アイデアの作り方!誰でも成功できるチャンスがある!

ライフ

人間が持つもっとも価値あるものの内の一つが「頭脳」です。近年の150年間で、世の中では極めて多くのモノが発明されました。それらはすべて誰かの頭の中で思いついたモノであることは疑うまでもありません。発明だけを考えても、人間の頭脳が社会に与えた影響はとてつもなく大きいことがわかるでしょう。誰でもアイデア次第で成功できるチャンスがあります!以下に紹介します。

スポンサーリンク

注目!!
▼▼独立・企業についてはこちら▼▼
独立して起業していくための情報まとめ

アイデアの作り方を知っていた方が得!

「アイデアを出す」能力というものがあるとすると、誇張ではなく無限の可能性があることになります。しかし、ノーベル賞受賞者の話を聞いても、素晴らしい研究テーマとの出会いは「偶然」による要素が多分にあることがわかります。2000年にノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏の「セレンディピティ」という言葉にもそのことが表されています。これは研究だけではなく、ビジネスや芸術などあらゆる分野に共通することでしょう。

それでは「アイデアを出す能力」といったものがあるのでしょうか?それとも誰もが偶然によるひらめきを待つしかないのでしょうか?

多くの優れたアイデアに出会い、成功した事例を見る限りにおいては、優れたアイデアを探し続け、努力と失敗を重ねた末に辿り着いたパターンが多いということがわかります。したがって、偶然による要素が大きいとは言え、探し続けなければ出会うことが難しいのは間違いありません。

偶然という要素がある以上、100%確実な方法はありえませんが、少しでも早く優れたアイデアに到達できるようにするための方法が、「アイデアの作り方」と言えるでしょう。そんな方法を知っている方が得です。

アイデアの作り方

ソフトバンクの創業者である孫正義氏は、リスクを取って果敢に行動したことによって日本で1番の富豪になりました。孫氏がまだ学生だった頃に、毎日、必死にアイデアを出す努力を続け、アイデアそのものを生み出す方法も考え、ついには大きな金銭的な価値に結びつくような素晴らしいアイデアを生み出したことはよく知られています。

孫氏は16歳で単身米国に渡り、19歳でカリフォルニア大学バークレー校に入学。苦しい家計を助けたいとの思いから、発明に挑戦します。そして「どんなアイデアでもいいから、必ず毎日一つ発明する」とのノルマを自らに課します。アイデアが出なくて苦しんだ時にも、発想法を生み出し、乗り越えます。そして自動翻訳機を生み出し、特許を取得し、シャープに売って、大きな資金を得ました。

最終的に優れたアイデアに到達し、成功したわけですが、「必ず毎日一つ発明する」努力を続けていくうちにアイデアが出なくなって来たことがありました。その時に困難を乗り越えた方法に非凡な点を感じます。それはアイデアを生み出す発想法を考えたとのことです。

いくつかの方法を試していますが、前述の自動翻訳機に辿り着いた方法が複合連結型発想法というものです。2つの単語帳(辞書でもOKです)を無作為に開き、現れた単語を組みわせて新しいアイデアを考えるという方法です。「掃除」と「ロボット」ならば「お掃除ロボット」などといった具合です。

人間の発明の多くは、従来からあるものの組み合わせです。つまりまったく世の中になかったような概念ではなく、すでに知られているものを組み合わせただけでも十分に価値ある発明ができるわけです。そのことから考えても、この発想方法は合理的と言えます。


スポンサーリンク

いろいろなアイデアの作り方を試してみよう!

前述の孫氏のアイデアの出し方以外にもいろいろな発想法が多くの人から提案されています。まずはそれらを調べ、気に入ったものを試してみると良いでしょう。

まずは無限の可能性を秘めた頭脳を使って、アイデアを出す努力をしましょう!そして発想法にも磨きをかけましょう。きっと人生が変わるようなアイデアに出会えるはずです。

以下の「思考法図鑑 ひらめきを生む問題解決・アイデア発想のアプローチ60」は、気楽にいろいろな思考法が学べる秀逸な1冊です。カラフルで見やすいです。

発明の事例については、例えば以下のような書籍があります。

もちろん自分なりの発想を考案して試してみるのも良いでしょう。

まとめ

人間の脳には無限の可能性があります。脳は使えば使うほど鍛えられ、優れたアイデアを生み出しやすくなります。存分に使ってみましょう!

▼▼独立・企業についてはこちら▼▼
独立して起業していくための情報まとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました