幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

リストラ

失業して肩書を失った時におすすめの方法

投稿日:2016年9月24日 更新日:

リストラされて職を失った時に、経済的な意味での苦しさがまず挙げられます。しかし、少しずつ失業状態での生活が続くほど、「身分」についての辛さも身に染みてきます。もともとの職の社会的なステータスが高いほど、それを失った時のギャップに苦しむでしょう。

例えばソニーのように誰もが知るような大企業で働いていた人ならば、公私ともどもいろいろな場面で職業を言わなければならない時に、「無職です」ということの辛さは耐えがたいものでしょう。「ソニーで働いています」と言えば、一目置かれることがほとんどなのに、同じ人間が失業した途端「無職です」というと何だか怪しい人物を見るような目で見られることがよくあります。

そのため「以前ソニーで働いていて、今、無職です」と少々説明を付けたりすることになります。もし、長期で失業していたりするとこのような説明も徐々に苦しくなってきます。

いわゆる「世間体」というやつですね。
人間、誰もがお互いに深く理解し合っているわけではないので、浅い人間関係ならば肩書と言うものが大きな威力を発揮します。したがって、それを失うことのデメリットも大きなものになります。
人は見た目が9割 [ 竹内一郎 ]
やっぱり見た目が9割 [ 竹内一郎 ]


失業後、独立してそれなりに稼げるようになったとしても、法人化せずに個人でやっている場合は、同様に世間的な「肩書」で苦労します。法人化して社長になってしまうのが一番効果的ですが、個人でやる場合は何らかの肩書を自分で考えて名乗ってしまうのがよいでしょう。

スポンサーリンク

最近はテレビ等を見ても、「こんな専門家がいるんだ!」と驚くような肩書の人が出てきます。きっと彼らも自分を売り込むために肩書を考えたのでしょう。例えばワイン研究家、副業アドバイザー、交通評論家・・・など。聞こえが良いような肩書を考え、名乗ってしまえば、前述の辛さはかなり軽減されます。所詮、世間体などその程度のものでしょう。

むしろ工夫して考えた肩書がカッコ良かったりすると、それにふさわしくなろうと自ら努力するものです。そうなれば次第にカッコだけの肩書ではなく、中身を伴った本物の肩書になるでしょう。




スポンサーリンク

-リストラ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ガイアの夜明け」で紹介された「nutte(ヌッテ)」的なビジネスモデルの可能性

スポンサーリンク 時代とともにビジネスのやり方は変化していきます。よく言われることですが、変化に対応できた企業のみが生き残ることができます。 スポンサーリンク

no image

できるだけリスクを抑えて起業を成功させる方法

嫌な職場、嫌な仕事から早く脱出して自分の力で仕事をしていきたいとお考えの方。今の職場・仕事に大きな不満は無くても、自分の残りの人生を考えた時に、今起業の決断をしないと間に合わなくなるとお考えの方。今の …

no image

逆境を乗り切るために役立つ方法

人生、本当にいろいろなことがあります。調子の良い時はよいのですが、逆境にあるときほどその人の真価が問われます。 誰でも起こり得る問題としてリストラにより「失業」するという事態を考えると、本人だけでなく …

相談役や顧問の給与・役割は?成果主義で社員の給与は増える?

スポンサーリンク 日本には従業員が連結で数万人から数十万人もいる大企業が複数あり、そこでは多くのサラリーマンが働いています。基本的には新卒一括採用で、何十年も働き、熾烈な出生争いを勝ち抜いて、役員さ …

スポーツ選手だけではなく第二の人生を誰もが考える時代になった!

スポンサーリンク 「第二の人生」と聞くとどのようなイメージを思い浮かべますか? 現代は誰もが「第二の人生」を考えなくてはならない時代になってしまいました。幸せな人生を送るために、是非、一度考えてみて …