サムスンの 折りたたみスマホGalaxy Z Flipが売れている!一気に普及するかも!

有機EL

サムスン電子(Samsung Electronics)が2020年2月14日に韓国で発売した「Galaxy Z Flip」の販売が好調です。「Galaxy Z Flip」はサムスンが販売する2番目の折り畳みスマホで、もしかしたら折りたたみスマホを一気に普及させる起爆剤になるかもしれません。以下に紹介します。(*上の写真はガラケーです。後述のように「Galaxy Z Flip」がかつてのガラケーを彷彿とさせるノスタルジーがあるので載せました)

スポンサーリンク

注目!!
▼有機ELテレビ・スマホなどの情報についてはこちら▼
有機ELテレビ・スマホや発光材料・TFTなどのまとめ

サムスンGalaxy Z Flipの販売が好調!

Samsung Galaxy Z Flipは、クラムシェル型の折り畳みスマホという点が、サムスンの最初の折り畳みスマホ「Galaxy Fold」と大きく異なる点です。いずれも高画質の有機ELディスプレイを搭載し、そのディスプレイ画面が折りたためるということで注目を集めています。

Samsung Galaxy Z Flipの初回販売分は数分で完売し、年間目標の250万台は簡単に突破しそうな勢いです。有機ELの折り畳みスマホは、初代「Galaxy Fold」が約24万円と高価であったため、ハイエンドモデルとしての存在意義はあるものの、多くの販売台数を期待できない機種と受け止めていました。しかし、このSamsung Galaxy Z Flipは販売価格を約15万円まで下げたことで販売好調です。

有機ELの折り畳みスマホは、最初は高価でも、地道に累積販売台数を伸ばしていくことで、着実に製造コストを下げ、ある程度の価格まで下がった時にブレイクするのではないかと考えていましたが、もしかしたらこのSamsung Galaxy Z Flipで大きく販売を伸ばすきっかけを掴むかもしれません。

サムスンGalaxy Z Flipはなぜ販売好調なのか?

Samsung Galaxy Z Flipの販売はなぜ好調なのでしょうか?前述のように販売価格が約15万円まで下がったことが大きな理由の一つです。15万円という価格は安くはないですが、最近のハイエンドスマホの価格から考えれば極端に高額というわけではありません。ハイエンドスマホを求めるユーザーにはギリギリ許容範囲なのでしょう。

しかし、有機ELディスプレイの折り畳みではないスマホにすればもっと安くなるわけですので、折りたたみスマホであることのメリットまで考えないと、この販売好調な理由の説明としては不足です。

折り畳みであることは、広げた時にこれまでのスマホよりも広く、タブレットに近い画面サイズになることに意義があると考えられていましたた。これは技術者らしい視点です。しかし、韓国では主に女性がSamsung Galaxy Z Flipを購入しており、圧倒的に男性よりも女性に人気があります。そしてストラップを付けたり、シールを貼ったりするのが人気です。これはかつての折り畳みのガラケー文化がスマホへ進化したようなノスタルジーがあるのでしょう。

また折りたたみスマホを90度程度開いた状態でテーブルの上に置き、テレビ電話的な使い方をするのも人気のようです。このような人気の理由は、技術者には先読みし難く、それ故に一度知れ渡ると一気にブレイクする期待感があります。かつてのガラケーでもそのようなブレイクポイントがいくつかありました。そんな期待感があります。

スポンサーリンク

サムスンGalaxy Z Flipは超薄型ガラスを搭載!

有機ELディスプレイの折り畳みスマホは、基本的にはディスプレイの保護材としてはポリイミドフィルムを使用していました。初代「Galaxy Fold」もそうです。ところがこのSamsung Galaxy Z Flipは超薄型ガラスを搭載した最初の製品です。超薄型ガラスの厚さは30ミクロン程度で、20万回の折り曲げ試験をしても問題ない耐久性を有しています。

この超薄型ガラスは、サムスンのグループ会社の韓国のDowooinsysが製造し、Samsung Dsiplayに供給し、有機ELディスプレイに組み込まれています。そのため二代目の「Galaxy Fold」にも超薄型ガラスが搭載される見通しです。

これによりサムスンはディスプレイの重要部材の1つ韓国国内から調達することに成功し、これまでポリイミドフィルムを供給していた日本メーカーには痛手でしょう。

関連記事:Samsung Galaxy Foldにガラス基板が搭載される?PIは?

まとめ

Samsung Galaxy Z Flipの販売が好調であることについて紹介しました。これは折りたたみスマホの重要なステップになる可能性が高いです。さらにディスプレイの重要部材の多くを供給していた日本メーカーにとっても重要な影響がある製品です。

▼有機ELテレビ・スマホなどの情報についてはこちら▼
有機ELテレビ・スマホや発光材料・TFTなどのまとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました