幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

ライフ

パナソニックラムダッシュES-ST6Qを購入!ES-ST2Nから買い替え

投稿日:

毎日シェーバーで髭を剃る人にとって、シェーバーは本当に大切です。髭剃りに要する時間にも差が出ますし、辛いカミソリ負けなどの肌への負担にも大きな差が出ます。最近、パナソニックラムダッシュES-STN2NからES-ST6Qに買い替えましたのでレビューを紹介します。

パナソニックラムダッシュES-ST6Qを購入!ES-ST2Nから買い替え

私は30年以上髭剃りはシェーバーを使っています。20年ぐらい前はブラウンのシェーバーを使っていましたが、パナソニックのメンズシェーバーラムダッシュを使い始めてからは、ラムダッシュシリーズを使い続けています。価格、機能、信頼性の点でコスパ的にある程度満足しているからです。

ラムダッシュを購入する時も、高価格帯の機種を選べば基本的にすべての性能の点で優れていることはわかっていますが、価格差がかなりありますので必要な機能などを満たすレベルでできるだけ安いものを選んでいます。どのぐらいの機能で満足できるかは個人差がありますので、詳しくは後述します。

これまで使っていたパナソニックラムダッシュES-ST2Nは2016年モデルで、3年弱の間使用してきました。毎日髭剃りしていますので、毎日使っていたことになります。そう考えると大切な道具ですね。その間に外刃と内刃を1回交換しました。最近、カミソリ負けをしてしまったので、シェーバーをよく見てみたら外刃が破損していました。取扱説明書を読むと、刃の交換の目安は外刃が約1年、内刃が約2年なので、外刃を長く使いすぎたということなのでしょう。

今回も刃を交換することも考えたのですが、最近はシェーバーのバッテリーの持ちが悪くなったようで、頻繁に充電する必要があったので買い替えを検討しました。バッテリーの寿命を調べると3年程度ということでしたので、やはり刃を交換しても長く使えないようですし、替刃の価格も高く、新機種との価格差を考えると本体ごと買い替えた方がお得感がありましたので買い換えることにしました。

機能から機種を選び、安いものを探して決めたのがパナソニックラムダッシュES-ST6Qです。このような探し方をするとよくあることなのですが、すでに「生産終了」機種で、在庫限りで販売しています。

後継機種はES-ST6Rで、2019年5月に発売されています。シェーバーはかなり成熟した商品で毎年新機種が登場しますので、1つ前の旧機種を購入しても大差なく、いつも安い方を選んでいます。しかし、インターネットの力はものすごく、価格下落が速いため、最新機種でもよく探すとかなり安く売られていることがあるようです。参考までに以下がES-ST6Rです。

購入したパナソニックラムダッシュES-ST6Qを使用してみて、基本的には満足しています。詳しくは後述します。

パナソニックラムダッシュES-ST6Qをレビュー!

以前使用していたシェーバーはES-ST2Nで、その後継機種がES-STN2Rですので、今回購入したES-ST6Qは1つ上の機種ということになります。私がシェーバーに求める主なスペックは以下のようになります。

1.速く髭が剃れる

私がブラウンからパナソニックラムダッシュに乗り換えたのは、約13,000ストローク/分の高速のリニアモーター駆動の方が速く髭がそれるような気がしたからです。使ってみると高速のモーターの音が心地良いです。刃数が多い方が良いようなのですが、5枚刃モデルが高価で、予算の許す範囲で3枚刃モデルと選んでいます。実際、剃り味は悪くなく、それなりの時間で剃れるような気がします。2枚刃のモデルよりは明らかに良いですが、高価な5枚刃と比較できてはいません。

しかし、シェーバーの刃は消耗品で、使い続けると必ず剃り味が落ちます。適宜、交換することが必要です。

またES-ST2Nを使っていた感じたのは、ヘッドが動く方がやはり剃りやすいです。剃りやすさは速く髭がそれることに繋がりますし、結果として肌への負担も減ります。これが上位機種のES-ST6Qを選んだ理由です。顎の周りが格段に剃りやすいです。

2.海外で使用できる

以前、ブラウンのシェーバーを選んでいた理由の1つが海外で使用できることでした。海外出張の際に、いつも使っているシェーバーが使えないと非常に不便です。ES-ST6QはAC100-240V(自動電圧切替付)対応なので安心です。

3.水洗い・WET状態でも使用できる

シェーバーが水洗いできると便利でいつも清潔にできます。これもカミソリ負けを防ぐためには重要なことです。刃が不衛生な状態では髭を剃った時に肌に良くないからです。またWETな状態でも使用できると便利です。ちなみに安全上の配慮から、電源につないだまま使用できないようになっています。水に濡らし、電源につないだままでは感電するリスクが有るためです。そのためバッテリーの持ちが悪くなると不便です。

4.充電スタンドが使える

ES-ST2Nは充電スタンドが無く、充電する時は直接ACアダプターのケーブルを接続していました。これが案外面倒でした。充電スタンドがあると、そこに取り付けるだけでよく、使うとわかるのですが便利です。それからES-ST2Nを使っていてもっとも不満であったのが、ヘッドを守る透明なプラスチックのシェーバーホルダー(キャップ)が簡単に外れてしまうことでした。出張などでかばんにシェーバーを入れて持ち運んでもすぐに外れますし、自宅で使っている時も、シェーバーが倒れただけでも外れてしまうことがよくありました。ES-ST6Qはこの点が大きく改善されていて、しっかり掴んで外さないと外れない程度になっています。これは嬉しかったです。

パナソニックラムダッシュES-ST6Qを使った感想

パナソニックラムダッシュES-ST6Qを買って基本的には満足しています。しかし、毎日行う髭剃りは、私の場合はそれなりに時間がかかります。シェーバーの説明には「フル充電し1日1回約3分間の使用で約14日間使用可能」と書かれていることが多いのですが、どう考えても約3分間では髭剃りは終わりません。準備と清掃・片付け、さらにはアフターシェーブローションを付けたりなど時間を考えると、毎日多くの時間を髭剃りに費やし、人生の中でも多く時間を使っていることが分かります。いい加減に髭剃りをすると、カミソリ負けをすることがあり、辛いですし、赤くなるとみっともないです。

そのためシェーバーにもある程度の機能・性能を求めるわけですが、シェーバーの刃は消耗品ですし、使うほど剃り味は落ちていきます。つまり、シェーバーの性能だけですべてを解決することは難しいと考えるようになりました。

そこで数年前から併用しているのが家庭でできる髭脱毛
です。高額なお金を払ってサロンに通うのも抵抗がありますし、時間的にも面倒です。家庭で自分でやることができれば、少しずつ試しながらできます。

髭剃りが大変であれば、少しずつ髭の量を減らせれば着実に髭剃りにかかる負担を減らすことができるでしょう。完全に髭を脱毛しなくても、量が減るだけで嬉しいです。

まとめ

パナソニックラムダッシュES-ST6Qについてレビューしました。シェーバーは毎日使うものですので大切ですね。

-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

靴の臭い対策は必要?職場での迷惑防止!夏場は蒸れる!

社会人はスーツに革靴で通勤している方が多いですね。日本の夏は猛暑で、普通に歩いているだけでも汗をたくさんかきます。顔や首筋などの汗は拭きとりますが、靴の中の汗までは拭きとりませんし、革靴は簡単には洗え …

大学の学費は平均でいくら?高い?その理由は?

日本では大学進学率が50%を超えています。中学校までは義務教育で、高校進学率は98.8%(2017年)ですので、同世代のおおよそ半分ぐらいの人が大学に進学していることになります。大学の学費は、かつてに …

タイ古式マッサージを体験!港北みなもの天然温泉がおすすめ!

タイ古式マッサージを体験したことはありますか?日本ではいろいろなマッサージがありますが、それぞれ特徴があり、身体がほぐれますね。いろいろと体験してみるとわかりますが、自分の身体に合うものと合わないもの …

車の故障などのトラブルを避ける方法は?JAFの救援件数は?

最近は車の耐久性・品質が高くなり、車の買い替えサイクルが長くなっています。それでも車を運転していれば、車の故障などのトラブルは起こりえます。ロングドライブなどのように長距離・長時間車を運転する際には、 …

レジ袋有料化と辞退率!プラスチックごみの削減は進む?

海に流出したプラスチックごみが国際的な問題となっています。問題の根本的な解決のため、使用するプラスチックを減らす取り組みが始まっています。現状では完全にプラスチックの使用を止めるわけにはいきませんが、 …