有機ELテレビは小型・低価格の4Kテレビをソニーが発売!

湖 有機EL

有機ELテレビを買うか?それとも液晶テレビを買うか?迷っている人も多いです。これまではハイエンドの大型テレビとして有機ELテレビが売れていましたが、さらに有機ELテレビが売れそうです。なぜならソニーが小型の4K有機ELテレビを、これまでよりも低価格で発売するからです。以下に紹介します。

スポンサーリンク

有機ELテレビの小型・低価格4Kモデルをソニーが発売!

ソニー(SONY)は48インチの4K有機ELテレビKJ-48A9Sを、2020年7月25日に発売開始する予定です。ソニーの公式サイト「ソニーストア」内の同製品のページに記載されています。

このKJ-48A9Sは、ソニーの最高峰モデルである「MASTER Series」のラインナップに位置づけられる機種で、「MASTER Series」にふさわしい画質・性能に仕上げられていることは間違いありません。有機ELパネルの特性を最大限に引き出すためには、画像処理を行うプロセッサーの性能が重要になります。高精細化するアップコンバート機能、高コントラスト化するHDRリマスター機能、ノイズを抑える機能、豊かな色再現をする機能は、プロセッサーによって処理されるからです。

その画像処理用プロセッサーに、ソニーの最上位機種と同じ高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」を採用しています。これは非常に高いレベルの画質となっていると期待できます。さらに48インチというこれまでの55インチ以上の4K有機ELテレビよりも小型のモデルですので、基本的に画素の粗さなどは目立ちにくいことからも、画質としてはむしろ「最高レベル」の可能性が高いです。

さらにソニーストアで「230,000円+税」という価格設定で、2020年モデルの65インチ・55インチのA8Hシリーズよりも低価格ですので、これは魅力的でしょう。ちなみにいつまで販売されるか不明ですが、型落ちとなる2019年モデルのA8Gシリーズの55インチモデルは、「195,000円+税」です。

関連記事:4K有機ELテレビと8K液晶テレビのどっちを選ぶ?4K液晶テレビは?

有機ELテレビの小型・低価格4Kモデルで有機ELは売れる?!

家電量販店に行って、実際に有機ELテレビを観てみると、その映像の美しさ、画質の高さは多くの人が実感できるわかりやすいものです。それでもいくつかの理由から、まだまだ本格的な有機ELテレビが売れていませんでした。その理由は主に以下の3つと考えれられます。

1.価格が高い
2.大きなインチサイズ(55インチ以上)の機種がほとんど
3.焼き付き・寿命に不安を感じる

ところが2020年7月25日に発売されるソニーの4K有機ELテレビKJ-48A9Sにより、これらの理由が解消されると考えられます。

価格は当然のことながら売れ行きに大きく影響します。前述のようにソニーの最高峰の画質のモデルである4K有機ELテレビKJ-48A9Sが、ソニーストアで「230,000円+税」からスタートですので、最安値で販売されるショップなどでは20万円を切るのも早いでしょう。感覚的には20万円以上か以下かは、テレビを買う際に大きな分岐点になるような気がします。

またテレビの大きさ・インチサイズということも、実際に購入しようとするとかなり重要なポイントです。私は、自宅で以前は37インチの液晶テレビを使用していましたが、故障したので4Kテレビに買い替えました。

同じ場所に設置したかったのであまり大きなサイズは物理的に無理でしたし、視聴距離から考えても、適切なインチサイズというものがあります。ところが、家電量販店に見に行ったら、アップコンバート、倍速駆動などが付いている上位機種はインチサイズが小さいものが無く、結局43インチのテレビを選びました。それでも昔の液晶テレビよりは狭額縁化が進んでいるので、外形寸法はそれほど大きくならず、無事に部屋の設置スペースに収まりました。

これまでの有機ELテレビは、主要なメーカーのものはほとんど55インチ以上でした。55インチは、自宅の部屋に設置してみるとかなり大きく、「大きすぎる!」「もう少し小型のテレビが欲しい!」という人が少なくないと考えられます。したがって、48インチモデルが発売されるということは、サイズが原因で購入を見送っていた人にとっては朗報です。

有機ELテレビの焼き付き・寿命に関する課題は、自発光ディスプレイである有機ELの根本的な課題です。原理的に焼き付き・寿命を完全に防ぐことはできません。しかし、かつてのブラウン管テレビとプラズマテレビも同様に自発光ディスプレイで、焼き付きや寿命の課題があったにもかかわらず、製品として世界中で使われました。つまり、いずれも「程度問題」で、焼き付きがあまりに顕著ではなく、寿命も極端に短くなければ許容できるということです。

有機ELテレビの焼き付き・寿命についての課題は、メーカーも認識しており、改善してきています。現状では、通常の使い方をするのであれば、ある程度許容できる程度になっていると考えられます。詳しくは、こちらの記事「有機ELは寿命が短い?焼付きが問題?改善案をLGが発表!」で紹介しています。

以上のように、ソニーの4K有機ELテレビKJ-48A9Sにより、有機ELテレビの普及が大きく進む可能性が高そうです。


スポンサーリンク

有機ELテレビの小型・低価格化はなぜ進む?

現在の大型テレビ用有機ELパネルは、韓国LGがほぼ独占的に製造販売しています。特にソニーやパナソニックなどの有機ELテレビは、LGのパネルを使用しています。そのためLGがどのようなインチサイズの有機ELパネルを製造販売するのかによって、最終製品である有機ELテレビのインチサイズが決まります。

有機ELパネルの生産では、大きな基板を使用し、そこからテレビのインチサイズに合わせて切り出すという工程があります。その際に効率よく切り出せるインチサイズが限定されます。これはA4の紙から、同じサイズの長方形を切り出そうとした時に、どのようなサイズの長方形であれば無駄を少なくして切り出せるかを考えれば理解できるでしょう。テレビの場合、縦と横の比率(アスペクト比)が決まっていますので、それらを考えた時にこれまで販売されていたような65インチ、55インチとなったわけです。

LGは88インチの8Kテレビ用の有機ELパネルを生産しています。その基板から切り出した時に48インチの有機ELパネルが生産しやすいようです。LGはこれは世界中のテレビメーカーに販売していきますので、ソニー以外のメーカーからも48インチの有機ELテレビが発売されるでしょう。

デジタル製品は、発売後の価格が下がっていく傾向があります。最近の5年間の有機ELテレビの価格低下も著しいです。それにしてもLGがほぼ独占状態で有機ELパネルを製造販売する状況なのに、価格が下がるのでしょうか?

すでに報道されていますように、液晶パネル事業は中国勢の猛烈な大量生産により、サムスンやLGでさえ利益を出せない状況となりました。LGももちろんそのような業界の動向を熟知し、まだ中国勢が大量生産できていない大型テレビ用有機ELパネル事業に賭けました。

しかし、当初は有機ELパネルは高価で、販売数量は伸びません。テレビ用パネル事業というものはある意味シンプルで、大規模投資をして大型工場を建設し、大量生産をしてコストを下げるという戦いです。もちろん生産したパネルを売り切らなければ赤字が大きくなるので、大量販売するほどリスクが大きくなります。

LGとしては、生き残りをかけてリスクを取って有機ELパネルを大量生産し、価格を下げて必死に売り切りました。そのためほぼ独占状態なのに赤字と言われています。しかし、その努力により有機ELテレビの価格が下がり、販売数量が伸び始めています。ここで48インチを製品化することで、さらに販売数量を伸ばし、低価格化が進むと予想されます。

液晶テレビは中国勢の大量生産のためにかなり下がりし、10万円以下の製品も多くなりました。それでもアップコンバートや倍速機能を備えた上位機種は15万円以上するものも多く、有機ELテレビとの差が小さくなっています。この差が小さくなるほど有機ELテレビのシェアは伸びていくでしょう。

まとめ

ソニーが発売する48インチの4K有機ELテレビKJ-48A9Sは、有機ELテレビのシェアを大きく伸ばす可能性があることを紹介しました。今後の展開が楽しみです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました