サムスンが大型液晶パネル生産から撤退!量子ドット有機ELに注力!

液晶

韓国サムスン電子が、2020年3月31日に、テレビ用大型液晶パネル生産から撤退する方針が明らかになりました。ついにこの日が来ました。今後は量子ドット有機EL(QD-OLED)に注力するとのことですが、その成否はどうなのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサーリンク

サムスンが大型液晶パネル生産から撤退

現在は、液晶ディスプレイなどの薄型ディスプレイがテレビに用いられ、かつてのブラウン管テレビをすっかり置き換えてしまいました。その契機をつくったのが2001年に発売開始となったシャープのアクオスです。2000年代前半までは、液晶パネルおよび液晶テレビ業界においても、日本勢が強かったのですが、その後、韓国勢と台湾勢の猛追により、苦境に追い込まれます。

その中でも韓国サムスンはもっとも強いメーカーで、日本勢を苦境に追い込んだ海外勢の象徴的な存在でした。しかし、時が流れて、中国勢が国からの強力な助成を受けて、猛烈な勢いで大量生産と低価格化を進めてきました。特に液晶については技術が成熟してきたこともあり、差別化が困難になり、厳しい事業環境となっています。

液晶ビジネスを、液晶パネル事業と液晶テレビ事業に分けて考えると、特に液晶パネル事業の方が後発で最新の製造設備を導入している中国勢に対して対抗手段が限られており、早い段階で厳しくなっています。2019年の事業においても韓国サムスンとLGのいずれも赤字、台湾のAUOとイノラックスも赤字です。中国BOEの猛攻が脅威となっています。

液晶パネル事業は、製造する液晶パネルの性能面で大きな差別化ができない限りは、巨額の投資をして大量生産し、製品のコストを下げる競争になりやすいです。BOEの製造する液晶パネルの性能も向上していますので、巨額の助成を受けている中国勢に対して勝機が無いと判断しての撤退です。

かつて日本勢を打ち負かした韓国勢が、今度は中国勢に打ち負かされる状況になったわけです。

関連記事:中国勢が韓国勢の液晶を滅ぼす時がついに来た?LGは赤字!

サムスンは液晶パネルを外部調達している

テレビ市場全体を見れば、まだまだ台数は伸びていますし、買い替え需要もあります。有機ELテレビも売れ始めていますが、そのシェアは小さく、圧倒的に液晶が主流です。現在の液晶パネル工場と有機ELパネル工場の生産能力から考えても、当面は液晶が主流であることは間違いありません。また液晶パネルの価格低下から、液晶テレビの価格も下がり、液晶テレビを求める低所得層も非常に多いです。

そのような状況で、サムスンも多くの液晶テレビを販売していますが、これまでも低価格帯の液晶テレビほど中国と台湾から液晶パネルを調達しています。それでも利益を出すことが難しくなっています。

またハイエンドの製品には量子ドットディスプレイである「QLED」を投入していますが、他の競合メーカーの有機ELテレビに対して劣勢で、ビジネス的に苦境にあります。

サムスンは、テレビ事業およびそこに使用するパネル事業で中国勢に対抗するために、中国勢を上回る性能のパネルを開発し、それを搭載した魅力的なテレビを開発する戦略を選択しました。次項で紹介します。


スポンサーリンク

サムスンは量子ドット有機EL(QD-OLED)に注力

サムスンのQLEDがLGなどの有機ELに対して劣勢となったのは、一般の消費者にわかりやすいような差別化が上手くできなかったためと考えられます。QLEDは液晶のバックライトに量子ドットシート(QDシート)を組み込んで、色域を広げたものですが、要するに液晶テレビであることはに違いはありません。それに比べると有機ELテレビは、「これまでの液晶とは違う新しいテレビ」というアピールが素直に受け入れやすいという利点があります。確かに黒が「真っ黒」に表示できるという点では有機ELの方が優れていますが、画質全般的には、一般家庭の照明のついた明るいリビングで視聴する条件下であれば、著しい差があるわけではありません。

このような経験などから、サムスンは有機ELテレビにシフトすることを決断しました。単純にLGと同じ方式の有機ELテレビを作った方が、事業リスクは低いような気がしますが、サムスンがこれまでQLEDで培ってきた量子ドットの技術を投入して差別化した量子ドット有機EL(QD-OLED)に注力します。やはり、最大のライバルであるLGの後追いをすることに、プライドが許さないのでしょう。

関連記事:サムスンがQD-OLEDに投資?!大型テレビの有機EL化が加速?

この判断がどのような結果になるのか、もう少し時間が経たないとわかりません。1つは技術的な観点での課題です。QD-OLEDは、青色の有機ELの上に、画素ごとに量子ドットを積層する構成になるようですので、赤色の緑色の効果な有機EL発光材料とカラーフィルターを使用しなくて良いという利点がある反面、赤色と緑色の量子ドットを使用しなければなりません。量子ドットの耐久性が十分であるのか、トータルの製造コストが十分に下げられるのか不明です。外光により、これらの量子ドットが不要な蛍光を発しないのかも公表されていません。

もう1つは、コストダウンのために常に共通する課題です。前述のように基本的にパネル事業は、大量生産をしてコストを下げていきます。QD-OLEDの製造を開始してしばらくの間は、コストは十分に下がりませんし、最終製品の価格も高くなるでしょう。テレビ用の有機ELパネルをほぼ独占的に供給しているLGでさえ、戦略的に価格を下げてきたためにまだ赤字です。生産量を増やし、価格が下げられるまでの期間をどのように乗り切るのかも不明です。

かつての日本メーカーもそうであったように、猛烈な中国製の構成に対し、ハイエンド製品で勝負せざるを状況に追い込まれているように感じます。実際にQD-OLEDのテレビが販売され、1年程度経過すれば、かなりのことが明らかになるでしょう。

まとめ

サムスンがついにテレビ用大型液晶パネル生産から撤退し、量子ドット有機EL(QD-OLED)に注力することについて紹介しました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました