Web面接のやり方と注意点!Web就活で成功するための技術!

ライフ

2020年の新型コロナウイルス感染拡大により、様々な分野で急速にオンライン化が進んでいます。毎年の恒例行事として行われてきた大規模な就職説明会が中止になることも多くなり、就活のオンライン化も進みました。いわゆるWeb就活の最重要ポイントであるWeb面接のやり方と注意点について紹介します。

スポンサーリンク

Web面接とは?

就職活動の中で面接はかなり重要なもので、これまでは実際に会って面接を採用面接を行うことが普通でした。今後も実際に会って行う面接が完全に無くなるとは考え難いですが、1次面接などの初期段階の面接ではインターネット経由の遠隔での面接が増える可能性が高いです。このインターネット経由の面接のことをWeb面接と呼ぶことが多いです。

2020年の春は、前述の新型コロナウイルス感染拡大を抑制するため、国からの要請によりイベント・集会が自粛されるという滅多にない珍しい状況でWeb面接が広がりました。企業側でもWeb面接を実施することで、メリットとデメリットが把握できますので、ある程度のメリットがあれば来年度以降も積極的に導入していく企業が増えるでしょう。

コスト的な観点では、多くの学生と接点を作るための説明会開催に要する費用とWeb面接に要する費用の比較です。個別に学生と面接するような段階では、状況によっては交通費・宿泊費を企業側が負担しなければならないケースもあり、その場合はWeb面接の方がコストを節約できる可能性があります。

学生側から見た時にも移動に要する時間の節約になることもありますし、大規模な説明会に参加する場合はそこまでの交通費を自己負担するケースも多いので、その場合は費用の節約になります。特に地方の学生ほどWeb面接のメリットが大きい可能性があります。

いずれにしてもWeb面接をしなければならない場合は、そのやり方を理解し、注意すべき点に配慮して面接を成功させましょう!

Web面接のやり方と注意点:基本編

Web面接のやり方と注意すべき点について解説します。まずは基本的なことについてです。

Web面接も実際に会って行う面接も、基本的な部分は同じです。しっかり準備し、的確な受け答えをして相手に良い印象を持ってもらうことが大切です。具体的には以下のような点を押さえておきましょう。

1.面接に相応しい服装・身だしなみをする

Web面接の場合、自宅で行うこともありますので、ラフな服装になりがちです。特別な理由がない限りは、通常の面接と同様にスーツが無難です。もちろん寝起きのような寝ぐせのついた状態ではなく、身だしなみも整えましょう。

2.想定問答を用意し、明るく、明瞭に受け答えする

一般的に面接で聞かれるような質問、例えば「学生時代にもっとも力を入れたこと」「志望理由」「自分の長所短所」「入社したらやりたいこと」などへの答えは用意しておきましょう。面接時は聞き取りやすい声で明瞭に受け答えできるように練習しておきましょう。その時の姿勢も大切ですので、猫背にならず、良い姿勢で話すようにしましょう。

3.相手の方を見て話す

通常面接であれば「相手の目を見て話す」ことが基本です。しかし、Web面接では画面に映る相手の目を見た時に、自分側のカメラの方と視線がずれることがありますので、これはある程度は止むを得ないでしょう。カメラをできるだけ画面に近づけて置き、少なくとも画面の方を見ながら話しましょう。相手の声がよく聞こえないと、耳をスピーカーに近づけて、カメラには頭だけ映っている状態になることがありますので、そのようなことにならないようにしましょう。

4.時間を守る

通常の面接でも遅刻は厳禁ですが、Web面接でも同様です。面接開始の数分前から準備完了の状態にし、席について待ちましょう。

5.自分の背後に映り込むものにも注意する

自宅等でWeb面接を行う場合、背後に映り込むものにも注意しましょう。事前にカメラテストをして何が映るか確認しておくと良いでしょう。


スポンサーリンク

Web面接のやり方と注意点:機器編

通常の面接とWeb面接の大きく異なる点は、通信回線を利用しますので機器に関することが多いです。

1.安定して通信できる状況でWeb面接を行う

Web面接で最悪なことは、無線・有線を問わず、通信が不安定で、途切れ途切れになってしまうパターンです。インターネットに安定して接続し、高速の通信ができる状況でWeb面接を行いましょう。

2.パソコンを使う

「スマホでもWeb面接可能です」と言われることもありますが、できるだけパソコンでインターネットに接続してWeb面接を行った方が良いでしょう。もっとも大きな違いは画面サイズです。画面が大きくなるほど相手の表情を見やすいので、面接を受けやすいです。実際にやってみるとわかりますが、モバイルの小型のノートパソコンでさえ画面が小さく感じることがありますので、スマホでは相当厳しいでしょう。

これも状況によるのですが、1対1の面接ではなく、相手側が2人以上(3か所との通信)になると画面を分割して、小さなサブ画面に自分や相手方の一方が映ることもあります。相手が同じ場所で2人並んで映り込んでいる場合は、広角レンズになるので相手が小さく写ります。さらに何らかの資料を画面に表示する場合などは、その間に人物の映像は小さなサブ画面に表示されます。そうなると大きな画面サイズのモニターほど見やすいわけです。

少なくともノートパソコン程度の画面サイズは欲しいですし、利用できるならばデスクトップパソコンとそのモニターならばもっと大きく写るでしょう。

Web面接用のシステムは、通常は企業側が用意します。どのようなシステムを使用するのかによってパソコンの要求スペックが異なります。あまりに古いパソコンの場合、OSやスペック等の点で問題が発生する可能性があります。

3.イヤホン・ヘッドセット

小型のイヤホンを持っている人は多いので、それらを使用しても良いでしょう。実際にパソコン等を使用し、相手の音声が聞き取りに難いようでしたらイヤホンを接続すると聞き取りやすくなる場合が多いです。その点ではヘッドセットが最適ですが、Web面接以降にあまり使用しないのであればそのためだけに購入しなくても良いでしょう。

4.インターネットカフェの個室を利用する

比較的新た強いパソコンや、Web面接に相応しい場所を用意することが難しい場合は、インターネットカフェの個室を利用するという方法があります。いざという時のために、近所に利用可能な場所があるのかどうか確認しておくと良いでしょう。

まとめ

Web面接のやり方と注意点について紹介しました。重要な就活の一部ですので、万全を期して成功させましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました