幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

ライフ

台風が来る時の窓対策で養生テープを貼る方法!効果があるのは?

投稿日:

日本には毎年台風が来襲します。それも年々強い勢力を保ったまま来襲する台風が増えており、強風による被害も多くなっています。一般に、台風の中心よりも右側の方が風雨強く、2019年に千葉に大きな被害をもたらした台風15号においても、台風の右側と左側で被害状況に大きな差が出ました。千葉は台風の右側となり、約2000本の電柱が倒壊しました。つまり、台風が日本のどこを通過するのかによって、他の地域でも同様の被害が発生し得ることを意味しているでしょう。台風が来襲することがわかったら、早めに対策をすることが被害を軽減することに役立ちます。ここでは窓対策について紹介します。

スポンサーリンク

台風が来る時の窓対策で養生テープを貼る

台風が来襲しても、風の力だけで窓ガラスが割れることはほとんどありません。しかし、小石程度の小さなものであっても、強風で飛ばされるとものすごいスピードとなり、窓に当たるとその衝撃で割れてしまうことはよくあります。

したがって、台風が来る時に窓を守る方法としては、雨戸やシャッターで外側から窓を守る方法がもっとも望ましく、効果的です。また窓の前に物干し竿を設置しているような場合は、それらを降ろしておくなど、まどの周囲にあって、強風で煽られて窓にぶつかりそうな危険があるものを下に降ろすなどして片づけておくことが大切です。これだけでもかなり窓が割れる確率を下げることができるでしょう。

悩ましいのは賃貸住宅やマンションなどでは、窓に雨戸やシャッターが取り付けられていない場合が少なくないということ。場所によっては、外側から自分で段ボール等を貼り付けることもできますが、大量の雨と強風で煽られた時にそれらが飛ばされてしまう可能性があり、それらが他の人に被害を及ぼす可能性もありますので注意しなければなりません。飛ばされないようにしっかりガムテープなどで貼り付けると、剥がした後にその粘着剤が残りやすく、あまりお勧めできません。

簡単にできる対策は窓に養生テープを貼る方法です。さらに詳しく以下で説明します。

台風が来る時の窓対策で養生テープを貼る方法

窓に養生テープを貼るのは、後で簡単に剥がしやすく、粘着剤が残り難いからです。ガムテープは強力な粘着剤が残り、完全に取り除くのは困難になるので、止めた方が良いでしょう(*ガムテープの種類にもよります)。ガムテープ以外の粘着テープも使ったことがありますが、ガムテープよりは粘着剤が弱いのですが、完全に剥がすには溶剤を使用し、ヘラなどで擦らないと除去できませんでした。これも相当大変ですし、溶剤やヘラの費用もかかるのでおすすめできません。

養生テープの長所でもあり短所でもあるのが、「粘着力が弱い」ことです。そのため強烈な雨が降り注ぐと予想される窓の外側ではなく、内側に貼りましょう。したがって、窓の外側には何もしませんので、窓の外側に飛んできた何かが当たって割れることを防ぐ効果はありません。養生テープを窓に貼って得られる効果は、あくまでも「窓ガラスが割れた時の飛散防止」であることを理解しておきましょう。

一般的な貼り方は、「*」のように貼る方法です。足下から頭の上まであるようなサイズの窓であれば、上下左右で4分割し、それぞれの部分で「*」のような形に養生テープを貼ると良いでしょう。心配ならば、隙間が大きそうな部分にさらにテープを貼りましょう。


スポンサーリンク

台風が来る時の窓対策で養生テープを貼る以外では?

もう一つ強風で飛ばされたものによって窓ガラスが割れた時の飛散防止対策として、簡単にできそうなことは、厚手のカーテンをしっかり閉めておくことです。ものが窓に当たって割れる状況を想定すると、当たって割れた瞬間にガラス片が飛び散ります。それをできるだけ抑えることでその後の対応のしやすさが変わります。

窓の内側にカーテンがあれば、割れた後は強風でカーテンが部屋内に大きく煽られると想定されますが、窓ガラスが割れた瞬間は、ある程度養生テープで飛散防止効果があるので、カーテンが完全にめくれるわけではなく、ガラス片がカーテンである程度食い止められるでしょう。何の対策もせずに部屋中にガラス片が散乱してしまうよりはかなりガラス片の散乱は抑えられると期待できます。

またガラス片が多少は飛散すると考えられますので、近くに懐中電灯と靴を用意しておくと、避難する際に役立つでしょう。

ガラスの飛散防止という点では、まど前面に飛散防止フィルムを貼るという方法もあります。これについては改めて別記事で紹介します。

まとめ

台風の来る時の窓対策として養生テープを貼る方法について紹介しました。自然災害は人間の力では抗うこともできない場合もありますが、対策をすることで被害を軽減できることも多いです。防災・減災の努力をしましょう。

スポンサーリンク

-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レジ袋有料化と辞退率!プラスチックごみの削減は進む?

海に流出したプラスチックごみが国際的な問題となっています。問題の根本的な解決のため、使用するプラスチックを減らす取り組みが始まっています。現状では完全にプラスチックの使用を止めるわけにはいきませんが、 …

パソコンで腱鞘炎になる原因と対策は?早く治したい!

パソコンをほぼ毎日長時間使用していると、手首が腱鞘炎になってしまうことがあります。私も腱鞘炎になったことがありますが、これが結構辛いです。腱鞘炎を早く治すためにも、腱鞘炎にならないようにするためにも、 …

思考力を高める方法!低下させる原因を無くして集中する!

人間の脳には無限の可能性が秘められています。これまでの人類の歴史の中で数多くの偉業が成し遂げられてきましたが、それらも人間の脳の中で考えること、つまり「思考」から始まっています。誰もがそれぞれ個性的な …

身体を鍛えるメリットと方法・食事は?社会人必見!

特にアスリートレベルで何らかの競技をしているような人でなくても、身体を鍛えることによって得られるメリットがあります。無理なくできる身体を鍛える方法と食事とともに、以下で紹介します。快適な人生を送るため …

読書の効果とは?大人にも子供にもおすすめ!人生の役に立つ

スポンサーリンク 読書は好きですか?「本が売れなくなった」という話をよく聞きますが、紙版と電子書籍版のいずれにしても、本そのものが読まれなくなっているとしたら非常に心配です。 人生振り返ってみると、 …