幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

日記

フリーになった時の肩書をどうしようか悩んでいます

投稿日:

以前このブログで書きましたように、1年以内に今の職を解雇される可能性が高くなっています。そのため転職と起業する(あるいは個人事業主・フリーでやっていく)ことを模索中です。

すでにアラフィフの年齢になっているので、上手く転職し、働き続けたとしても10年程度で定年になる可能性が高く、それがベストの選択とも思えないことが、起業する(あるいは個人事業主・フリーでやっていく)ことも模索する理由の一つです。

テレビなどでいろいろな人の話を聞く度に、定年に関係なく自分の意思で働き続けられる職業の人を羨ましく思います。またアラフィフ以上になっても、スキルとして十分に通用するような職業も理想的にように感じます。

そんなこともあり、自宅でパソコンがあればやれるような仕事には魅力を感じます。

ところで、今年は甥っ子・姪っ子世代の初めての結婚式があり、出席する予定です。そんな状況を考えると、失業して無職になると「つらいなあ・・・」としみじみ思います。

仮に今考えていることが首尾よく行ったとして、自宅でパソコンでお金を稼いで生活できたとしても、職業として何と説明するか悩ましいです。いわゆる世間体が気になります。

時代や世代によって、職業に対するイメージはずいぶん異なります。アラフィフより上の世代になると、「プロブロガーです」と自己紹介した時にもしかしたらあまり良い印象ではないのかもしれません。しかし、ある程度若い世代にはもっと良い印象でしょう。

“プロ・ブロガー本”合本「必ず結果が出るブログ運営テクニック100」+「必ず結果が出るアクセスアップテクニック100」【電子書籍】[ コグレ マサト ]

スポンサーリンク

海外などでは「プロブロガー」は、れっきとした職業です。空港の入国審査などで「プロブロガー」と名乗ってもそんなに怪しまれないそうです。特にマーケティングや広報などを担当している企業の人ならば、仕事としてプロブロガーと組むことも今では珍しくありません。

実際、私はまだ「プロブロガー」名乗れるほどの状態にはなれていません。また必ずしも「プロブロガー」を目指しているのではなく、例として挙げたのですが、これからフリーでやっていくとすると、何らかの肩書を考えないといけないなあと思っています。

とりあえず日々の考えをこのブログで書き続けようと思います。



スポンサーリンク

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

駅のホームドアの設置による転落防止効果は絶大!

毎年多くの人が駅のホームから線路に転落し、ケガをする、命を落とすなどの事故が発生します。今日も東京メトロ銀座線の青山一丁目駅のホームから、盲導犬を連れた男性が線路に転落し、電車にひかれるという事故が起 …

no image

おいしい食事ができることに感謝

最近の2カ月ぐらいの間、胃腸の調子が悪く、それでも「その内、治るだろう」と思って、そのまま休まず仕事を続けていました。しかし、これだけの期間よくならないので、病院で胃と腸の内視鏡検査を受けることにしま …

no image

オフィスビルはヒートアイランド現象の主犯

先日、このブログで「ヒートアイランド現象対策をみんなで進めよう!」という記事を書き、我々の力で少しでもヒートアイランド現象を抑制する方法を紹介しました。その中でヒートアイランド現象は、エアコン(クーラ …

no image

英語を公用語にする企業が増えていますが、本当に必要でしょうか?

最近は英語を公用語とする企業がいくつかあります。学校教育においても30年ぐらい前とはずいぶん変わり、外国人の英語教師なども加わって、力が入れられています。TOEICなども普及もあり、大学卒業レベルでの …

no image

手に職を付けるために何を学ぶ?

よく聞く大学批判に「役にも立たないことを授業で教え続けている」というものがあります。「何の役に立つか」という点では、いくつかの意味があると思いますが、一番シリアスな意味では、「お金を稼ぐ」ために「役に …