JOLEDがTCL CSOTと資本業務提携!テレビ用大型有機ELへ!勝算は?

夜景 有機EL

JOLEDがTCL CSOTと資本業務提携契約を締結したことが2020年6月19日に発表されました。第三者割当増資により200億円を調達し、テレビ向け大型有機ELディスプレイの共同開発を開始するとのことです。さらに詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

JOLEDがTCL CSOTと資本業務提携!

株式会社JOLEDが資本業務提携契約を締結したのは、中国ハイテク企業TCL Tech傘下のディスプレイパネルメーカー、TCL華星光電技術有限公司(TCL China Star Optoelectronics Technology Co., Ltd.:TCL CSOT)です。

同社を引き受け先とする第三者割当増資により200億円を調達するとともに、独自の印刷方式有機ELディスプレイ製造技術を活用し、TCL CSOTとテレビ向け大型有機ELディスプレイの共同開発を開始します。

JOLEDは、印刷方式による4K有機ELディスプレイ製品の生産を行う、世界で唯一の会社です。ソニー株式会社、パナソニック株式会社の有機EL ディスプレイの開発部門を統合し、2015年1月に設立されました。

技術的な特徴は「印刷方式による有機ELディスプレイを製造する」点にあります。JOLED設立前から研究開発されてきた技術が、JOLEDに継承され花開いたわけです。現時点でもこの技術においては、世界のトップを走り続けています。

しかし、液晶ディスプレイの業界の歴史が示すように、脅威なのが韓国・台湾・中国勢の猛烈なキャッチアップです。技術的に先行し、事業化でも先行できたとしても、その後、圧倒的な資金力でキャッチアップされ、事業としても戦えない状況に追い込まれてしまう可能性があります。

日本企業も、これまでのディスプレイ分野の敗戦の歴史があるため、印刷方式による有機ELディスプレイ事業に巨額の投資をし、海外勢と真っ向勝負するという戦略はとりません。そのためJOLEDも、印刷方式による大型テレビ用有機ELディスプレイ事業については、パートナーを探し、技術をライセンスする方針を公表しています。

詳しくは、こちらの記事「JOLEDの印刷方式有機ELの戦略と勝算は?歩留まりは上がる?」で紹介しています。

ディスプレイはテレビ・スマホ・パソコンが多い

高画質のディスプレイの用とはいくつかありますが、主要なものはテレビ、スマホ、パソコン用モニターです。パソコン用モニターは、ハイエンドの一部の機種を除けば安価なTN液晶モニターが使われていることが多く、あまり最先端のディスプレイが搭載されることは無いようです。特に有機ELディスプレイを搭載したパソコンモニターとなると、極めてレアな製品です。

したがって、最先端のディスプレイを研究開発・販売するメーカーは、テレビあるいはスマホである程度以上のシェアを獲得しないと生き残りが難しくなっています。

ディスプレイ業界では、ディスプレイパネルと製造するパネルメーカー、そのパネルを組み込んでテレビやスマホを作るセットメーカー、両方を手掛ける垂直統合型のメーカーがあります(*1社ではなく、グループ企業で垂直統合している場合もあります)。

日本では、ジャパンディスプレイ(JDI)とJOLEDがパネルメーカーで、ソニーがセットメーカー、シャープが垂直統合型メーカーです。それぞれのメーカーが多くの困難に直面し、乗り越えてきましたので、必ずしもどの形態が有利とも言い難いです。

しかし、状況から考えて、パネルメーカーは、巨額の投資をして大規模な工場を建設し、大量に生産したパネルを売り切らなければならず、最新の製造装置を導入してキャッチアップしやすい傾向があります。さらに国家の後ろ盾で巨額の助成が得られた中国勢が圧倒的に優位であることは否めません。

最終製品を手掛けるセットメーカーは、ブランド力が活かせるので、日本ではソニーが健闘しています。しかし、ソニーでさえ、テレビは長いリストラを乗り越えて利益が出せるようになりましたが、スマホは赤字です。パナソニックでもテレビは赤字ですので、徐々に低価格品で勝負してくる中国勢にシェアをとられていく可能性があります。

垂直統合型のシャープはすでに鴻海精密工業の傘下に入っています。

このようなディスプレイ業界において、JOLED単独でテレビとスマホ分野で大きなシェアを獲得することは難しいとの判断に至ったのでしょう。


スポンサーリンク

JOLEDが選んだTCL CSOTとは?

TCL CSOTは、大型液晶パネルで世界6位、中国勢の中では2位のパネルメーカーです(*2018年金額ベースのシェア)。大型液晶パネル事業からは、サムスンとLGが撤退を表明していますので、近い将来にまず世界4位に、さらに台湾勢のAUOとイノラックスも追い抜いて2位になる可能性が高そうです。

親会社のTCLは出荷台数ベースで世界2位のシェアを誇るメーカーです(*2018年シェア)。液晶パネル事業については、すでにコモディティ化しており、前述のように中国勢がシェアを伸ばし続けています。中国テレビメーカーは、国内での液晶パネルの調達を進めていくと予想され、中国以外の国の液晶パネル事業および液晶テレビ事業はさらに苦しくなる可能性が高そうです。

韓国勢は、すでに大型液晶パネル事業からは撤退を表明し、LGは有機EL、サムスンはQD-OLEDに注力しようとしています。中国勢もテレビ用有機ELパネルおよび有機ELテレビにも投資をし、キャッチアップしてくると予想されます。このように考えると、JOLEDが手を組むパートナーとしては、他にあまり選択肢は無かったのかもしれません。

気になるのは今後のJOLEDの行く末です。ディスプレイ分野で、このように資本参加を受け、技術をライセンスする形態で中長期的に成功を収めた事例を知りません。ディスプレイ業界は、日本から花開き、韓国・台湾勢のキャッチアップを受け、その後は中国勢に覇権を握られる歴史をたどったので、そもそも長期的な成功をした事例がないのかもしれませんが・・・。

技術供与・ライセンスという形態では、主要な特許の有効期限が限度で、本格的に事業が立ち上がる頃には残り数年ということが多いようです。そして技術供与して相手を育て、結局は相手に主導権を握られることが懸念されます。

JOLEDは印刷方式の材料と装置を押さえた上で、強い立場で契約をかわそうとしているようですが、資本参加を受けることになりますので、今後の展開に注目です。TCLの成功とともに売上・利益を伸ばしていけるのか?それとも技術・ノウハウを奪われてしまうのか?難しい状況での舵取りを要求されるでしょう。

まとめ

JOLEDがTCL CSOTと資本業務提携契約を締結したことについて紹介しました。ジャパンディスプレイとJOLEDは、日本政府が関与した日本のディスプレイ業界の最後の砦です。どのような将来が待っているのか多くの人が関心を持って注視しています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました