プログラミングについての役立つ情報をまとめました!

まとめ

時代とともに求められる人材とスキルは変化していきます。AI(人工知能)の進歩とともに無くなる仕事も増えると言われています。これからの時代に必要とされる人材となるためには、時代の先を読んでスキルを習得する必要があるでしょう。多くの人が注目しているプログラミングについてまとめました。

スポンサーリンク

プログラミングを学ぶと転職に役立つのでしょうか?費用は?

「人生100年時代」と言われていますが、それは多くの人にとってより長い期間働くことを意味しています。そうなるともはや学校や新卒で入社した企業で最初に学んだことだけでは、スキルが古くなってしまうことが多くに人に起こり得ます。時代の先を読んで必要とされるスキルを習得した方が転職等に有利に働く可能性が高いでしょう。そのスキルとしてプログラミングが注目されています。

経済産業省の報告書「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果 平成28年6月10日」などでは、2015年時点で約17万人のIT人材が不足しており、今後ますます不足する人数は拡大するとされています。人口が減少していく日本では、人手不足が多くの業界で顕在化しています。数多くある業界の中から、職業として選ぶのであれば、今後成長していく産業であり、スキルを習得すれば特定の企業だけでなく、多くの企業で職を得られそうな業界が有望でしょう。

現在、何らかの仕事に従事している方が、これからプログラミングを学んで習得するには、基本的には独学で学ぶか、プログラミングスクールで学ぶ方法が考えられます。プログラミングスクールでは、適切なカリキュラムが組んであり、質問を受け付けてくれるところもあります。そのため独学よりは、挫折せずに、ある程度の期間である一定レベルのスキルまで習得できる可能性が高いです。独学を否定するものではありませんが、費用面で問題が無いようであれば、プログラミングスクールで学ぶ方が大きな失敗は避けられる可能性が高そうです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:プログラミングを学ぶと転職に役立つのでしょうか?費用は?

プログラミング初心者が知っておいた方が良い3つのこと!

これからプログラミングを学ぼうとする人は、以下のことを知っておいた方が良いでしょう。

まず1つ目は、IT人材が不足するということです。人材が過剰になる分野よりは、不足すると予想される分野の方が有利になる可能性が高そうです。

2つ目は、プログラミングは理系でも文系でも問題なく習得できるということです。以前は理系のスキル・職種というイメージが強かったのですが、文系でも大丈夫です。

3つ目は、プログラミングを習得するのに多額の費用をかけなくても工夫次第では習得できるということ。ほとんどの学校で高い授業料がかかりますが、IT人材が不足しているため、工夫をすれば安くすることが可能です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:プログラミング初心者が知っておいた方が良い3つのこと!

スポンサーリンク

Pythonでできることは?自動化?AI?初心者でも大丈夫?

プログラミングを学ぶ時に、最初に考えないといけないのが「どのプログラミング言語を学ぶのか?」ということ。これはかなり重要なことですが、初心者にはよくわからない点でもあります。

基本的にはそのプログラミング言語を使って、どのような分野で活用するのかによります。特に現在注目されている人工知能(AI)の分野の機械学習や深層学習(ディープラーニング)というプロセスで活用されることが多いPythonについてある程度知っておくと良いでしょう。

ポイントはどのような分野でどのようなことをするために使われているのかということです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:Pythonでできることは?自動化?AI?初心者でも大丈夫?

フリーランスのITエンジニアで仕事が獲れなくてお困りですか?

最近は早期退職制度を実施する企業も多く、フリーランスのITエンジニアとして働き始める人も多いです。いろいろな仕事がある中で、ITエンジニアは比較的フリーランスで仕事を獲れる可能性が高いでしょう。ビジネスは需要と供給の関係で成立しますので、製品のプログラミングや設計のスキルがあればそれを必要としている企業と契約を交わせる可能性が高いです。

現在は日本ではITエンジニアが圧倒的に不足していることはよく知られていることで、今後もさらにその不足人数は拡大していくことはほぼ確実です。したがって、ITエンジニアへのニーズは当面は無くならないでしょう。

そんなフリーランスのITエンジニアでも、始めたばかりの段階では仕事を獲ることでかなり苦労する人が多いでしょう。そんな時はどのようにして仕事を穫れば良いのでしょうか?

フリーランスになる前にITエンジニアとして仕事をしていた経験がある場合は、その時の人脈を活用してフリーランスとして独立時の最初の仕事を獲れるようにすることがもっとも多いパターンでしょう。

もう1つは、フリーランスをサポートして、仕事の案件を紹介してくれるエージェントを活用する方法です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:フリーランスのITエンジニアで仕事が獲れなくてお困りですか?

まとめ

2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されます。これからの時代に必要とされるスキルの1つであるプログラミングについてまとめました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました