幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

イノベーションのジレンマを乗り越える!

投稿日:2016年8月11日 更新日:

イノベーションのジレンマ増補改訂版 [ クレイトン・M.クリステンセン ]」を読みましたか?2001年に出版されて、話題になった本です。

業界トップの企業が、顧客の意見に耳を傾けて研究開発しても、その技術分野が成熟していると技術的な差別化をすることが難しくなります。そんな時に全く違ったタイプの破壊的な技術が登場すると、業界が一変してしまうことがあります。そんなイノベーションに関する法則を、詳細な事例分析に基づき解説したベストセラーです。未来予測のケーススタディとして電気自動車が取り上げられていて、非常に興味深く、分かり易いです。

2001年に液晶テレビ「アクオス」を世の中に送り出したシャープが、その後、液晶テレビの売上・利益を伸ばしました。しかし、2000年代中頃にはかなり液晶テレビの画質が高くなり、さらに研究開発して画質を向上させても、ほとんどの人には差が分かりにくいレベルにまで成熟しました。そして、次第に価格競争に陥り、経営危機になり、現在に至っています。「イノベーションのジレンマ」の実例を見るような感があります。

「技術立国日本」を標榜する人々にとっては、研究開発によるイノベーションに多くの期待を持ちます。これからも研究開発によって新しい技術が生み出されるべきですが、そのようなイノベーションによってすべてが解決できるわけではありません。事業という観点で見ると、日本が地道に研究開発した技術が、短期間で韓国、台湾、中国にキャッチアップされて日本企業が撤退を余儀なくされる分野が続出しています。

従来考えられていたような「新技術」を作り出すためのイノベーションだけでなく、活用の方法、ビジネスモデルの作り方などもっと広い意味でのイノベーションが求められているのでしょう。

スポンサーリンク

例えば、以前の記事で紹介したソニーから独立したVAIOの黒字化。「パソコンは大量に生産して販売する」というビジネスモデルから転換し、「ハイエンドの機種を少量生産して利益を出す」方法でこれまで赤字だった事業を黒字化しました。海外ではライセンス事業なども展開する予定です。今後黒字を継続できるかまだわかりませんが、これも一つのイノベーションでしょう。

サイバーダインのロボットスーツ。筑波大学の山海嘉之氏が、研究開発したロボットスーツを事業化するためにサイバーダインを創業し、東証マザーズに上場しました。山海氏はシステム制御工学の専門家ですが、ロボットスーツの医療応用を進め、劇的な成果を上げています。自分の専門分野に閉じこもらず、どんどん研究開発領域を広げ、融合することにより、まったく新しいものを世の中に送り出しています。ここまで革新的であればそう簡単にキャッチアップできないでしょう。




スポンサーリンク

-テクノロジー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

液晶テレビを買いました!東芝 43Z700X REGZA(レグザ)

スポンサーリンク 新しい液晶テレビを購入しましたので、機種選び等についてレビューします! やはり4Kは魅力的です! スポンサーリンク

8Kテレビの価格と買い時は?チューナーは?

2018年12月からいよいよ4K・8K放送が始まります。8K放送は、特に「スーパーハイビジョン放送」と呼ばれ、2Dのテレビとしては「究極の画像表示」ができると言われています。これは以下で解説するように …

HDMIケーブルの4K対応の違いは?プレミアムとは?

4Kの液晶テレビや有機ELテレビとブルーレイ・ハードディスクレコーダーなどの接続は、通常HDMIケーブルで行います。しかし、HDMIにもいくつか種類がありますので、どれを選べばよいのか悩むこともありま …

no image

テクノロジーの活用が生産性を向上させる

前回、豊かになるために「生産性を上げる」ということを書きました。人類の長い歴史を振り返れば、生産性を上げるための方法として「テクノロジーを使いこなす」ということが極めて重要であることがわかります。 産 …

4Kテレビは有機ELと液晶のどっちが良い?画質とインターネット

4Kテレビが売れています。日本では販売されている大型テレビの内、過半数は4Kテレビになっており、フルハイビジョンよりも出荷台数は多くなっています。家電量販店のテレビ売り場に行けば、大型の高画質な有機E …