幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

MacBook Proのキーボードを修理しました!プログラムで無料!

投稿日:

MacBook Pro 13インチを使用しています。Touch Barが初めて搭載された2016年モデルです。512GBのSSD搭載で、画面もきれいで気に入っていたのですが、キーボードの調子が悪くなり、修理に出しました。以下にその状況を紹介します。

スポンサーリンク

MacBook Proのキーボードの修理に出しました

MacBook Pro 13インチのTouch Bar搭載モデル(2016年モデル)は、使いやすく気に入っています。特にこのモデルから搭載されたTouch Barが便利で、よく使っています。私は、これを買う前までは長年、Windowsユーザーで、自分的にはかなり思い切ってMacBook Proを買いました。

その最大の理由は、iPhone、iPad、Apple Watchを使っていて、これらとの連携が良いからです。iPhoneで撮影した写真が、何もしなくてもMacBookですぐ加工できたりするのは、日々ブログを書く人間としてはものすごく便利です。

購入した時からもっとも気になっていたのがキーボードです。長年、PanasonicのLet’s noteを使っていたので、キーボードのストロークや打感の違いにかなり戸惑いました。MacBook Proはストロークが浅いので、いつもと同じようにタイピングしても、硬く、跳ね返ってくるような打感でした(*個人の感想です)。そのためか、普通に使っているつもりなのですが、いくつかのキーボードの塗装が剥げてしまいました。

それでも我慢して使い続けていたのですが、最近、調子が悪くなり、いくつかのキーボードで1回しか打っていないのに2回打ったような状況になってしまいます(*1回入力に対し、2回入力になる)。例えばキーボードの「M」を1回打ったのに「M」を2回打った状態になってしまうということです。これでは日本語入力で「ま」と入力したいのに、「っま」になってしまいます。

日々、限られた時間でブログを書いている立場からすると、これは相当イライラします。最初は、自分がご入力したのかと思って何度もやり直していました。あまりにも頻繁に起こるので、「もしかして故障かもしれない」と思い、そっと1回「M」を押し込んでみたところ2回入力となり、正常な状態ではないことが確認できました。

そしてついに耐え切れなくなり、修理に出すことにしました!

MacBook Proのキーボードの修理でC smartへ

まずインターネットで検索し、同じような不具合が発生していないのかをしらべたところ、Appleの公式サイト内に「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」についてのページがありました。実はこの話は何となく知っていたのですが、以前まではそれほどキーボードの不具合で困ることが無かったので、「自分のMacBook Proは大丈夫かな?」と考えてそのまま使っていました。ところが前述のような不具合が無視できなくなり、公式サイトの説明を読むと、「文字が勝手に反復入力される」という症状が記載されていたので、「これは間違いないな」と判断しました。

公式サイトには以下のように記載されています。

「Apple や Apple 正規サービスプロバイダでは、対象となる MacBook、MacBook Air、MacBook Pro のキーボードを無償で修理させていただきます。修理内容はキーボードの検査後に決まります。1 つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあります。」

特に他のトラブルが無ければ、基本的には無償で修理してもらえそうです。次は、どこから修理依頼をするのかを調べました。すぐに思い浮かんだのは、購入した家電量販店に持ち込むか、配送修理を依頼するかでした。しかし、配送修理では、申し込んで発送まで一手間かかりますし、家電量販店に持ち込むのも少々不安を感じました。

自宅から車で20分程度のところに、C smartがあり、そこで修理受付をしていたことを思い出したので、そこに持ち込むことにしました。これならすぐに修理に出せます。C Smartは、Apple公認の専門店なので、Apple製品を熟知した人が多く、安心です。

自宅の近くにあるC Smartは、Apple製品全般を取り扱っており、いつも修理受付は混雑しています。そのため朝、開店と同時に飛び込みました。必要書類に記入し、MacBook Proを預けたところ、「1週間で修理します」とのことでした。MacBook Proに詳しく、修理経験も豊富なスタッフが対応してくれましたので、話が通じやすく、すぐに受け付けは完了しました。やはり専門店は良いです。


スポンサーリンク

MacBook Proのキーボードの修理でC smartへ

修理依頼から5日目に、スマホのショートメールで修理完了の連絡が届きました。翌日の朝に受け取りに行ったところ、前述の「キーボード修理プログラム」の適用範囲内ということで無償でキーボードを交換してもらえました。塗装が剥げてしまったところも交換されたので、きれいになって嬉しいです。

C smartのスタッフも、経験豊富で対応も熟練しているので安心できました。

ちなみにMacBook Proを修理に出す前には、必ずSSDの中身のバックアップを取りましょう。MacBookの場合は、外付けハードディスクにTime Machineで簡単にバックアップが取れますので、修理依頼をしなくても定期的にバックアップをとることをおすすめします。

Time Machineにバックアップをとれば、再セットアップする時も非常に簡単ですのでおすすめです。

まとめ

MacBook Proのキーボードの修理について紹介しました。最近のIT機器は故障は珍しくありません。故障した時に適切に修理してもらえるか否かが重要です。MacBook Proは以上にように対応してもらえました。

スポンサーリンク

-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レアアースを中国が輸出規制すると何に影響が出る?

米国と中国の争いに端を発し、中国がレアアースの輸出規制をする可能性が高まっています。そもそもレアアースとは何でしょうか?レアアースが輸出規制されるとどのような影響が懸念されるのでしょうか?代替技術は無 …

日本の大学の研究力は衰退する?ノーベル賞受賞者が警鐘!

スポンサーリンク 今年もノーベル賞が発表される時期となり、東京工業大学の大隅良典栄誉教授のノーベル生理学・医学賞の受賞が決まりました。日本人のノーベル賞受賞は三年連続となり、その快挙は本当に喜ばしい …

8Kテレビの価格は下がるのか?シャープ以外はどうなる?

2018年12月1日から4K/8K放送が始まり、これらを視聴するためのテレビが販売されました。4Kテレビはかなり価格が下がり、購入しやすくなりましたが、8Kテレビは4Kテレビの4倍の画素数があり、60 …

フレキシブル液晶FlexEnableのOLCDとは?Trulyで大量生産?

SamsungやHuaweiから曲げられるフレキシブルな有機EL(OLED)を搭載したスマートフォンの発売が発表され、フレキシブルディスプレイとしては構造的にも有利な有機ELで決まりという印象がありま …

日本企業の研究開発費は海外企業に見劣りする?伸びてるの?

日本の主要な電機メーカーの業績悪化により、日本の産業界の雰囲気は重いものを感じます。特に液晶ディスプレイ、ノートパソコン、スマホなど、日本企業が敗退した分野の印象が強く、将来、日本企業が産業分野での隆 …