幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

マイクロソフトが折り畳みスマホで再参入!勝算はあるの?

投稿日:

衝撃のニュースが伝わってきました。米国のマイクロソフトは2019年10月2日(米国時間)に折り畳みスマホの「Surface Duo」を発表したというニュースです。何が衝撃かというと、「マイクロソフトがスマホに再参入」ということとそれが「折り畳みスマホ」という点です。以下に紹介します。

スポンサーリンク

マイクロソフトが折り畳みスマホで再参入!

まずマイクロソフトからの発表内容を記します。10月2日開催のハードウェアの発表会で、「Surface」ブランドのノートパソコンやイヤホンなどの新製品を発表し終えた後、事前予告無しのサプライズ的に折り畳みスマホの「Surface Duo」を発表しました。おそらくほぼリーク情報無しの、多くの人が想定していなかったサプライズと思います。

Surface Duoは5.6インチの液晶ディスプレイを連結させた構造で、開くと8.3インチ相当の画面になります。2画面式の折り畳みディスプレイは、韓国のLG ElectronicsもIFA 2019などで発表しています。これは非常に簡易なもので、専用ケースを装着し、ディスプレイを1個追加して2画面にするものです。LGの2画面ディスプレイは、2つの画面の間にかなり表示できない部分が広いですが、それに比べるとマイクロソフトの「Surface Duo」は狭額縁ディスプレイをかなり近づけて連結していますので、もちろん連結部分は見えるのですがかなり一体感があります。

このような構造のものはすでに開発済みの技術があり、それらを駆使できます。例えばSurface Duoは、折りたたみ部分を360度開き、ディスプレイ面を外側にして折り畳むこともできます。サムスンのGalaxy Foldは、最新の有機ELの折り畳み技術の製品化に取り組みましたが、折り畳み部分の不具合で発売延期に追い込まれた経緯があります。新しい技術の開発に取り組むことには敬意を表しますが、いわゆる「枯れた技術」でユーザーの喜ぶ製品を作ることも重要です。

マイクロソフトは、2020年末に「Surface Duo」の発売を予定しています。

マイクロソフトの折り畳みスマホで再参入の勝算は?

マイクロソフトは、過去に2回スマホ(端末)事業に参入し、撤退したことがあります。つまり、初めての経験ではなく、これまでも2回も失敗しているのです。1回目は2010年にシャープと組んで参入し、わずか2ヶ月で販売中止しました。2回目は2014年にノキアから端末事業を買収し、再参入しましたが、販売が低迷し、2017年に撤退しました。これが3度目の参入となります。

スマホ事業は、これまで高いシェアを占めていたサムスンとAppleでさえ、市場が飽和しつつあることと、ファーウェイなどの中国勢の猛追によって厳しい事業環境にあります。そんなタイミングでスマホに再参入するマイクロソフトに勝算はあるのでしょうか?

発表されているマイクロソフト側の主張としては、「2画面という特徴によって仕事の効率を高められる」と言った趣旨のことが伝わってきます。これは確かにその通りで、本ブログの記事「iPadとノートパソコンの違いを理解し両方使うのが最強!」においても、iPadとノートパソコンの2つを同時に活用する方法について紹介しています。

また任天堂の3DSなどのゲーム機を見ても、横方向にして両手で持ってゲームをするなどの使い方は普及するでしょう。持ちやすさや操作性はゲーム専用機に劣りますが、現在の通勤電車の中でどれぐらいの人がスマホでゲームをしているのかを見れば、かなりの利用者になる可能性が高そうです。

問題は、ハードウェアの魅力は模倣されやすく、短期間で競合他社がキャッチアップしてくる可能性が高いということです。マイクロソフトはどのように考えているのでしょうか?もちろん「勝算がある」と考えて参入するはずですので、狙いはもっと違うところにあるのかもしれません。

スポンサーリンク

マイクロソフトの折り畳みスマホで再参入の狙いは?

マイクロソフトは、改めて説明するまでもなく、パソコンのOSで独占的な地位を築き、圧倒的な強さを誇った企業です。しかし、スマホの普及とともにAppleとアルファベットが台頭し、2010年にはAppleが時価総額1位となり、2012年にはアルファベットにも時価総額で追い抜かれています。スマホのOSではマイクロソフトのOSが強い立場を築けなかったことが大きく影響しています。

その後、マイクロソフトはクラウド事業に投資し、大きく成長しました。パソコンのOS事業以外の新しい事業の柱を築いたわけです。そして2019年に時価総額1位に返り咲いています。これは見事な復活劇でしょう。

そんなマイクロソフトが、業績好調で体力があるこのタイミングで、過去に失敗したスマホ事業に再挑戦しようとするのも、同社の将来を考えた時に重要な領域と判断したからでしょう。スマホはある意味「パソコンの進化系」とも言えます。パソコンのOSおよびソフトウェアで圧倒的な強さを誇る同社にとって、スマホが進化し、パソコン離れが進むことにリスクを感じても不思議ではありません。

今回発表した「Surface Duo」にWindowsを搭載せず、アンドロイドを搭載している点にも戦略の変化が感じられます。スマホ事業で必ずしもトップシェアを目指さなくても、ある程度のシェアを獲得し、同社のスマホと同社のアプリ&クラウドサービスを利用するサービスに普及につなげていけば、スマホ分野でポジションを確保でき、将来のさらなる成長への布石になると考えているのではないでしょうか?

今後の動向に注目です。

まとめ

マイクロソフト社の折り畳みスマホ「Surface Duo」による再参入について紹介しました。まだ詳細はわかりませんが、デモ映像にゲームをしているところも映っているので、ゲーム機としても楽しめそうです。

スポンサーリンク

-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NHK技研公開2019ではAR、VR、3D、フルスペック8K、AIを展示!

NHK技研公開2019に行きました。ここ数年はスケジュールの都合で参加できなかったため、久しぶりの参加です。4K/8K放送開始前とはかなり変わった印象を受けました。以下に紹介します。 スポンサーリン …

UQ MiMAXモバイルルーターがインターネット接続なし!対処法は?

UQ WiMAXのモバイルルーターをほとんど毎日使用しています。比較的WiMAXの電波がつながる場所で、数時間程度パソコンやスマホ、タブレットなどを接続しています。最近、「インターネット接続なし」と表 …

日本の電機メーカーはなぜ衰退したのか?復活できるのか?

東芝の経営危機、シャープの鴻海精密工業傘下入り、パイオニアの上場廃止とベアリング・プライベート・エクイティ・アジアによる買収、ジャパンディスプレイの台湾・中国の企業連合の傘下入りなど、日本の主要な電機 …

レアアースを中国が輸出規制すると何に影響が出る?

米国と中国の争いに端を発し、中国がレアアースの輸出規制をする可能性が高まっています。そもそもレアアースとは何でしょうか?レアアースが輸出規制されるとどのような影響が懸念されるのでしょうか?代替技術は無 …

自動ブレーキ義務化で交通事故死亡者数は減るのか?

自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)システムの義務化に、日本や欧州を含む40ヶ国・地域が合意しました。2020年から自動ブレーキの義務化が実施される予定です。「本当に自動ブレーキを義務化すれば交通事故 …