Macに自社開発のCPUが搭載される!インテルは大丈夫か?

パソコン パソコン

2020年6月22日、AppleはWWDCで「Macに自社開発のCPUを搭載する」と発表しました。これまではインテル製のCPUを搭載していましたが、今後、約2年かけて自社開発製CPUにしていくとのことです。

最近はAMD製CPUのRyzenを搭載したパソコンのシェアが増えており、インテルの独占状態に陰りが見え始めているとの声も聞かれますが、実際のところインテルは大丈夫なのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサーリンク

Macに自社開発のCPUが搭載される!

Appleは2020年末までに発売するMacの新製品の一部に自社開発のCPU「Apple Silicon」を搭載する予定です。これは英国アーム・ホールディングスと組んで設計し、生産は台湾のTSMCに委託する見込みです。

AppleはiPhone、iPad、Apple WatchなどのCPUはすでにこのような方法で設計・製造しており、MacのCPUもそれと同様の方法で進めていくことになります。

AppleがMac用CPUを自社開発するという話は、数年前から公然の秘密とされていて、何度も話題になりました。それがいよいよ公式に発表されたことで注目されています。Macには2006年にインテル製のCPUが搭載され、それ以降はずっとインテル製が搭載され続けてきました。それが自社開発のCPUになるということは、非常に大きな転換点となる可能性が高いためです。

CPUが全く新しいアーキテクチャーのものになるということは技術的にも非常に大きな決断で、それに対応するソフトウェアの対応などを含めて膨大な労力と時間を要します。スムーズに進められないと、移行期にはユーザーが離れるなどのリスクがあるにもかかわらず、Appleがこれを進めようとしているのは大きなメリットもあるからです。

前述のようにiPhoneなどの他のApple製品にはすでにアーム・ホールディングスと共同で設計したCPUが搭載されています。これまではMacにだけインテル製のCPUを搭載していたので、自社開発のこれらと連携が容易になります。

CPUを自社開発するようになれば、今後のCPUの研究開発スケジュールも自ら決めることができ、それを搭載するMacの商品設計の自由度も高くなります。つまり、これまではインテルのCPU開発スケジュールに合わせる必要がありました。最近はインテルの開発遅延などにより、CPUの供給が滞るなどという事態も発生し、パソコンメーカーは大きな影響を受けました。このようなリスクから脱却できることになります。

これはスティーブ・ジョブズからティム・クックが託された宿題出会ったとも言われ、大きな節目になることは間違いなさそうです。

脱インテルCPUが続いている

パソコン市場では、2年ほど前からAMDのCPU「Ryzen」を搭載した機種のシェアが増えています。長年、独占的なシェアを維持してきたインテルの強さを考えると「異変」と言える出来事です(*記事「インテル入っていないパソコンが増えてる!Core i対Ryzen!」参照)。

その主な原因は、インテルが半導体の微細化の開発につまずき、CPUの供給が滞ったこと、AMDが製造を委託するTSMCではインテルよりも微細化した半導体の生産が先行したことです(*「TSMCとは?iPhoneやAMDのRyzenを支える半導体のファウンドリ」参照)。つまり、半導体製造技術においてインテルは世界トップではなくなってしまったわけです。もちろん今後挽回する可能性がありますが、少なくとも現時点ではまだ挽回できていませんので、無視できない重大事です。

現時点ではまだインテルがパソコンCPU市場において圧倒的なシェアを維持していることは間違いありません。そのためインテルが凋落していく印象を受けるとしたらそれは極端です。インテルの売上に占めるMac関連の販売比率は5%以下ですので、Appleの自社開発CPUへの以降の影響もそれほど大きなものではなさそうです。しかし、ハイテクの世界の変化のスピードを考えた時に、「蟻の一穴」的な恐ろしさはあります。

例えば圧倒的なシェアを持つインテルならば、価格を下げて競合に体力勝負を強いる戦略も考えられます。いずれにしてもこれまでのような圧倒的な独占的地位でなくなれば、利益の低下などにつながる可能性もあり、中長期では競合の成長も許すことになるかもしれません。


スポンサーリンク

インテルは大丈夫か?

インテルの2020年第1四半期の決算は、売上が前年同期比23%増の198億ドル、営業利益が同69%増の70億ドル、純利益が同42%増の57億ドルと好調です。新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が増え、パソコンの販売が伸びたことが影響したようです。

このように直近のパソコンの販売台数は伸びているのですが、最近の10年間の世界のパソコン販売台数は低迷しており、インテルのパソコン向けCPUの売上も伸び悩んでいます。2014年にはインテルの売上に占めるパソコン向けの比率は62%でしたが、2020年第1四半期では50%未満です。

伸び悩むパソコン向けに比べてインテルが伸ばしてきたのがデータセンター向けCPUです。インテルと言えど、パソコン向けCPUだけでは成長を目指せない状況です。

Appleとインテルの出来事としては、5G対応モデムチップを共同で開発していて、クアルコムに対抗し難いとの判断でインテルが撤退したことがあります(*「アップルとクアルコムの和解はなぜ?テクノロジーの重要性を再認識!」参照)。半導体の世界でも、1社であらゆる技術で勝つことは不可能で、勝算のあるところで全力投球することが重要です。

インテルは垂直統合型の半導体メーカーですが、TSMCなどのファンドリと戦える製造技術の維持が重要です。前述のように微細化で遅れを取ったところが不安材料ですが、近い将来挽回できるのであれば、しばらくはパソコンCPU市場でも優位なポジションは維持できるのでしょう。

データセンター向けが好調なうちに、次の新しい分野で優位なポジションを作ることができるかが、今後の成長の鍵になるでしょう。

まとめ

Macがインテル製のCPUから自社開発のCPUに移行することから、インテルの状況まで簡単に解説しました。ハイテクの分野は変化のスピードが速いので引き続き注視したいです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました