ウシオ電機が東芝ライテックを紫外線殺菌ライトのパートナーに!

電車 ウシオ電機

ウシオ電機が8月26日に、東芝ライテックを紫外線殺菌ライト「Care222」を組み込んだ製品開発のために東芝ライテックと業務提携すると発表しました。2021年1月をめどに実用化を目指します。

スポンサーリンク

ウシオ電機が東芝ライテックと業務提携

ウシオ電機の開発した紫外線殺菌ライトモジュール「Care222」は、放出する紫外線でウイルスの不活化ができ、人体には安全という驚くべき特性をもったライト(光源)です。通常の紫外線ライトは、殺菌効果はあっても、人間の皮膚や目に有害だからです。この衝撃的な紫外線殺菌ライトの詳しい説明は、こちらの記事「ウシオ電機の紫外線殺菌ライトに注目!人に安全な殺菌用光源!」で紹介していますのでご覧ください。

新型コロナウイルスの感染拡大以降、世界中でウイルスと戦うために様々な努力が行われています。医療だけでなく、感染防止のための様々な技術への期待も大きく、このウシオ電機の紫外線殺菌ライトモジュール「Care222」への注目も大きいです。

ウシオ電機は、多くの光源を開発・製造・販売するこの分野では有名な企業ですが、基本的には照明会社などに光源を販売するビジネスをしていますので、社会に普及させるためにはいずれかの照明会社と協力する必要があります。

すでに米国市場向けへは、Acuity Brands, Inc.に独占的に供給する契約を締結したと発表されていますが(*詳しくは、こちらの記事「ウシオ電機が紫外線殺菌ライトを米国Acuity Brandsと独占契約!」で紹介しています)、日本市場向けに協力する企業が発表されていませんでした。

そしてこの度、東芝ライテックと業務提携することが発表されたわけです。ウシオ電機のホームページには以下のように記載されています。

「ウシオ電機株式会社(本社:東京都、代表取締役社長 内藤宏治、以下 ウシオ)と東芝ライテック株式会社 (本社:神奈川県、取締役社長 平岡敏行、以下 東芝ライテック)は、このたび、有人環境下で使用できるウシオの222nm紫外線殺菌技術を用いた「Care222TM光源モジュール」を搭載した紫外線除菌・ウイルス抑制装置を共同開発すること、ならびに「Care222TM光源モジュール」を用いて自動車および鉄道車両に搭載する装置や一般照明器具の開発に関して業務提携することに合意しました。」

いよいよ日本市場向け紫外線殺菌ライトモジュール「Care222」を組み込んだ製品の開発が進みそうです。

なぜ東芝ライテックと業務提携?

照明の市場は、大まかに分けると一般家庭用とオフィス・工場・公共の場所などの用途のものがあります。

家庭用照明は、LED照明が登場後、急速に電球・蛍光灯からLED照明に代替が進みました。その流れに乗って、アイリスオーヤマが急激にシェアを伸ばしました。価格も急激に低下し、パナソニックなど古くから家庭用照明器具事業を行っていた企業の収益も厳しくなっています。

一方、オフィスや工場、公共施設などの大型の建築物の照明は、硬度な専門性とノウハウが必要で、東芝ライテックなどの企業が事業を行っています。ウシオ電機のサイトでも以下のように紹介されています。

「両社は今回の提携によって、自家用車や通学バス、満員電車内などの交通・移動空間での新型コロナウイルスをはじめとしたウイルスや細菌への感染リスク低減、学校やオフィス、商業施設など公共空間でのパンデミック防止など、安心・安全な環境づくりに貢献する商品・サービスの提供を目指します。」

自動車、電車、学校の教室で照明を使用しているイメージ図が掲載されており、これらの照明の開発ノウハウ・販売ルートを東芝ライテックが持っていることが理解できます。東芝ライテックのサイトでも、ルーブル美術館、平等院鳳凰堂、東寺 五重塔大阪府立狭山池博物館、昭和電工ドーム大分、医療法人雄心会青森新都市病院などが納入実績として紹介されています。

多くの人がこのライトに期待していますが、まずは公共性を考慮し、これらの用途からスタートするということです。


スポンサーリンク

紫外線殺菌ライトは暗い場所でも使える?

紫外線殺菌ライトモジュール「Care222」は、エキシマランプに波長選択フィルターを組み合わせて、波長222 nmを中心とした200-230 nmの紫外線のみを照射します。この紫外線は人間の眼には見えません。したがって、紫外線を照射して殺菌している時でも明るく見えませんので、暗くするような状況でも使えます。

ウシオ電機の使用イメージ図の中にコンサートホールで使用しているものがありますが、演出の都合で照明を落としても紫外線で殺菌し続けられるというのは嬉しいですね。これならば映画館でも使えるでしょう。

もちろん明るい場所でも、一般の照明と一緒に使えますし、紫外線の存在を意識しないで済みますので使用において周囲の雰囲気を変えてしまうことも無いでしょう。これも大きな長所です。

まとめ

ウシオ電機が、紫外線殺菌ライトモジュール「Care222」を用いて自動車および鉄道車両に搭載する装置や一般照明器具の開発するために、東芝ライテックと業務提携を発表したことを紹介しました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました