ソフトバンクのスマホとNTTのフレッツ光を使っている人は必見!

iPhone

スマホと毎日利用し、自宅には高速の光ファイバー回線を引き込んでインターネットを楽しんでいる方は、その快適さを満喫していることでしょう。しかし、スマホと光ファイバー回線の料金が高額で困っていないでしょうか?以下に料金を節約する方法を紹介します。

注目!
▼▼その他のiPhoneのテクノロジー・使い方・ビジネスについてはこちら▼▼
iPhoneのテクノロジー・使い方・ビジネスがわかるまとめ!

ソフトバンクのスマホとNTTのフレッツ光を使っていませんか?

日本の住宅で光ファイバー回線を自宅に引き込んでいる場合、NTTのフレッツ光を利用しているご家庭が多いです。かつては電電公社が日本の電話事業を独占していました。そして1985年に民営化され、NTTが誕生したわけですが、携帯電話事業にソフトバンクやauが参入し、大きなシェアを獲得するようになって現在でも、有線の電話回線網・通信用の光ファイバー網はほとんどをNTTが保有しています。そのため、自宅に光ファイバー回線を引き込んでいる家庭でも、NTTのフレッツ光が多いわけです。

携帯電話にしても光ファイバー回線にしても、NTTが独占し続けてしまうと料金が高止まりして安くならないという弊害が考えられます。しかし、いずれかの企業がこれから膨大な光ファイバー通信網を敷設しようとすると、社会全体の効率的なインフラの活用という観点から無駄が多くなります。そこで行われているのは、すでに敷設した光ファイバー通信網を、NTTが他社に貸し出すという方法です。ソフトバンクやauなどはそれを借り、値下げ等を行ってユーザーによりお得なサービスを提供します。それにより自由化が促進され、通信量が値下がりするという効果が得られるわけです。

したがって、スマホと光ファイバー回線の両方を使っている場合は、そのセット割を利用すると、制度の趣旨から考えても基本的にはトータルの料金は安くなります。光ファイバー通信網はNTTがほぼ独占していますので、NTTだけにそのセット割などの営業方法を認めてしまうと、著しく競合他社が不利になりますので、前述のように光ファイバー回線を貸し出すわけです。

NTTはもともと日本の通信業界を独占していたガリバー企業ですので、分割等をしてその独占する力に制限をかけることで通信の自由化を進めてきています。そのためフレッツ光はNTT東日本やNTT西日本などが進めてきたサービスなのですが、NTT系のセット割はNTTドコモが行っています。

ここでスマホと光ファイバー回線のセット割「光コラボレーション」を利用するためには、スマホの事業会社にサービスを統合しなければならないということがポイントとなります。つまり、ソフトバンクのスマホユーザーは、フレッツ光のままではセット割を利用できません。以下にさらに説明します。

ソフトバンクのスマホユーザーはソフトバンク光を利用すべし!

ソフトバンクのスマホユーザーで、NTTのフレッツ光を利用している場合は、ソフトバンク光に申し込めばセット割が適用され、スマホの料金と光ファイバー回線の料金の合計額が下がります。どのぐらい安くなるのかは、現在どのようなプランに加入しているのかによって異なりますので一概には言えません。

スマホ代は、端末ごとに月々最大1,000円割引になりますので、家族で使用している台数が多いほどお得です。我が家の場合は、家族4人でソフトバンクのスマホを利用しており、それだけで月々4,000円割引になるので、本当にセット割にして良かったです。

すでにフレッツ光の光ファイバー回線サービス「フレッツ光ネクスト」を利用し、光ファイバーを引き込む工事を終えている場合は、追加の工事が発生しませんので開通工事費もかからず、手続きをするだけですの簡単です。それだけで料金の割引を受けられるわけですのから、使いやすさはこれまでと変わりませんし、申し込まないともったいないというレベルでしょう。

またキャンペーンを利用すると、いろいろなキャッシュバックを受けられるサービスがあります。これについてはどこから申し込むのかによって内容が異なります。お得なのが以下のバナーのサイトです。



*上記以外にスマホをソフトバンクからNTTドコモに変更し、NTTの光回線と光コラボをするという選択肢もあります。こちらの記事「GMOとくとくBBのドコモ光は違います!通信速度で選ぶならGMOとくとくBB」で詳しく紹介しています。

ソフトバンクのスマホユーザーは電気代も安くできる

前述のようにすでに利用しているサービスのセット割に申し込むだけで、同じように使いながら料金を安くすることができるサービスが他にもあります。それが「ソフトバンクでんき」です。これはソフトバンクと東京電力のサービスをセット割にしたものです。これも東京電力管内の人ならば、申し込むだけで電気代とスマホ代が割引になるのでお得です。これらの料金のように、毎月口座から引き落とされるようなものは、手続きさえすれば意識していなくても節約できるので嬉しいです。

これも大変お得なサービスなのですが、2018年5月31日をもって申し込み受け付けは終了してしまいました。現在は、「おうちでんき」として、東京電力以外の電気会社にもサービスを広げて展開しています。

まとめ

ソフトバンクのスマホとNTTのフレッツ光を利用している場合は、セット割にすると安くなることを紹介しました。月々口座引落のサービスは、セット割を適用すると確実に節約できますので、忘れずに申し込みましょう。

▼▼その他のiPhoneのテクノロジー・使い方・ビジネスについてはこちら▼▼
iPhoneのテクノロジー・使い方・ビジネスがわかるまとめ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました