幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

リストラ

リストラ・失業のストレスで苦しむ人のための対処法

投稿日:

アラフィフの世代は、子供の頃に「巨人の星」、「あしたのジョー」などの「スポ根」ものに熱中した人が多数います。科学的に合理性が無い、ひたすら心と身体に負荷をかけるような苦行を積み重ね、強い精神力と身体を作り上げ、困難に打ち勝っていくという哲学がベースにあります。

また私は吉川英治の「宮本武蔵」を代表とする剣豪小説も好きで、「修行をして自分を鍛え上げる」という思想にすっかり染まってしまいました(*マンガ「バガボンド(1) [ 井上雄彦 ]」は「宮本武蔵(1) [ 吉川英治 ]」をベースにしています。長文小説を読むのが大変という方はマンガが読み易いかもしれません)。

かつてに比べればずいぶん改善されましたが、日本の運動系の部活ではこのような考え方が色濃く残っています。それはオリンピックなどの国際的なスポーツイベントを見てもよくわかるシーンが何度もありました。鍛え上げられたはずの日本人選手が、大一番でもろくも敗れ去るシーンを見たのです。

しかし、中では絶対的な強さをもった日本人選手がいました。そんな選手のコメントを聞いて気が付いたことがあります。

「必要以上に過大なストレス(プレッシャー)を自分にかけてはいけない。成功する良いイメージを思い描くこと」

例えば体操の選手の場合は分かり易いのですが、自分が良い演技をするイメージトレーニングを何度もするそうです。

スポンサーリンク

また「メンタル・タフネス [ ジェームズ・E.レーヤー ]」という本が売れて、これを読んだ時にも「目から鱗」状態になりました。著者はテニストッププロ、オリンピックのメダリストを指導したスポーツ心理学の第一人者です。テニスのグランドスラム決勝などのプレッシャーがかかる場面で、プレッシャーに負けずにいつも以上のプレーをするトッププロを見て何度も「すごい精神力だ!」と感嘆したことがあります。それは前述の日本人的な考え方とは異なる合理的な考え方がベースにあったのです。

無暗に過大なプレッシャーを自分にかけてもつぶれてしまうだけです。成功する自分をイメージし、少しずつ負荷を上げていくようにしましょう。このとこはスポーツだけではなく、リストラ・失業で過酷な人生を歩む人に知っておいて欲しいことです。




スポンサーリンク

-リストラ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

研究者・技術者の生きる道!独創的な研究をするためには?

技術は急速に陳腐化する 「技術立国日本」という言葉もいつまで日本に相応しい言葉であるのかよくわかりません。それだけ国際的な研究開発競争が激しさを増しています。 例えば液晶ビジネスで天国と地獄を味わい、 …

no image

シャープへの鴻海からの出資完了

シャープは本日、台湾の鴻海精密工業などによる合計3888億円の出資が完了したと発表しました。シャープの約66%の株式を握り、傘下に入れました。日本の電機大手メーカーが外資系の傘下に入るのは初めてのこと …

no image

どのような逆境にあっても、考え方・行動次第で未来は変えられる

前回、シャープへの鴻海からの出資完了の報道がありましたので、シャープの中で現在も働いている知り合いのことが思い浮かび記事を書きました。誤解の無いように申し上げますと、私はシャープで働いていたわけではあ …

no image

リストラされても落ち込んでばかりではダメ!行動あるのみ!

中年になってリストラされ、収入が無くなり、体力も下がっていることを自覚すると、ものすごく落ち込むものです。しかし、いつまでも落ち込んでいるばかりではどうにもなりません。まずはできることからやり始めて、 …

no image

できるだけリスクを抑えて起業を成功させる方法

嫌な職場、嫌な仕事から早く脱出して自分の力で仕事をしていきたいとお考えの方。今の職場・仕事に大きな不満は無くても、自分の残りの人生を考えた時に、今起業の決断をしないと間に合わなくなるとお考えの方。今の …