幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

まとめ

独立して起業していくための情報まとめ

投稿日:2020年1月28日 更新日:

30年ぐらい前の日本社会では、大企業に新卒で入社し、終身雇用と年功序列制度の下で定年まで働き、退職金をもらって年金生活に入り、悠々自適な人生を送るという人生設計が語られることがよくありました。ところが現在は、終身雇用と年功序列制度はほぼ崩壊し、いつリストラされても不思議ではありません。むしろ厳しい状況に追い込まれる前に、自分から積極的に行動していった方が活路が開ける可能性が高いでしょう。独立して起業していくために役立つ情報を紹介します。

スポンサーリンク

会社で我慢して働き続けるべきでしょうか?辞める決断は?

最初に誤解の無いように記しておきますが、人それぞれの事情がありますし、職場の状況も異なりますので、それらを確認もしないで全てにベストなソリューションなど有り得ません。また個別の事情・状況を確認したとしても、その判断がどのような結果をもたらすのかは、当事者の努力によるところが大きいですし、運に左右される場合もあります。冷静に考えれば、人生とはそのようなものです。本人の努力が必要ですが、努力だけですべてが決まるわけでもありませんし、運というものも影響を与えます。

ここではこのようなことを理解した上で、「自分の人生を切り拓いていきたい」という人のための参考として記します。自分の人生ですので、最終的には自分の責任・判断で選び、進んでいかなければなりません。

まずどのような職場でも、通常はある程度のストレスはあります。どうしてもうまくやっていくのが難しい人もいます。仕事が大変な場合もあります。ある程度努力をするとしても、以下のような場合は社内で異動してもらうか、退職した方が良いでしょう。

1.業務が明らかに過酷で耐え難い

2.上司または会社が違法行為を行っている

3.仕事の内容の割に賃金が非常に低い

現在、新卒で入社した会社で定年まで働く人は10%以下と思われます。つまり、9割以上の人は定年より前に退職するわけですので、上記のような厳しい状況のために退職したとしても異常なことではありません。

重要なことは、転職あるいは独立して起業するなどにより、退職後にも収入を得て生活できるようにすることです。自分の人生ですので、そのために全力で努力しましょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:会社で我慢して働き続けるべきでしょうか?辞める決断は?

逆境を乗り越える方法!リストラされた時に実践しました

人生、本当にいろいろなことがあります。調子の良い時はよいのですが、逆境にあるときほどその人の真価が問われます。逆境にある時ほど、不安・悩みが襲い掛かってきます。「逆境を乗り越える方法」を知っていれば、自分を見失わずに努力して成功に向かって進んでいけるでしょう。

私は、大学を卒業して入社した会社で2年間働いてリストラされました。業績が悪かったわけでもないのですが、会社の事業戦略が変わり、部門ごと分社化された後に解散となりました。私なりにある専門について勉強し、その業務に従事できる職場として選んだのですが、新卒で就職してたった2年間で職を失うことになるとは想像していなかったので、精神的にかなりきつい逆境となりました。

世の中には本当に大変な逆境で必死に努力されている方々がいらっしゃいます。そのような方々と比べれば、私が体験した逆境は大したことはないのかもしれません。しかし、当時の私はかなり精神的に不安定になり、職場から自宅へ帰る途中で書店に立ち寄り、いくつかの自己啓発本に自分を支えてくれるものを求めました。

人間は何をすれば良いのかがわからなくなってしまい、今の状況が近い将来続かなくなると考えられる場合は、不安に陥りやすくなります。誰かのせいにしたり、誰かに助けて欲しいと期待しても、ほとんどの場合は状況は変わらず、何もしなければ時間とともに状況が悪化してしまう可能性が高いでしょう。そんな状況から脱するために最初に必要なことは、明確な目標を立てることです。

自分一人になって、じっくり物事を考えられる場所と時間を作りましょう。自分で自分に問いかけ、「これから自分が何をしたいのか?」を探し出しましょう。その時に一番重要なのは、本当に心からやりたいと願うこと、成し遂げたいと思えることを見出し、それを目標に設定することです。決してネガティブな感情で物事を考えてはいけません。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:逆境を乗り越える方法!リストラされた時に実践しました

スポンサーリンク

逆境を乗り越えた人!創業者編:CoCo壱番屋、ダイソー、KFC

「人生山あり谷あり」と言われますが、何の障害もなく、順風満帆な人生など滅多にないでしょう。場合によっては想像を絶する用な逆境に遭遇することもあります。逆境に耐え、乗り越えることができれば実りある人生とすることができるでしょう。

現在、何らかの困難に直面し、苦しい思いをしている人も、より困難な逆境を克服した人の話を聞けば励みになるはずです。あの有名なCoCo壱番屋、ダイソー、KFCの創業者も大きな困難に立ち向かい、乗り越えて大きな成功を手に入れました。

国内・海外で合計1,467店(2018年11月末現在)もの店舗がある「カレーハウスCoCo壱番屋」を創り上げた宗次徳二氏が、どのような方かご存知でしょうか?その生い立ちは壮絶です。「カレーハウスCoCo壱番屋」を創業してからも、3~4時間の睡眠時間で仕事に専念したそうです。私もその壮絶な人生を知り、勇気をもらいました。

CoCo壱番屋、ダイソー、KFCの創業者である宗次徳二氏、矢野博丈氏、カーネル・サンダース氏について、以下の記事で紹介しています。

関連記事:逆境を乗り越えた人!創業者編:CoCo壱番屋、ダイソー、KFC

フリーランスと自営業と個人事業主の違いは?法人化は?

会社を辞めて個人として事業を営んでいる場合を指す言葉として、フリーランス、自営業、個人事業主という言葉をよく聞きます。これらはどのような意味なのでしょうか?

フリーランスとは、企業等に所属せず、個人として事業を営む形態を言います。日本では「フリー」と呼ぶことも多いです。基本的には請負で仕事をすることになります。

自営業は、フリーランスとほぼ同じ意味です。自営業を営む人を自営業者と呼びます。

個人事業主は、フリーランスの内、法人を設立していない人のことです。個人事業主として働く場合には、まず税務署に「開業届」を提出します。

会社を辞めてフリーランスになると決めたら、新たに法人を設立するのか、開業届を提出して個人事業主としてやっていくのか決めます。法人を設立するためには費用がかかること、利益に対する税率の違いから、売上・利益の規模がある程度以下では個人事業主の方が有利になることが知られています。そのため、まず個人事業主として事業を始め、順調に事業が軌道に乗り、売上・利益が増えてきたところで法人化するいわゆる「法人成り」を選ぶ人もいます。

関連記事:フリーランスと自営業と個人事業主の違いは?法人化は?

社長とCEOの違いは?取締役と執行役員の違いは?

日本では会社の組織、運営等については「会社法」という法律で定めています。その会社法で規定されているのは、代表取締役と取締役のみであり、実は社長もCEOも規定されていません。社長、CEOだけでなく、会長、副社長、COO、CFOなどもただの内部的な呼称に過ぎません。したがって、それぞれの呼称が法律的にはどのようなものであるのかは定められていませんので、内部的にある程度自由に決められます。

日本では、一般的には社長を置くことが多く、さらに社長が退任後に会長になることが多いです。CEOはChief executive officerの略で、一般に最高経営責任者と訳されています。同様にCOOはChief operating officerの略で最高執行責任者、CFOはChief financial officerの略で最高財務責任者です。いずれも欧米の会社で使われている呼称で、日本でも使用されるようになってきました。

厳密には社長とCEOは異なるのですが、日本では同じように使われている場合もあります。詳しくは以下の記事で紹介されています。

関連記事:社長とCEOの違いは?取締役と執行役員の違いは?

松下幸之助の言葉「成功するかどうかは90%が運」に救われた

インターネット上で松下幸之助の言葉「成功するかどうかは90%が運」という記事を読みました。誤解の無いように説明すると、これは努力が必要ないと言っているわけではありません。松下幸之助は、尋常では無い努力をして、リスクをとって松下電気産業(現在のパナソニック)を創業した偉人です。成功するためには努力が必要ですが、努力すれば必ず成功するというものでもなく、運が関係するということを意味しています。

米国で一代で起業し、富豪に上り詰めた人もいますし、日本でも同様に成功した人がいます。それらの方々はリスクを取ってものすごい努力をした上で成功を手にしているわけで、尊敬に値します。それでもそれらの方々が、もし内戦をしていて国内が乱れているような国に生まれ育ったら、同じように成功できたのかと考えると必ずしもそうではない可能性が高いです。いつどこで生まれ、育つのかは本人の意思で選べるものではありませんので、運と言うしかないでしょう。

したがって、何かに向けて努力し、成功したとしても、すべて自分の努力で成し遂げたというのは少々傲慢でしょう。それでも大きな成功を手に入れるために努力が必要であることは間違いのないことで、運だけで成功できるわけではありません。以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:松下幸之助の言葉「成功するかどうかは90%が運」に救われた

成功するために必要な3つのこと!誰でもできることを行う!

多くの人が成功したいと願いながらも、その願いを叶えられずにいます。成功した人は、成功するかしないかはわずかな差が原因となり、それが長い期間を経て大きな差となるからであることを知っています。つまり、現状から一歩踏み出すことで、成功することができる可能性が高くなるのです。

どのような願いを持ち、それを実現させたいと考えているのかは人それぞれです。もちろん、その願いによって、実現するために必要なことは変わります。ここでは多くの願望に共通するエッセンスを述べたいと思います。それらは以下の3つです。

1.目標を明確にすること
2.目標を達成するための方法を調べ、詳細な計画を立てること
3.計画に則って継続的に努力すること

「当たり前だ!」「特別な方法でもないな」という印象を受けた方が多いのではないでしょうか?それだけに王道とも言えます。しかし、ほとんどの人が、この王道とも言えることを実践できず、願いを叶えられずに人生を終えてしまうのです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:成功するために必要な3つのこと!誰でもできることを行う!

幸せな人生にするための秘訣!感謝をする!人を恨まない!

誰が見ても不遇な境遇にある人でも、恵まれている部分は少しはあることが多いようです。決して他人の不幸をみて喜ぶような歪んだ心ではなく、冷静に周囲の人を見て、自分が恵まれている部分を探してみましょう。

世の中には不幸にして病で若くして亡くなる方がいらっしゃいますし、思いがけない事故で亡くなったりすることもあります。今日一日、大過なく過ごせたら、そのことに感謝してもよいはずです。

世界に目を向ければ、食事をすることさえ困難で、安全な飲み水さえ手に入れることが難しい人々がいます。食事ができたらそのことに感謝してもよいでしょう。

家族や友達もいなくて、職場でも孤立しているような人もいます。誰かが自分のために何かをしてくれたり、協力してくれたら、感謝し、「ありがとう」というべきです。

そんな感謝の気持ちが心を満たした時に、平穏で満たされた気持ちになります。それが何よりも自分にとって利益になります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:幸せな人生にするための秘訣!感謝をする!人を恨まない!

アイデアの作り方!誰でも成功できるチャンスがある!

近年の150年間で、世の中では極めて多くのモノが発明されました。それらはすべて誰かの頭の中で思いついたモノであることは疑うまでもありません。発明だけを考えても、人間の頭脳が社会に与えた影響はとてつもなく大きいことがわかるでしょう。誰でもアイデア次第で成功できるチャンスがあるわけです。

それでは「アイデアを出す能力」といったものがあるのでしょうか?それとも誰もが偶然によるひらめきを待つしかないのでしょうか?

多くの優れたアイデアに出会い、成功した事例を見る限りにおいては、優れたアイデアを探し続け、努力と失敗を重ねた末に辿り着いたパターンが多いということがわかります。したがって、偶然による要素が大きいとは言え、探し続けなければ出会うことが難しいのは間違いありません。

偶然という要素がある以上、100%確実な方法はありえませんが、少しでも早く優れたアイデアに到達できるようにするための方法が、「アイデアの作り方」と言えるでしょう。そんな方法を知っている方が得です。すでにいろいろな発想法が多くの人から提案されています。まずはそれらを調べ、気に入ったものを試してみると良いでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:アイデアの作り方!誰でも成功できるチャンスがある!

自分に必要なものを見極める時間術!残りの人生を有意義に過ごすために!

10〜20代の方々とは違って中年以上の年齢の方々は、残りの人生を考える機会が年齢が上になるほど多くなるでしょう。人間には寿命があり、人生の時間には限りがあります。したがって、残りの人生を有意義に過ごすということは、残りの時間を有意義に使うということとほぼ同じ意味と言えるでしょう。健康で、自分の身体を存分に使って活動できる時間を考えれば、さらに限られた時間であることがわかります。

残りの人生を有意義に過ごすための重要な戦略は、「残りの人生でやるべきこと」と「残りの人生でやらないこと」を決めることです。これらは同じカードの表と裏のようなものです。まず「残りの人生でやるべきこと」をリストアップしてみましょう。これは難しく考えず、素直な気持ちでやりたいことをどんどんリストアップします。できるだけ前向きにポジティブな気持ちでリストアップすることが、それらを実現するためのエネルギーにもなりますので重要です。

このリストアップする作業をやり終えてみると、「時間が足りない」ということに気がつくでしょう。それ故に「残りの人生でやらないこと」を決めることが重要になるわけです。これは日常の些細なことにも有効です。「やらない」と決めてしまえば、時間と労力が節約でき、やるべきことに集中できます。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:自分に必要なものを見極める時間術!残りの人生を有意義に過ごすために!

お金で時間を買う方法!簡単なことから実践!人生が開ける!

人生において最も大切なものの一つが「時間」です。これは歳を取れば取るほど痛感します。そうであれば、時間を節約できるものにはお金をかけても、十分に「投資」に値するはずです。「お金で時間を買える」ものについて考えてみましょう。これは必ずしもお金持ちでなくても実行できることがあります。工夫次第では節約になることもありますので、まずは検討してみましょう。

通勤をする多くのサラリーマンにとって大きいことは通勤時間を短縮することです。たとえ片道10分の短縮であっても往復で20分、それが何年にもなると大きな時間の差となります。賃料や住宅価格などのコスト最優先で決めるのではなく、時間の価値というものも考慮して決めるべきでしょう。

クレジットカードの明細書の電子化をしていますか?最近はクレジットカード会社から電子明細書の案内が送られてくることがあります。これを承諾することでポイントが貰えることもありますが、それだけではなく時間の節約になります。私も以前は紙の明細書が郵送されてきましたが、開封して中身を確認しても、セキュリティに配慮すればそのままゴミ箱に捨てるわけにもいかず、シュレッダーにかけるなどの手間がかかっていました。クレジットカードが数枚あり、毎月明細書が送られてくると案外時間のかかる作業となります。これをすべて電子化することでシュレッダーを使う頻度が大きく減り、時間の節約になっています。

これら以外にも案外時間の節約になる方法があります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:お金で時間を買う方法!簡単なことから実践!人生が開ける!

思考力を高める方法!低下させる原因を無くして集中する!

何かを成し遂げる時は、通常はそれ相応の努力が必要ですし、時間も要します。それでも最終的に何かを成し遂げられるのは、人間の頭(脳)の中で成し遂げたいこと(目標)を明確にし、強く意識し続けた結果です。脳で目標をイメージせずに、無意識のうちに達成できてしまったなどということは考え難いでしょう。

そう考えると、思考はすべての出発点であり、「何を思考するか(考えるか)」で未来が決まると言えます。それほど大切な思考をする力とエネルギーを毎日何に使っているでしょうか?

必ずしも歴史に残るような偉業だけが重要なわけではありません。仕事における目標やプライベートの目標、もう少し広い視野で見れば人生の目標なども非常に重要です。人それぞれ大切なことがありますので、大切なことのために思考力とエネルギーを使わなければなりません。物事に優先順位を付け、重要なことに思考力のエネルギーと時間を充てられるように、それほど重要ではないことにエネルギーと時間を奪われないようにすることが大切なのです。

思考力を高める方法としてもう一つ重要なことは、「大切なことへの思考を中断させないこと」です。つまり、それほど重要ではないことを考えると、それだけ重要なことを考える時間が奪われてしまうからです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:思考力を高める方法!低下させる原因を無くして集中する!

「ガイアの夜明け」で紹介された「nutte(ヌッテ)」的なビジネスモデルの可能性

2016年9月13日放送のテレビ東京の人気番組「ガイアの夜明け」で、「消すな職人技!生き残りの秘策」と題した回が放送されました。その中で縫製職人と小ロットで縫製をお願いしたい人を結びつける「nutte(ヌッテ)」というウェブサイトを運営している人の話が紹介されました。

番組ホームページから該当部分を以下に引用します。

「かつて日本全国にあった縫製工場。しかし今は海外に仕事を奪われ、倒産した工場も多い。 縫製工場で腕を振るってきた職人たちは仕事を失い、別の仕事に就くか、個人で縫製の仕事を請け負うなどして生活を続けてきた。しかし個人で縫製の仕事を請け負うといってもアパレルメーカーのサンプルの作成などで得られる収入だけでは厳しい状況だという。 現在そんな職人が、全国で20万人いるといわれている。その現状に目をつけたのが昨年創業した「nutte(ヌッテ)」だ。縫製職人と商品を作って欲しいというメーカーをつなぐサービスを提供している。仕組みは、まず作ってもらいたい側が予算や納期、デザインを提示する。職人は、予算や納期、仕事内容を見て仕事を受けるか決めるというもの。 職人が個人のため小ロットで出来るのが強みで、規模の小さいアパレルメーカーや子供の学芸会用の衣装など一般人でも利用できるのが特徴だ。 登録している職人は現在約1000人、年齢層も幅広く経験も豊富なことからイメージだけ伝えれば商品を作ってくれるという。ヌッテのサービスは、苦境に喘ぐ繊維業界の救世主となれるのだろうか? 」

現在のインターネット網を駆使すれば、小規模でも仕事を依頼したい人と仕事を求めている人を結びつけることができます。これがシステム化され、ある程度の規模で稼働すれば、多くのビジネスチャンスを生み出す可能性があります。そして多くに個人に副業や独立する機会を与えることになるでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:「ガイアの夜明け」で紹介された「nutte(ヌッテ)」的なビジネスモデルの可能性

習慣から思考を変える方法!人生の可能性を広げよう!

成功するために毎日努力している勤勉な方々が多数いらっしゃいます。勤勉な人ほど日課を定めて習慣化しているかもしれません。「人間は習慣の動物」とも言われますので、成功するための日々の努力が習慣化されれば成功する確率も高くなるでしょう。案外見落としがちな習慣が思考へ与える影響について紹介します。

目標を達成するための努力が習慣化されることは良いことなのですが、どのような習慣でもそれ一辺倒になってしまうと弊害があるということは認識しておいた方が良いでしょう。日々何となく行い、習慣化していることが無意識のうちに思考に影響を与えている可能性が高いということです。

例えば、毎日、新聞を読んでいるでしょうか?無意識のうちに日々読んでいる新聞の論調が思考に染み付くものです。したがって、どの新聞紙を購読して読むかによって、思考にバイアスがかかりやすくなります。そのバイアスがプラスなのかマイナスなのかは状況にもよりますが、バイアスがかかることは認識しておいた方が良いでしょう。同様のことは、定期的に視聴するテレビ番組やインターネットのサイト、交流する人のタイプなどにも同様に影響を受けやすくなります。

自分なりの視点や考え方を持つことは意味がありますので、それそのものが悪いわけではありませんが、受動的に無意識に受け入れ続ける情報に自分の考え方が影響を受けてしまうことは怖いことでもあります。考え方が硬直的になってしまったり、アイデアが枯渇しないように、意図的にいつもと違うことをしてみることも意味があるでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:習慣から思考を変える方法!人生の可能性を広げよう!

まとめ

独立して起業するために役立つ情報を紹介しました。現在は困難な状況にあっても、努力すればきっと道は開けるはずです。

スポンサーリンク

-まとめ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

平成の失業率・空き家率・通信料金など日本社会の変化のまとめ!

平成の時代が終わり、令和の時代が始まりました。平成の時代は、1989年(平成元年)1月8日から2019年(平成31年)4月30日まで。日本と世界で大きな出来事がありましたが、ここでは日本で起こった身近 …

光ファイバーのことがわかるまとめ!

光ファイバーは高速の光信号を伝送できるデバイスです。被覆し、両端にコネクターを取り付けた光ファイバーケーブルとして使用されており、現在のブロードバンド通信網を構築するには欠かせないものです。5Gの時代 …

大学の研究費削減・研究力低下・学費の値上げなどのまとめ!

日本の企業では、年功序列・終身雇用などの制度が実質的に崩壊しつつあると言われています。長く続いてきた日本の社会の常識が大きく変わろうとしています。それは大学の世界でも同じです。多くの一般の人にとっては …

ヒートアイランド現象と対策についてのまとめ!

日本の夏は猛暑です。地球温暖化の影響についてはまだ議論されていますが、ヒートアイランド現象については否定する人は見当たらず、平均気温を上昇させる影響があると多くの人々が認めています。したがって、ヒート …

AR・VRの情報をまとめました!必見です!

ディスプレイ技術・CG(コンピューターグラフィックス)の技術が進歩し、VRおよびARの活用が進んでいます。実際に使ってみるとその魅力を理解し易いことから、今後もますます技術が進歩し、普及していくとよそ …