マイクロプラスチックが洗濯で海に流出する!対策は?

プラスチック

回収されずに廃棄されたプラスチックが海洋に流出し、紫外線や波の力で粉々に砕け、直径5mm以下のマイクロプラスチックとして蓄積することが大きな問題となっています。さらにいつもの洗濯により、衣類から脱落した繊維がマイクロプラスチックとして海に流れ込むことも明らかになっています。対策はあるのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサーリンク

注目!!
▼その他の生分解性プラスチックとプラスチックごみの情報についてはこちら▼
生分解性プラスチックとごみ問題についてのまとめ

マイクロプラスチックが洗濯で海に流出する

海洋に流れ出し、蓄積し続けるマイクロプラスチック問題を解決するために国際的な取り組みが進められようとしています。広く報道されている例としては、レジ袋を紙製に切り替える、飲食店でプラスチック製のストローを使用しない、使い捨てのプラスチック製食器を極力使用しないなどといったことです。

冒頭で述べましたように、これらは使用後に適切に回収されずに海に流出してしまった後に、粉々に砕けてマイクロプラスチックになってしまうことを想定し、その原因となるプラスチックの使用量を減らそうという取り組みです。

しかし、案外見落とされることが多いのは、最初から非常に小さなマイクロプラスチックレベルの大きさで、意識せずに使用し、下水などに流されてしまうものがあるということです。その代表的なものが、普段の洗濯によって下水から海に流れ込んでしまうマイクロプラスチックです。

衣類に使用されている繊維の素材には、綿などの天然素材もありますが、ポリエステルやナイロンなどの人工的に合成されたプラスチックが大量に使用されています。これらが洗濯のさいに少しずつ脱落し、排水とともに下水に流れ、河川を経由して海にまで到達します。合成繊維の場合は、一般的なプラスチックと同様に生分解性が無く、長期にわたって海洋中に蓄積することとなります。環境保護の意識の高い人でも、通常は衣類の繊維まで意識することはなく、洗濯しながらマイクロプラスチックを環境中に放出していることが多いです。

いくつかの研究チームの調査によれば、海水中や魚の体内にマイクロプラスチックが高い確率で検出されていますし、水道水やペットボトル内のミネラルウォーター、ビールなどの中にも検出されています。ほとんどの人がマイクロプラスチックを飲み込んでいると考えられるでしょう。

マイクロプラスチックが洗濯により海に流出することへの対策は?

衣類に用いられる生地にもいろいろなものがありますが、フリースなどに用いられる起毛した生地からは小さな繊維が脱落しやすいことが分かっています。そのため、それらの生地に使用される繊維から、マイクロプラスチックが発生し難いものを開発する取り組みが続けられています。

例えば帝人フロンティア株式会社は、「アスティ」という高機能素材を開発し、製品化しています。これは綿のような外観と風合いがあるリサイクルポリエステル糸を使用したものです。毛羽がない長繊維を使用することで、洗濯時に繊維が脱落し難くなっています。

今のところ、アパレル企業が買い物袋の紙製に切り替える動きがある割には、マイクロプラスチックが発生し難い繊維への切り替えはまだ進んでなく、化学・繊維メーカーもそれほど開発が活発ではないようです。国際的に規制の動きがないと、急激には進まないようにです。


スポンサーリンク

マイクロプラスチックが洗濯により海に流出するのは繊維だけではない

衣類の洗濯によって、その繊維の一部が脱落してマイクロプラスチックごみになることを述べましたが、それだけではありません。洗濯の際に使用する柔軟剤や洗剤の中にマイクロカプセルという形でプラスチックが含まれている製品があり、これを使用するとやはり排水とともに下水に流され、最終的には海に到達します。

主に香りの成分をプラスチック製のカプセルに入れたものが多く使われているようです。EUではすでにこれを規制する提案が出ているようです。今後の動向を注視したいです。

まとめ

洗濯によって発生し、海に流出するマイクロプラスチックについて紹介しました。マイクロプラスチック問題も、まずはその問題を多くの人に知ってもらうことが大切です。それが世論を形成し、メーカー等の改善するための研究開発努力を促します。

▼その他の生分解性プラスチックとプラスチックごみの情報についてはこちら▼
生分解性プラスチックとごみ問題についてのまとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました