NTTドコモが10ギガの光ファイバー回線サービスを開始!おすすめ?

光ファイバー

NTTドコモが最大通信速度10ギガ(10Gbps)の光ファイバー回線サービスを2020年3月23日から受付を開始し、4月1日からサービスを開始しました。これほどの高速回線が本当に必要なのでしょうか?どんな使い方をすれば良いのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサーリンク

NTTドコモが10Gbpsの光ファイバー回線サービスを開始!

光ファイバー回線が高速なのは知られていますが、ついに10Gbpsのサービスがスタートしました。これほどのスピードが本当に必要なのでしょうか?

光ファイバー回線は、これまでに2Gbpsの「NURO光」の回線が最大通信速度の表示では最も速かったようです。それでもNTTドコモの1Gbpsの「ドコモ光」とのスピードを比較するサイトなどが多数あります。

「2Gbpsと1Gbpsならば2Gbpsの方が速いに決まっている!」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、現実はそれほど単純ではありません。これらのスピードは、最大通信速度を表しているからです。一般に「ベストエフォート」と言われることがありますが、光ファイバー回線として最もスピードが出る条件下でここまでのスピードが出るという意味で、実際に使っているとこれほどのスピードが出ることはまずありません。

回線の混雑具合によって光ファイバーと言えどもスピードが落ちてしまうからです。そのため「ドコモ光」と「NURO光」との速度比較などが話題となるわけです。地域や時間帯でも異なります。1Gbpsの「ドコモ光」でも平均速度が500Mbps以下になることが普通です。

2020年4月1日から始まった「ドコモ光10ギガ」もベストエフォートで10Gbpsとのことで、まだ実際に使ってみてどのぐらいの平均速度が出るのかよくわかりませんが、これまでの1Gbpsの「ドコモ光」の10倍の最大速度ですので平均速度もさすがに1Gbps以上でしょう。これは本当に快適なインターネット環境です。

NTTドコモの10Gbpsの光ファイバー回線が必要なの?

「ドコモ光10ギガ」の報道を聞いて最初に感じたのは、これほどの高速な回線が必要なのかということ。これまで、ほとんどの人の使い方では200Mbps以上の速度が出ていれば困ることはありません。

実は光ファイバー回線ならば高速とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、光ファイバー回線でもそれほど高速ではない場合もあります。正直に申し上げると、我が家がそうなのですが、20年ぐらい前にNTT東日本のフレッツ光に申し込んで、そのまま契約を変更せずに使っていました(*ソフトバンクの光コラボには変更しましたが、光ファイバー回線の仕様を変更していないという意味です)。先日、スマホの機種変更の際に指摘されて気が付いたのですが、ベストエフォートで100Mbpsしかありません。つまり、平均速度ではおそらく30-40Mbpsでしょう。

我が家では未だにこんなスピードの光ファイバー回線を使っていますが、それでも家族4人でパソコンやスマホを同時にそれぞれ使用したりしています。最近は子供がインターネット経由の動画を観たり、オンラインゲームをすることが多くなり、時間帯によってはレスポンスが遅いと感じることが増えてきました。やはり快適なインターネット環境という点では、ベストエフォートで100Mbpsでは不十分で、1Gbps以上のスピードが欲しいですね。

それでは1Gbps以上あれば大丈夫なのでしょうか?ほとんどの使い方で十分なことが多いですが、これで不足する可能性があるのは、4K/8K放送を光ファイバー回線経由で視聴したり、eスポーツレベルの高速のレスポンスが必要なオンラインゲームをする場合です。

4K放送は1チャンネル約33Mbps、8K放送は約100Mbpsの伝送容量が必要です。4K放送を視聴するチューナー内蔵のテレビが標準になりつつあり、4K放送を観ながら別の4K放送を録画できるレコーダーも発売されています。こうなると少なくとも2チャンネル分の容量が必要ですので、ベストエフォートで100Mbpsの回線では無理ですし、そもそも利用可能なサービスとして設定されていません。4K放送を視聴するなら1Gbps以上の回線が必要です。さらに8K放送となると、1Gbpsでも地域・時間帯によっては不安定です。

また高画質のオンラインゲームで、高速のレスポンスが必要なものは、1秒間に何度も大量のデータを送受信する必要がありますが、遅延が致命的です。高画質になるほど1Gbpsでは厳しくなるでしょう。

こんなところで「ドコモ光10ギガ」が必要とされるわけです。


スポンサーリンク

NTTドコモ光10ギガとドコモ光のどっちを選ぶ?

「ドコモ光10ギガ」は、まだサービスが始まったばかりで、提供エリアが以下に限られています。

NTT東日本エリア:
大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・江戸川区・目黒区・中野区・品川区・狛江市・調布市・三鷹市の一部

NTT西日本エリア:
大阪府大阪市、愛知県名古屋市

また「「ドコモ光電話」をご利用中のお客さまは引き続き最大通信速度1Gbpsの「ドコモ光 1ギガ」をご利用いただくことをおすすめします。」との記載もあります。

まずは「ドコモ光」の1Gbpsのサービスを利用してみて、それで十分であれば無理してすぐに「ドコモ光10ギガ」に申し込む必要もないでしょう。特にNTTドコモのスマホを利用している方は、割引が大きいのでお得です。



先々「ドコモ光10ギガ」に乗り換える時も、「ドコモ光」からであればスムーズです。

まとめ

NTTドコモがスタートした「ドコモ光10ギガ」について紹介しました。インターネットを経由したサービスはもっともっと発展していきます。それを存分に楽しむには高速の光ファイバー回線が最適ですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました