幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

お金

日本は厳しい時代に突入!豊かになるためにはどうすればいい?

投稿日:

最近の日本では、30年前の日本とは異なり、リストラが頻繁に行われ、非正規社員・派遣社員などの有期雇用で働く人が増えています。労働者の平均賃金も下がり続けており、かつては一家の大黒柱であった男性が、会社から受け取る給与で長期間家計を支えることも難しくなっています。そのことが未婚率の上昇、少子化の原因の一つであることは疑う余地もありません。

結婚したい相手がいても、有期の職であったり、リストラされるなどによって収入が安定しない、あるいは十分でない場合は、結婚に踏み切れないケースも少なくないでしょう。日本政府は、本当に少子化の問題を解決することができるのでしょうか?とても少子化の原因を正確に分析し、有効な政策を実行できる力があるとは思えません・・・。

国の経済政策の効果を測る指標としてGDP(国内総生産)が用いられます。個人消費はGDPの6割を占めていますが、平均給与が下がり、人口が減少していく日本では、常識的に考えればGDPも減少していくでしょう。日本は厳しい時代に突入したと考えた方が良さそうです。

どうしたら豊かになれるのでしょうか?

歴史を振り返ると、繁栄した国家は、古くは古代ローマのように、他国を侵略し、多くの奴隷を得て、彼らを働かせて搾取することで、反映してきました。大英帝国にしてもそうでしょう。古い時代ほど少数の限られた権力者が多くの富を独占し、格差が著しかったわけです。しかし、人間は多くの過ちを犯しながらも前進していると思いたいですが、現代の先進国では、強大な権力者が一般市民の人権を蹂躙することは許されないこととなっています。

その代わりに、多くの人はお金に支配されていると言えます。お金が十分に無いために苦労をしますし、人生の多くの時間とエネルギーをお金を稼ぐことに費やされます。それ(仕事)がやりがいのあることであればまだよいのですが、そうとも言えない場合は苦しい人生となるでしょう。

日本がこれからどのようにして成長していけばよいかは、簡単には見出せませんが、生産性を高めなけらば豊かになれないことは間違いないでしょう。ここでは個人レベルで考えてみます。

個人でも生産性を上げて、同じ労力でより多くお金を稼げるようになれば豊かになれるでしょう。その具体的な方法は、自分のスキルをアップさせることがまず思い浮かびます。しかし、競争がグローバルになればなるほど、日本よりも少ない給与水準の国の労働者も多数存在するわけですので、あまり伸びしろがないかもしれません。

スポンサーリンク

前述の奴隷に代わる、「自分の分身を作る」という発想がおススメです。「金持ち父さん貧乏父さん改訂版 [ ロバート・T.キヨサキ ]」的な発想と同じなのですが、一度、自分の分身を作ってしまえば、自分の代わりに稼ぎ続けてくれるようなものを作るということです。

本、音楽、ウェブサイトなどのような著作物は、作った後はそれ以上労力をかけなくても売れていきます(売れ行きが落ちることがありますが・・・)。株式、不動産なども活用すればお金を生み出してくれます。自分自身の時間と労力は限られていますので、それを浪費しなくてもお金を稼げる仕組みが作れれば、少しずつでもステップアップして行けるでしょう。




スポンサーリンク

-お金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自分のビジネスモデルを確立して稼ぐ!

リストラ・雇い止めなどで職を失う方々。自分の人生を納得できるものにするために、自分の力で稼ごうと試行錯誤している方も多いのではないかと思います。 世の中には脱サラして自分の力で稼いで、サラリーマンの時 …

no image

SFPダイニングの株主優待で「鳥良」二子多摩川店に行きました

以前、このブログの記事「桐谷さんみたいに株主優待を活用しよう!」で株主優待の活用について紹介しました。 昨日、SFPダイニングの株主優待を使い、系列店「鳥良」の二子玉川店で食事をしてきました。このお店 …

no image

「経済」の本質を考えてみる

私は理工系ですので、学問としての「経済」を専門家レベルで学んだことはありません。誰でも社会の中で生活していれば、実体としての「経済」と無縁ではないので、「経済」ついて興味を持つ方も少なくないでしょう。 …

株主優待とは 利回りの高い株 おすすめは?桐谷さんみたいになれる?

スポンサーリンク 元プロ棋士の桐谷広人さんがテレビで株主優待を使うところが放送されることが多いこともあり、すっかり株主優待が多くの人に知られるようになりました。20年ぐらい前に比べると、個人投資家も …

no image

事例に学ぶサラリーマンが億万長者になる方法

ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん改訂版 [ ロバート・T.キヨサキ ]」で述べられている主張からも、一般のサラリーマンとして働き、給料収入だけに頼っていては、億万長者になることは難しいようです。誰 …