幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

株式投資

株式投資で失敗するのはなぜ?破綻しないようにするには?

投稿日:

インターネットで株式投資が簡単にできるようになってから、多くの人が株式投資をするようになりました。もはや一部の人がするような特殊なことではありません。個人投資家の中には「億の資産」を築く有名な人もいれば、大きな損失を出してしまう人もいます。一般の個人投資家であれば、破綻するような大きな損失を出さないようにしなければなりません。

スポンサーリンク

株式投資で失敗するのはなぜ?破綻しないようにするには?

個人投資家にとって、絶対に避けなければならないことは、破綻してしまうような大きな損失を出すことです。そのためのもっとも重要なことは、「信用取引をしないこと」です。現物取引であれば、最悪のケースでも投資した企業の株価がゼロになるだけです。もちろん必死に作った投資資金をすべて失ってしまうことは、かなり深刻な状況ですが、それでも大きな借金を抱えるわけではありません。株式投資で破綻してしまったひどい事例では、信用取引で大失敗して大きな借金を抱えてしまっています。まずは信用取引をしないことによって、借金を抱えるリスクを無くしましょう。

多くの一般の個人投資家は、「株式投資でお金を増やせる」と考えて投資をします。「お金を減らそう」と考えて株式投資を始める人はほとんどいないでしょう。しかし、多くの人が含み損を抱えて、株式投資を始めたことを後悔します。そして、焦って無闇に売買を繰り返し、損失を拡大させてしまうことが多いです。

真面目な人は、一所懸命株式投資の勉強をして、成功した投資家の投資方法を真似て失敗を繰り返してしまうこともあります。なぜでしょうか?

それは、過去の成功したいろいろな株式投資方法を調べてみると分かりますが、投資方法は多種多様で、ほとんどの場合は正反対の考え方があります。例えば、株価が上昇している時に買う「順張り」と株価が大きく下落した時に買う「逆張り」は、それぞれ代表的な投資方法ですが、買いのタイミングという点で正反対です。

いろいろな投資方法を調べ、その時に「良いかな?」と感じた考え方で売買し、すぐに結果が出ないと違う方法で異なるタイミングで売買し、損失を拡げるパターンが非常に多いわけです。ある投資方法に熟練するにもそれ相応の経験と時間が必要ですし、その時の株式相場の状況によって上手くいきやすい投資方法があり、通用しなくなる投資方法もあります。

株式投資には、客観的な「投資方法」ということに加え、それを着実に実行できる精神力が求められます。大きな含み損などに慌てて、よく考えずに売買して失敗することが多いわけです。そのような意味でも、株式投資をするならば、「株式投資を継続できなくなるような大きな失敗を避け、生き残ること」をまず目指さなければなりません。それにより、経験と知識が蓄積し、大きな失敗を避けられる確率が高くなるでしょう。

株式投資で失敗をしないようにするには?

前述のように株式投資にはいろいろな方法があり、成功する方法は1つではありません。どの方法が良いのかは、人によります。したがって、自分に合った方法を選ぶことになるでしょう。専業投資家ではなく、他に仕事がある一般の兼業個人投資家であれば、1日中株価を見ていなければならないようなデイトレードは選択肢に入らないでしょう。そうすると投資期間は数日以上、さらには数ヶ月から数年ということになるでしょう。

投資対象は、経営危機にあるような企業を狙う投資方法もありますが、一般の個人投資家であれば業績良好で、中長期に業績を伸ばしていけるような企業とする方がリスクが低いですし、そもそもの「投資」という概念とも合致するでしょう。成長し、投資以上のリターンを狙えるものが本来の投資ですので。悩ましいのは本来の投資という概念ではなく、テクニックを駆使して、値動きを利用して稼ぐ方法も成功を収めることが多いので、多くの誘惑があるということです。

値動きが激しく、短期で値幅が獲れる株ほど、値下がりして短期で大きな損失となることもよくあることです。テクニックを駆使して投資をして、業績・成長性の裏付けがないと大きな含み損を抱えた時にどうにもならなくなります。そのような方法の場合は、通常は早く損切りをすることが肝になりますが、多くの個人投資家の場合はそれができません。また早めの損切りを繰り返すことで、着実に損を積み重ねていくことにもなります。

自分の技量にもよりますが、一般の個人投資家であれば、業績・成長性(あるいは安定性)が有望な企業の株をある程度の以上の期間保有する投資方法が向いているのではないかと思います。頻繁に株価をチェックし、売買する必要が無いからです。

スポンサーリンク

株式投資で中長期で失敗しないようにするには?

中長期の株式投資で失敗を避けるにはいくつかのポイントがあります。まずここで言う失敗は、「配当&株主優待を含めたトータルのリターンが投資資金を下回ること」とします。プロではありませんし、銀行に預けてもほとんど利息が付かない時代なので、一般の個人投資家としてはこのような目標設定で良いでしょう。そこを死守し、上振れする分には問題ありません。大きなリターンを狙いすぎるほど、「ハイリスク・ハイリターン」ですので大きな損失を被るリスクが高くなることも事実ですので、上記のような目標設定が無難でしょう。

大きな失敗を避けるために、以下のような点に注意しましょう。

1.銘柄選択

どの企業に投資をするかが、株式投資においてはもっとも重要です。少なくとも過去5年間の業績を調べ、望ましくは連続増収増益を達成し、今期もそれを更新する予定の企業のみに絞りましょう。さらになぜその企業がそのような好調な業績を続けることができるのか?競合企業と比べてどのような強みがあるのかを人に説明できる程度まで調べて理解しましょう。

大きな有利子負債を抱えて無く、ある程度以上の自己資本比率を保っていることも重要です。業績好調で赤字を出していないのであれば、借金を増やす必要がなく、積み上がる利益をどのように配分するのかに悩むようになります。企業が倒産するのは、過大な借金を抱え、返済できなくなり、資金繰りに窮した時です。借金が少ない企業を選ぶだけで、倒産するリスクは高い確率で回避できます。さらに前述の連続増収増益の企業であれば、通常は借金の比率は増えず、自己資本比率が高くなっていきます。

資金効率という点でROEが10%以上の銘柄に絞った方が良いでしょう。これは自己資本比率が高いことが前提です。ROEがある水準を超えると投資信託などの資金が流れ込み、株価が押し上げられることが多くなります。これは反対にROEが下がると資金が引き上げられ、株価が下がることも多くなるということです。

リスクをコントロールするためには、1つの銘柄に集中するのではなく、複数の銘柄に資金を分けて投資する分散投資が基本です。企業の成長性を重視しすぎると、時価総額が少ない中小型株が多くなってしまいます。中小型株は、確かに株価の上昇局面では大きく株価を伸ばす可能性が高いのですが、成長率が鈍っただけで暴落することも珍しくないですし、下落相場では売り込まれることも多く、リスクが高いと考えた方が良いです。時価総額の大きい主力の大型株を組み合わせた方がリスクを抑えられるでしょう。

高配当銘柄を選ぶと、株式相場全体が大きく下げて低迷する局面でも、配当をもらい続けながら耐え忍ぶことができます。高配当株であれば、配当利回りが5%程度のところが株価の底値になることも多いです。利回りが高ければ買いが入りやすいからです。

2.売買のタイミング

銘柄選択は、ある程度のファンダメンタルズ分析によって裏付けが得られますので、大きく外すことは稀です。むしろ売買のタイミングの方が難しいでしょう。まずPERとPBRから見て割高な銘柄は避けましょう。中長期で考えるならば、株価が安値圏で買うことが、リスクを抑え、将来の成功確率を高めることになります。一般的には株価の1〜2年のチャートを見て安値圏にあるタイミングで買うようにした方が良いでしょう。

この買いの判断は難しいです。一般の個人投資家であれば、株を買う資金が用意できた段階でとにかく買いたくなってしまうことがほとんどです。少なくとも株価が割安かどうかを分析しましょう。さらに注意したいのが、株式市場全体に資金が流入してきている「リスクオン」の状況なのか、それとも資金が逃避している「リスクオフ」の状況なのかとうこと。2018年後半からの株価の下落は、明らかに外国人投資家の資金が逃避している「リスクオフ」状態でした。こうなるとほとんどの銘柄の株価が下がり続けます。

このような状況となってしまったら、急いで株を買う必要性はなく、早くとも株価が底を打つまで待つべきでしょう。また株価が底を打ったのかの判断も難しく、そのように思われる状況でも数ヶ月は様子を見る方が安全です。東証の売買動向の発表などからも、海外投資家が買い越してきているのか、それとも売り越しているのかが分かりますし、明らかに動向が変化すれば日本経済新聞などでも報道されます。その時点で買っても遅くはないでしょう。

売りの判断はさらに難しいです。複数単位保有しているのであれば、利益が出たところ一部売却し、一部は保有を続けて配当とさらなる値上がり益に期待するという方法が無難かもしれません。業績が悪化し、損切りした銘柄があれば、その損失分と相殺するように利益確定して節税するのも良いでしょう。

よくある問題は、業績が好調でも市場全体の動向に影響されて株価が下落し、含み損を抱えてしまうことです。業績が好調である限りは、急いで損切りせずに、配当をもらいながら中長期で株価の回復を待つ方法が無難でしょう。急いで売却し、他の銘柄に乗り換えても、その銘柄も株価が上昇するとは限りません。含み益のある銘柄があれば、一部売却し、損益を相殺して現金比率を高めても良いでしょう。

3.現金比率

株価が下がり、ほぼすべての銘柄で塩漬け状態になってしまうのは辛いです。その状態を回避するために、ある程度の現金比率を維持するように意識しましょう。中長期で勝つためには、株価が下落して割安水準で購入することがもっとも重要なポイントの1つです。株価が暴落した時に現金がなければ買うことができず、チャンスを逃すことになります。

現金の比率を高くすることは通常のプロのファンドマネージャーにはできないことで、個人投資家の特権です。プロはフルインベストメントが基本だからです。どのぐらいの現金比率が良いのかは一律には言えませんが、2〜3割ぐらいの現金比率があればチャンスをつかみやすいでしょう。

4.冷静に判断する

株式投資では、振り返った時に「あの時は焦っておかしな売買をしてしまった」ということがよくあります。しかし、株式投資で失敗をしない人はいません。致命的な失敗を避け、同じような失敗を繰り返さないようするだけで上出来でしょう。

現在、多くの個人投資家が悩んでいるのが、含み損になってしまった銘柄です。塩漬けにするのか、損切りするのか、ナンピンするのか悩むでしょう。業績に大きな問題がなく、配当利回りが良いのであれば、当面は配当をもらい続けることをベースに考えましょう。

高配当利回りの銘柄は多く、例えばオリックスは5.49%(*2019年10月4日終値基準)です。仮に20%の含み損が合ったとしても、株価が同じであれば4年程度で配当により穴埋めでき、それ以降は配当収入でプラスになることになります。その間に株価が上る可能性もあります。

このように高配当利回りの銘柄であれば、含み損が配当により何年で穴埋めできるかを考えれば、冷静に対処できるでしょう。将来的には、高配当銘柄の保有を進め、毎年の配当収入の絶対額を増やして行ければより精神的な支えになるでしょう。その企業が経営危機に陥らず、配当をもらい続けられれば、長期になるほど勝てる確率が高くなります。また経営危機の兆候が見られたら早めに売却すれば、投資家としてはリスクを遮断できます。

まとめ

個人投資家が株式投資で失敗しないようにするために重要なことについて解説しました。世の中は激しく変化していきます。株式市場も過去と同じ局面はあり得ませんが、類似した現象が起こることはあります。経験と知識を積み重ねるほど、失敗する確率を下げていけるでしょう。

なお本記事は株式投資の勧誘を目的としたものではありません。株式投資はご自身の判断と責任において進めてください。損失が発生する可能性もありますが、一切責任は負えません。

スポンサーリンク

-株式投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

配当権利落ち日に株価はなぜ下がる?配当狙いの投資をするには?

最近の株価の低迷により、主力銘柄・大型株でも配当利回りが高い銘柄が多くなっています。そのため配当を狙った投資で、中長期で勝てる投資方法を選択する人も多いようです。配当狙いの投資の場合、配当権利落ち日に …

株を買うタイミングと売るタイミングは?株式市場の暴落時?

株式投資では、安い株価で買って高い株価で売れば儲けられます。売買の手数料も考慮に入れた上で、常に買値よりも高い売値であれば儲けられるのですが、できるだけ売却益を大きくすることが株式投資で成功するために …

割安株は上がらないのか?儲からない理由は?

株式投資を始めてある程度経験を積むと、儲かることもあれば損することもありますので、少しでも損しないように株式投資の勉強をする人も多いでしょう。株式投資の方法は一つではなく、成功した実績のある複数の方法 …

金持ち父さんは不労所得で経済的自由を手に入れる!資産を買おう!

「金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 ロバート・T.キヨサキ著」は、日本では初版が2000年11月に出版された本です。当時買って、感銘を受け、実際に金持ち父さんに近づくた …

株主優待の長期保有優遇制度があるおすすめの銘柄はこれだ!

優良な上場企業の株を買って保有していると通常は配当をもらえます。最近は株主還元や株価対策として株主優待を設ける企業が増えています。あの株主優待で有名な桐谷さんは、日常の多くのもの・サービスを株主優待で …