iPhoneのテクノロジー・使い方・ビジネスがわかるまとめ!

iPhone

日本でもっとも人気の高いスマホはiPhoneです。私もiPhone 4、iPhone 6、iPhone 8、iPhone 11と使ってきたユーザーです。最先端のテクノロジー、スマホのトレンド、ビジネスという点でもiPhoneは世界中が注目しているスマホでもあります。以下に紹介します。

スポンサーリンク

iPhone 11 Proはなぜトリプルカメラ搭載したのか?

iPhone 11 Proが2019年9月に発売になり、トリプルカメラが搭載されたことが注目されました。実はトリプルカメラは競合他社のスマホではすでに搭載されていますが、そもそもなぜスマホに搭載されるカメラの数が増えるのでしょうか?ここで言う「カメラの数」とは、あくまでも通常の写真撮影をするためのカメラの数のことで、ディスプレイ側にある自分を撮影するためのカメラなどは含めていません。

通常撮影用のカメラの数が増える大きな理由の1つは、スマホのカメラのズーム機能強化があります。一眼レフのカメラのズームレンズを見るとわかりますが、カメラの高性能なズーム機能を持たせるには、複数枚のレンズを組み合わせて、ズームの倍率に合わせて動かす必要があります。ところがスマホは10mm未満の薄い本体の中にすべての部品を内臓しなければなりません。レンズを組み合わせて、レンズ間隔を調整できるように駆動させようとしても無理があります。そのため実際にレンズを動かす「光学ズーム」機能はなく、撮影した画像をデジタル的にズームする方法が一般的です。

そこで導入されているのがカメラの数を増やすという方法です。それぞれのカメラを広角用、望遠用、標準用として役割分担することで高度なズーム機能を実現しています。この効果は絶大で、特にスマホで写真撮影することが多い人には嬉しい機能向上です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:iPhone 11 Proにトリプルカメラ搭載!スマホのカメラはなぜ増える?

iPhoneのストレージは容量の選び方

iPhoneにはストレージ容量にいくつかのラインアップがあります。2019年9月26日時点で最新のiPhoneであるiPhone 11 Proの場合、64GBモデル、256GBモデル、512GBモデルがあり、それぞれ税別価格は106,800円、122,800円、144,800円です(Apple公式サイトより)。私が初めて買ったiPhoneであるiPhone 4は、ストレージ容量が8GB、16GB、32GBのラインアップであったことを考えると、512GBもの大きなストレージを必要とする人がどれだけいるのか少々疑問に思います。

最近はノートパソコンのストレージもSSDが搭載されるようになり、HDDよりも高価なために容量はHDDよりもコンパクトになっています。同じAppleのノートブックパソコンのハイエンドモデルでさえ128GBモデルからラインアップされていますので、512GBものストレージがスマホに搭載されているなんて最強ですね。

スマホのストレージが大容量化する理由の1つとして、写真やビデオの画像が高精細・高画質になり、撮影した画像データが大容量になることがあります。古い機種と同じ感覚でどんどん写真やビデオを撮影すると、かなりの画像データ容量になってしまうためです。

前述のようにストレージ容量が大きくなるほど価格も高くなりますので、自分の使い方ならばどのぐらいのストレージがあれば十分であるのかを調べてみると良いでしょう。まず自分のスマホで、ストレージの使用状態を確認してみましょう。かなり余裕があるようであれば、現在使用しているスマホと同じストレージサイズで十分でしょう。それほど余裕が無く、現在よりもカメラの性能がワンランクアップする新しい機種に変更するのであれば、ストレージ容量もワンランクアップさせた方が無難でしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:iPhoneのストレージは容量はいくらあればよいのか?確認しよう!

スポンサーリンク

iPhoneで動画が再生できない!

最近はYouTubeなどの動画サービスが普及しており、ブログなどのサイトのページでも動画が埋め込まれていることが多くなりました。iPhoneでいろいろなサイトを見ていて、動画が埋め込まれているのを見つけて、視聴するためにタップしても、なぜか動画が再生できないことがあります。なぜでしょうか?

その原因としては、主に以下が考えられます。

1.通信が不安定(電波状況が悪い)
2.通信の速度制限
3.Safariの履歴が溜まっている

それぞれの原因に対して適切に対処すれば、通常はiPhoneでも動画が視聴できるようになります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:iPhoneで動画が再生できない時の対処法はこれ!簡単です!

AppleのTrue Toneと色補正とは?

最近のAppleのiPhoneやiPad、MacBookには、True Toneという機能が付いており、周囲の光に合わせてディスプレイの色味が自動で変わります。それにしても自動でディスプレイ画面の色味が変わってしまうなんてどういうことなのでしょうか?

人間の目は、光の明るさに順応する「明順応」と「暗順応」という性質があります。明るいところから急に暗いところへ行くと、しばらくは周囲がよく見えなくなります。しかし、しばらくすると徐々に暗さに目が慣れてきて、周囲が見えるようになってきます。これが暗順応です。反対に暗いところから急に明るいところへ移動すると、眩しすぎてよく見えないことがあります。それでも徐々に明るさに目が慣れてきて、普通に周囲が見えるようになります。これが明順応です。

この明順応と暗順応と同じようなことが色味に対しても起こります。赤いセロハンなどで作った眼鏡をある程度の時間かけて、急に外してみると、視野内が全体的に緑色に見えることを体験したことがある方も多いでしょう。これが色順応です。他の色に対しても、それぞれの補色の関係にある色に見えます。

一般的に室内照明で使用している照明は、色味が異なります。例えばLED照明には、「電球色」「昼白色」「昼光色」などの照明の色味(色温度)の表示があります。これらの照明の下で白い紙を見た時に、そもそもの照明の色味が異なりますので、見え方が違ってくるわけです。それに対して人間が色順応しますので、それに合わせてディスプレイの色味を調整するのが「True Tone」というわけです。以下の記事で紹介しています。

関連記事:明順応と暗順応と色順応とは?AppleのTrue Toneと色補正

iPhoneを選ぶ理由は?

スティーブ・ジョブズ氏がiPhoneを発表してから、急速に世界中にスマホが普及しました。2018年の世界のスマートフォンの出荷台数は約14億台で、前年度比4.1%減少となりました(米国の調査会社IDCの調査結果より)。これまで急速に出荷台数を伸ばしてきたスマホの市場が、飽和してきたわけです。

スマホの世界シェアは、以下のようになっています。

第1位 サムスン 20.8%
第2位 アップル 14.9%
第3位 ファーウェイ 14.7%

iPhoneの登場から、iPhoneはスマホのトレンドをしばらくは創ってきました。その原動力となったのは、最先端のテクノロジー、洗練されたデザインなどによる革新的なブランドイメージです。ほとんどの製品に共通することですが、性能・機能が成熟してくると差別化が難しくなり、革新的なブランドイメージを維持することが困難になってきます。iPhoneにもそのような懸念があります。

iPhone Xからディスプレイとして有機ELが採用されました。この有機ELディスプレイは、最大のライバルであるサムスンから供給を受けています。有機ELはかなり前からサムスンのGalaxyに搭載されていたため、後追い担った点も否めません。またサムスンやファーウェイは、すでに折り曲げ可能な有機ELを搭載された機種を開発していますので、テクノロジー面でも遅れている印象になってしまいました。

また最新の移動体通信規格である5G対応という点でも、Appleとクアルコムとの特許紛争により、5Gの重要部品をクアルコムから供給されず、5G対応スマホの開発でも遅れています(*現時点では、和解が成立し、5G対応スマホの開発が始まっています)。

もうiPhoneを選ぶ理由はなくなってしまったのでしょうか?

ハードウェアの性能・機能の成熟によるコモディティ化は避けられないところです。単純に新しいテクノロジーを搭載すれば売れるというわけではありませんし、実際、サムスンの折り曲げ可能な有機ELを搭載したスマホが爆発的に売れているわけでもありません。iPhoneの売上不振の原因はiPhone Xの価格が高くなりすぎた点にあるという指摘もあり、より低価格なモデルが売れています。

Appleは、iPhoneと他の自社製品(Apple Watch、MacBook、iPadなど)との連携機能を強化し、Apple TVなどのサービスを開始しています。単純にiPhone単体の革新性で勝負するのではなく、より多面的な土俵で勝負しようとしているようです。実際、Apple Watch、MacBook、iPadを使っていると、iPhoneとの連携機能が便利で、やはりしばらくはiPhoneを使い続けそうです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:iPhoneを選ぶ理由は革新性?折り曲げは?5Gは?

Appleのスマホビジネスは転機を迎えている?

iPhoneの登場から世界中にスマホが普及し、すでにその市場は飽和しつつあります。スマホのビジネスも転機を迎えているのかもしれません。

これまでの歴史を簡単に振り返ってみます。Appleはスティーブ・ジョブス氏が創業した企業としてあまりにも有名です。そして、創業者であるスティーブ・ジョブス氏が一度追放され、1990年代後半には大きな赤字を出し、倒産の危機にありました。その後、スティーブ・ジョブス氏がAppleに復帰し、iMac、iPadを成功させ、Appleは復活します。しかし、Appleを株式時価総額世界一まで成長させたのは、何と言ってもiPhoneです。

iPhoneは2007年に初代が発売されました。それ以降、毎年新型iPhoneが発売されています。初代iPhone以降は、毎年新型iPhoneは前モデルに比べてかなり購買意欲をそそるような進歩があり、話題を作りながら、売上を伸ばしました。しかし、機能が充実し、商品として成熟してくると、誰にでもわかるような魅力的な進歩をアピールすることが難しくなります。

そのためフラッグシップモデルは、高価格になっても高い機能・性能を搭載していますが、廉価版を併売し、それらで数量と利益を稼ぐ戦略になってきています。単純な価格競争は避けたいため、ブランドイメージを毀損しないように廉価版というほど価格を下げられないという点も難しいところです。詳しくは以下の紹介しています。

関連記事:新型iPhoneにみるAppleの戦略とスマホビジネスの転機

iPhoneの画面が割れるのはなぜ?

iPhoneの画面のガラスは、コーニング社のGORILLA GLASS ゴリラガラスが使用されているようです(機種による違いは不明)。コーニング社が展示会でゴリラガラスをハンマーで叩いて割れないというデモンストレーションをしているのを見たことがあります。並外れた耐衝撃性を備えた強化ガラスであることが一目で分かるデモです。

それにしても電車に乗ると、画面のガラスが割れたiPhoneを持っている人をよく見かけます。ハンマーで叩いても割れないほどの強化ガラスがなぜ割れてしまうのでしょうか?実はiPhoneを落とした時に、画面のガラスが小さな石や何らかの突起物に衝突すると、局所的に大きな力が加わり、強化ガラスといえども割れてしまいます。

そのような不幸なアクシデントを避けるために、iPhoneを使用し始めたらすぐに保護フィルムを画面に貼ることをおすすめします。また割れたままの画面で使用している人も少なくないようですが、ガラスの割れた部分が露出していると、そこを指でスワイプした時に怪我をする可能性がありますので、できるだけ修理することをおすすめします。

割れた画面を修理する方法は、「Apple StoreやApple 正規サービスプロバイダで修理する」「修理専門業者のサービスを利用する」「自分で修理する」などがあります。それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのか、以下の記事で紹介しています。

関連記事:iPhoneの画面が割れる原因は?ガラスの修理と保護は?

カーナビはスマホがあれば不要なのでしょうか?

スマホの性能が向上し、通信網のブロードバンド化も進んだため、Googleマップなどの地図アプリやカーナビゲーションアプリでも、かなり応答性が良くなりました。そのためスマホをカーナビとして利用する人も少なくないようです。確かにスマホの地図情報は更新が早く、地図情報を車載のストレージに収納しているカーナビに比べると、新しい道路などを考慮した道案内が便利なこともあります。カーナビはスマホで十分なのでしょうか?

車のカーナビは性能が高い反面、価格も高いです。新車購入時に少しでも費用を抑えたいと考えた時にカーナビを付けるかどうか検討する人もいるでしょう。しかし、販売実績から見るとカーナビの搭載は増えています。やはりカーナビ専用機ならではのメリットがあるからです。操作性、画面の見やすさ、ナビゲーションとしての基本性能、設置した時のインテリアとしての調和性など、格段にスマホよりも専用機の方が上です。

さらに見逃せないのが、新車購入時に純正のカーナビを選択しないと付けられないオプションがあることです。中でももっとも重要と考えられるのがバックガイドモニターです。ミニバンやSUVなど大型の車両では、バックガイドモニターが無いとかなり運転が難しいですし、危険です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:カーナビはスマホで十分なの?カーナビの出荷台数は伸びている?

ソフトバンクのスマホとNTTのフレッツ光を使っている人の節約術

スマホを自宅で快適に利用するには、光ファイバーなどのブロードバンド回線を引き込み、無線LAN(WiFi)ルーターを接続して使う方法がベストでしょう。高速な通信が可能になりますし、定額利用料金であればパケット代の心配も無くなります。

ところで自宅に早くから光ファイバー回線を引き込んだ方々の多くは、NTTのフレッツ光を利用している方が多いです。かつてはNTTが独占的な地位にいたためです。もちろん現在においても、日本の光ファイバー回線網において独占的な地位はそのままです。しかし、他社による多大な光ファイバー通信網構築のための多大な投資が2重に行われないように、NTTから他社へ既設の光ファイバー回線の貸し出しを行うサービスが行われています。

スマホを利用している人は、上手にこの光ファイバー回線とのセット割を利用すると、スマホと光ファイバー回線の両方合わせた利用料金を減らせる可能性があります。日本ではiPhoneが人気でシェアが高いです。かつてはソフトバンクからのみiPhoneを発売していた時代がありましたので、ソフトバンクのiPhoneユーザーも多いです。

もしスマホはソフトバンク、光ファイバー回線はNTTのフレッツ光を利用しているならば、セット割の利用を検討してみた方が良いでしょう。以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:ソフトバンクのスマホとNTTのフレッツ光を使っている人は必見!

まとめ

iPhoneのテクノロジー、使い方、ビジネスなどについて紹介しました。これからもスマホのトレンドを作る注目の機種でしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました