幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

株式投資

自社株買いのメリットは?代表的な銘柄は?NTT?

投稿日:2019年10月29日 更新日:

先日、保有している株の株価をチェックしたら急に5%程度上昇していました。何があったのか調べてみたら、大規模な自社株買いを発表していました。自社株買いを発表するとなぜ株価が上昇するのでしょうか?以下に解説します。

スポンサーリンク

注目!!
▼その他の株式投資の初心者におすすめの情報についてはこちら▼
株式投資の初心者におすすめの情報をまとめました!

自社株買いのメリットは?

自社株買いとは、企業が自社の株を買い戻すことです。株主還元策の一つとして行われることが多いです。

一般に株主還元と言えば「配当」が思い浮かびます。配当は、決算を終え、純利益のある割合を株主に配分するもので、直接的にお金を株主に渡しますので、株主還元としても理解し易いです。

それに比べると、自社株買いは直接的に株主にお金が渡されるわけではないので、イメージし難いかもしれません。自社株買いを行い、さらにその株を消却すれば、発行済み株式数が減りますので、利益が同じでも1株あたりの利益が増えることになります。株価は一般に1株あたりの利益と相関が高いと考えられ、中長期で1株あたりの利益が増えていけば株価の値上がりが期待できることになります。

つまり、自社株買いは、中長期で株価の値上がりを促すことによって株主に還元する方法と言えます。中長期で保有する前提で考えると、配当はその都度課税されるのに対し、自社株買いは株価が上昇しても売却しない限りは課税されませんので、投資家にとっては効率が高いと言えます。

自社株買いをして得た株を「金庫株」として保有し続けることもありますが、市場に放出されない限りは実質的に同じ効果があると考えて良いでしょう。

しかし、発行済み株式数が減少しても、利益そのものが減少してしまったら、1株当たりの利益も減少し、株価が下落する可能性が高いことも理解しておく必要があります。

自社株買い銘柄のメリットは?

株式投資で勝つ方法は複数の異なる方法があり、ある意味正解は1つではありません。しかし、専業投資家ではない一般の個人投資家が実践できる方法となると、かなり限られてくるでしょう。

もっとも基本的とも言える方法は、中長期で増収増益を続けていける大型株への投資です。配当利回りも高い銘柄を選べば、配当収入込みで勝てる確率が高くなるでしょう。日本株の場合は、日本が人口減少社会に突入していますので、内需だけでは増収増益を続けていくことは難しくなることもあります。海外での事業収益を拡大させている銘柄は有望ですが、国内の売上・利益が頭打ちでも、自社株買いによって一株利益を向上させる方針を示している企業であれば、株価の値上がりが期待できるでしょう。

株価は、必ずしも企業業績だけに影響を受けるわけではなく、世界的な景気動向や様々な出来事に起因する投資家の行動にも強く影響を受けます。業績見通しが悪化していないのに株価が大きく値下がりした局面などで積極的に安値を拾うように投資していけば、中長期で勝てる可能性が高くなるでしょう。

株価が低迷した局面で、継続的に自社株買いを行う銘柄は、経営陣が「株価水準が安すぎるので、自社株買いが合理的」と判断していることを意味します。それにより株価が下支えされる効果も期待できますので、自社株買い銘柄のメリットと言えるでしょう。

スポンサーリンク

自社株買い銘柄の代表例

上場企業としては、株主還元を重視することはもはや必須です。増配姿勢に加えて、継続的に自社株買いを行い、1株利益を向上させていくことを明確に示している銘柄はそれだけ魅力があります。配当利回りや自社株買いを行う株価が、下値を支える効果も期待できるでしょう。

代表的な銘柄はNTTとオリックスです。

NTTは、同社のIR情報を見ればすぐに確認できますが、1株利益(EPS)を成長させるという経営計画を明確に掲げています。実際、継続して自社株買いを進めてきています。増配も進めており、株主還元を重視していることが確認できます。NTTは言うまでもなく国内通信業界のガリバーであり、国内の売上が近い将来に2倍になるとは考え難いですが、設備投資による合理化はまだまだ進みそうですし、5Gの普及や海外事業の育成なども地道に取り組んでいます。

オリックスは、リースだけではなく、多角化を進める大企業です。様々なところに収益の機会を創出し、景気変動への抵抗力を高めているようです。高配当利回りで増配を続けるとともに、自社株買いを積極的に進めています。株価が下落する局面でも、慌てて損切りせずに、配当を受け取りながら中長期で保有し続けたい銘柄です。

まとめ

自社株買いのメリットと代表的な自社株買いを継続的に実施する銘柄について紹介しました。本記事は株式投資を勧誘を目的としたものではありません。株価は予想に反して下落し、損失を被る可能性があります。一切責任は負えませんので、株式投資は必ず自己責任において行うようにお願いします。

▼その他の株式投資の初心者におすすめの情報についてはこちら▼
株式投資の初心者におすすめの情報をまとめました!

スポンサーリンク

-株式投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株式投資において銘柄を選ぶ方法はどうすれば良い?

インターネットで株式投資ができるようになってからは、多くの一般の人々も株式投資をするようになりました。株式投資は身近なものになりましたが、ある程度以上の高い運用成績を上げようとすると、それ相応の勉強と …

株は分散投資と集中投資のどちらが良い?メリットとデメリット

インターネットで株の取引ができるようになり、多くの一般の人々が株式投資をするようになりました。勉強熱心な方ならば、いろいろな株式投資の本を読んでいるかもしれません。そうすると株式投資は唯一つの正解があ …

配当権利落ち日に株価はなぜ下がる?配当狙いの投資をするには?

最近の株価の低迷により、主力銘柄・大型株でも配当利回りが高い銘柄が多くなっています。そのため配当を狙った投資で、中長期で勝てる投資方法を選択する人も多いようです。配当狙いの投資の場合、配当権利落ち日に …

株式投資で配当を狙う!化学・素材企業の特徴は?信越化学は?

株式投資には様々な投資スタイルがあります。しかし、将来の株価を正確に予測することは困難で、投資に失敗する人も少なくありません。株価に比べると配当額は比較的安定しており、毎年の受け取り配当金額を増やすこ …

株式投資を続けて連続増収増益銘柄投資にたどり着きました!

株式投資に取り組み始めてから今年で18年目に入りました。何度も失敗を繰り返しながら学び続け、経験を蓄積してきました。株式投資では、投資を続けられないほどの大きな損失を出さずに、とにかく投資を続けること …