幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

防水・防塵のカメラとパソコン!日本の技術力の高さを実感!

投稿日:

スマホの普及によってコンパクトデジカメが売れなくなりました。またスマホでメールのやり取りやウェブブラウジングができてしまいますので、パソコンを使えない新社会人が増えたとも言われています。しかし、スマホでは到底敵わないタフなカメラとパソコンがあります。以下に紹介します。

スポンサーリンク

防水・防塵のカメラとパソコンにはスマホは敵わない

スマホは確かに便利です。シャツの胸のポケットや小さなバッグに簡単に入れて持ち運べますので、いつでもすぐに取り出して写真を撮ることができます。この手軽さ・便利さはダントツでしょう。そしてスマホのカメラの画質も向上し、大型液晶ディスプレイなどに映してもかなりキレイな画像を楽しめます。手軽なコンパクトデジカメが売れなくなってしまったのも納得です。

プライベートでパソコンを使っている人はいろいろな使い方をしていますが、主にメールやインターネットのブラウジングに使っているという方もある一定の割合でいるでしょう。そのような使い方の場合、スマホがあればほとんど大丈夫ということになり、あえてパソコンを購入しない・使わないという人もいます。特に若い世代でそのような状況になると、学生時代にあまりパソコンを使う必要が無く、使い方を習得せずに就職し、社会人になってしまうことがあります。そのためWord、Excel、Powerpointなどを使用できない新入社員が増えたということが話題となっていました。

それでもスマホではどうしても使いにくい状況があります。それは例えば海水浴に行った時の砂浜や、工事現場などの様々なアウトドアの現場、インドアでも埃っぽい場所や水に濡れやすい場所などです。実際、私も海水浴の時にポケットからスマホをビーチの浅瀬に落としてしまったことがあります。拾って回収したのですが、電気製品ですので塩水に浸けると短時間でダメになってしまいました。

こんな水濡れやほこりなどに強い、防水・防塵仕様のカメラとパソコンを日本メーカーは作っています。これらはスマホでは真似し難い領域なので、スマホがこれだけ売れている現在でも人気です。それぞれ以下で見ていきましょう。

防水・防塵のカメラのおすすめは?

防水・防塵使用のカメラとしては、もちろんプロの水中カメラマンが使用するような一眼レフとそのアクセサリー類があります。しかし、ここで紹介したいのは、一般の人がもっと気軽に使えるような防水・防塵カメラです。そのようなカメラとしては、「OLYMPUS (オリンパス) Tough TG-6」がおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリンパス Tough TG-6 RED レッド 《納期約1.5ヶ月》
価格:49120円(税込、送料無料) (2019/9/19時点)

このようなコンパクトデジカメは、他社からも発売されていますが、その中でも少々高い価格であることもあり、性能・機能的にレベルが高いです。さらにこのシリーズが好評なため、何回かバージョンアップを繰り返し、完成度が高められTG-6になりました。

また撮影用のアクセサリーも豊富で、マクロ撮影や本格的な水中撮影にも適切なアクセサリーを組み合わせれば対応可能です。このような拡張性まで考量すれば、やはりこの機種がダントツでしょう。

色もレッドとブラックがありますが、レッドはすごくおしゃれな感じがします。


スポンサーリンク

防水・防塵のパソコンのおすすめは?

防水・防塵のパソコンと言えば、「パナソニック Panasonic TOUGHBOOK」の一択でしょう。

通常のノートパソコンとしても、今どきのノートパソコンとしては異例の分厚さで、頑丈さを売りにしているPanasonicのLet’s note。日本人ビジネスマンからは高い信頼を獲得しています。仕事で使用しているパソコンが、もし出張先で故障して使えなくなったらということを想像すると背筋が寒くなります。何よりも頑丈さと信頼性を重視することは痛いほどわかります。私もLet’s noteを使っていますが、本当に丈夫で頼りになります。

そんなPanasonicが本気で作った防水・防塵のパソコンがTOUGHBOOKですので、信頼できます。さらにタブレットやコンバーチブルPCとしても利用できる優れものです。

まとめ

防水・防塵のカメラとパソコンについて紹介しました。これらを使えば、これまでよりももっと活動のフィールドを広げられそうですね!

スポンサーリンク

-テクノロジー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

量子ドットディスプレイや有機ELにはバリアフィルムが必要

製品レベルでの最先端のディスプレイと言えば、量子ドットディスプレイと折り曲げ可能なフレキシブル有機ELでしょう。これらに用いられている量子ドットおよび有機EL発光材料は、水分や酸素に弱く、バリアフィル …

FPCの高速伝送化と5G対応!材料への要求と期待について解説!

FPC(Flexible Printed Circuits)とは、「フレキシブルプリント回路基板」あるいは「フレキシブルプリント配線板」と呼ばれている電子部品です。これは絶縁性を有する柔らかいフィルム …

日本の大学の研究力は衰退する?ノーベル賞受賞者が警鐘!

スポンサーリンク 今年もノーベル賞が発表される時期となり、東京工業大学の大隅良典栄誉教授のノーベル生理学・医学賞の受賞が決まりました。日本人のノーベル賞受賞は三年連続となり、その快挙は本当に喜ばしい …

白色LEDの蛍光体とは?ブラウン管テレビと冷陰極管にも使用?

白色LEDには赤・緑・青(RGB)のLEDを組み合わせる方式と青色LEDと蛍光体を組み合わせる方式があります。現在、ほとんどの白色LEDは後者の蛍光体方式です。ところでこの「蛍光体」とはどのようなもの …

Pythonでできることは?初心者でも大丈夫?自動化?AI?

スキルアップのためにプログラミングを学びたいとお考えの方。どのプログラミング言語について学べば良いのか迷いませんか?いきなり学習を始める前に、プログラミング言語の特徴を調べ、自分の目的にふさわしいかど …