ごせれば、きっと一生忘れられない思い出になります。そのためには準備・演出が大切。しっかり準備すれば、感動的なクリスマスになるでしょう。

スポンサーリンク

-日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

おいしい野菜を食べていますか?

いつもどこで野菜を買って食べていますか?都市部に住む方は、自宅の近くのスーパーなどで野菜を買っている方も多いでしょう。もしかしたら子供や若い方は、物心ついてからこれまで野菜と言えばスーパーで買ったもの …

no image

介護離職者はどれぐらいいるのか?

介護離職する人がどれぐらいいるかご存知ですか? 週刊 東洋経済 2015年 11/21号 [雑誌] 日本の介護離職者は年間10万人と言われています。介護をする人をサポートするために厚生労働省が定めた支 …

no image

フェアトレードで買える本革手帳型iPhone6/6Sケース

日本の産業界では、日々熾烈な競争が繰り広げられています。競争の無い世界では不正・腐敗が広がったり、無駄が蔓延し、生産性・効率が改善されずに放置されることがよくあります。そのため社会の発展には適度な競争 …

ブラック企業と戦うには労働基準法を勉強する

スポンサーリンク 最近はブラック企業での驚くような事例がいろいろと報道されています。 そんな過酷は職場で働くにはどうすれば良いのでしょうか? スポンサーリンク

no image

井上康生、井村雅代に学ぶ最先端のリーダーシップ

先日のリオデジャネイロオリンピックでの日本人柔道選手の活躍は見事でした。2012年のロンドンオリンピックで、日本人男子柔道は史上初めて金メダルゼロに終わりました。その責任を取って前監督である篠原信一氏 …